FC2ブログ

江田島って・・・どんなとこ?

総  合  検  索  ペ  ー  ジ

  
おもしろ話題と画像の「どんなとこ 掲示版」   

プログ記事への ご指導もの掲示板へご投稿ください。
* これより下の項目は順次増補中です。 *
江 田 島 の 景 色 (地図と概要

江田島町  大柿町  能美町  沖美町

江 田 島 の 植 物 
樹木目次    草花目次
常緑樹 落葉樹 野生草花 園芸草花 作物
樹の花・草の花
花色検索 
赤色っぽい花  
黄色っぽい花  
青色っぽい花  
白色っぽい花  
判りづらい花   
花じゃないかも  
百年前の江田島村植物
(プロローグ)
 シ ダ 類  裸 子 類
 単 子 葉  
双 子 葉
スポンサーサイト

追1)ブドウ

ブドウ科ブドウ属の落葉つる性低木で花期は6~8月

ヤマブドウと呼ばれ、北海道~本州、四国に自生する種もありますが、まだ一般的な栽培用改良品種にはなっていません。

ヨーロッパにおいては紀元前3千年ごろにはすでに栽培されており、ワインの醸造も行われていましたが、日本国内でブドウ栽培が本格的に始まったのは、鎌倉時代初期で中国経由のヨーロッパ系ブドウから派生した甲州種とよばれるもので、この甲州種を主とした生食用ブドウの栽培は江戸時代末期に全国で約300haの栽培面積があったとされます。

明治になり欧米より多品種が移入されましたが、ワイン醸造に適したヨーロッパ系は国内の気候にあわず、主には米国系品種が生食用に栽培されて昭和10年に8,000haの栽培面積を有しました。

先の大戦により半減したものの、昭和時代の末期には栽培面積30,300ha、生産量300,000tを記録、その後は減少傾向にありますが、平成25年の総生産量は189,700tあり、品種別栽培面積では巨峰5,000ha(34%)・デラウエェア2,700ha(18%)・ピオーネ2,400ha(16%)・キャンベルアーリー600ha(4%)・シャインマスカット570ha(4%)・・・甲州249ha(1.7%)他と、なっています。

江田島市内においても、かっては販売用やあるいは自家用にと、多くの農家で栽培されていましたが、近年ほとんど見かけることがなくなりました。

原因としては、一般的にいわれる農業労働力の高齢化や、鳥獣病害虫被害、それらに伴う施設費用の高騰などがあり・・・、つまりは、わりに合わないから・・・です。
と、同時に消費者ニーズに合わせた品種改良により、甘くて食べやすくて大きくて・・・。
つまりは、病害虫や環境変化に弱い手間のかかる品種ばかりとなり、栽培ハードルは高くなる一方となっています。

以下、余談です。
昔の記憶ですが、中粒で皮が剥けにくくて苦く、果汁はすっぱくて種は大きい・・・でも、庭の隅に育ち、かってに枝を絡めて物置の屋根によじ登り、手入れや農薬散布など一切しなくても毎年沢山の実を付けていたブドウの樹がありました。

そういった味は二の次でも、まったく手のかからない新品種を作り出そうと庭の隅にブドウの種を蒔いて育てているのですが・・・毎年スズメガの幼虫やコガネムシに食い荒らされてばかりで・・・(^_^;)です。

20160724大柿町大君(自家用栽培)
s-2016-07-24 067 

20070730江田島町小用(自家用栽培)
s-CIMG6636.jpg 

20170527江田島町小用(花・試験栽培)
s-DSCN9954.jpg 

5)アメリカヅタ

ブドウ科ツタ属の落葉つる性木本で花期は6~7月

北米が原産地で大正期に移入されました。
耐寒大暑性があり強健で、つるは15mにも伸び、壁面や岩を這い登ることもできます。

百年前、門田幹夫氏が「江田島村植物」を記録された当時は島内で流行していた植物だったと思われますが、残念ながら今は未発見です。
あるいは、塀の裏側、庭の隅に細々と生育しておるやも?・・・です。

現在全力にて探索中・・・m(__)mです。

4)ヤブガラシ

ブドウ科ヤブガラシ属のつる性多年草で花期は6~8月

北海道南部から南西諸島の道端や荒れ地に生育、手入れがされない庭にはびこり屋敷をも覆うことからビンボウカズラともよばれます。

つるは巻きひげを絡めて成長し分岐を繰り返して物に覆いかぶさります。
葉っぱは5葉の鳥足状複葉、花は5mmくらいの薄緑色で、手のひら状に開いた散房状の集散花序となります。

関東以北のヤブガラシは3倍体で実が付きませんが、中部以西では2倍体が混雑しており、秋に球状で5mmていどの黒色液果を見ることがあります。

江田島市内では荒れ地や林縁、農道脇などで普通に見ます。
花(橙色の花盤)には蜜が多く、チョウやハチ、コガネムシなど多くの昆虫が集まります。

ちなみに他物に絡む巻きひげは成長の途中で右巻きとなったり左巻きとなったりと、自由に方向を変えた奇妙なスプリング形となります。

20100716江田島町江南
s-100716 067 

20100716江田島町江南
s-100716 074 

20110713大柿町大原
s-110713 055 

20110713大柿町大原
s-110713 056 

20111018江田島町小用
s-111018b 124 

3)エビヅル

ブドウ科ブドウ属の落葉つる性木本で花期は6~8月

本州~沖縄の山野、林縁に生え、巻ひげで他物にからみ3mくらいまで成長します。
葉っぱは6cmくらいの広卵状で普通3~5裂しますが、変異葉もあったりと多様です。

雌雄別株で、花は円錐花序となり、黄緑色ですが花弁は開花と同時に落ちますので雄しべの目立つ花となります。
秋には黒紫色で5~7mmくらいの液果がブドウ状に垂れ下がります。

江田島市内では、人家の廻りの荒れ地から道路わきや林縁などの日当たりで普通に見ます。
完熟すればブドウに近い味で甘酸っぱくて美味しいのですが、可食部分はわずかです。

20171102大柿町飛渡瀬
s-DSCN4927.jpg 

20171012江田島町鷲部
s-DSCN3147.jpg 

20070902江田島町秋月
s-CIMG7206.jpg 

20101005大柿町大原
s-101005 038 

20170909江田島町鷲部
s-DSCN9719.jpg 

2)ツタ

ブドウ科ツタ属のつる性落葉木本で花期は6~7月

北海道~九州の山野あるいは人家近くにも自生し、まきひげの先の吸盤で岩や樹木、人家の壁でさえ張り付きよじ登ります。

葉っぱは約15cmでふつう3裂します。
花は複集散花序となり黄緑色で花径は約3mm、秋に6mmくらいで藍黒色の液果がつきます。

江田島市内でも普通に見られ、林縁の木々や崖、人家の壁など明るい場所を好んで張り付き、枝を分岐させ成長します。

ちなみに、清少納言の枕草子に、「あてなるもの・・・削り氷にアマズラ入れて、あたらしき金鋺に入れたる」と、かき氷のうえにアマズラをかけて食べる様子が記されていますが、アマズラとはツタの樹液を煮詰めた甘味料で、フルクトース(果糖)、グルコース(ブドウ糖)、シュークロース(しょ糖)の糖類が、1:1:3の割合で含まれています。

アマズラは各地で盛んに作られ、重要な献上品ともなっていましたが、安土桃山時代以降、海外との交易により砂糖が輸入されるようになって一気に廃れてしまいました。

奈良女子大学で行われた実証実験のレポートでは、樹液を煮詰めて糖度76度のシロップが完成、これまで味わったことのない甘さと上品な味で、古き奈良の都のロマンを大いに感じたとあります。

20180427江田島町小用
s-DSCN8210.jpg 

20121127大柿町飛渡瀬
s-2012-11-27 002 020 (800x600) 

20181014江田島町切串
s-IMG_3444.jpg 

20100507江田島町切串
s-100507 128 

20171031江田島町鷲部
s-DSCN4444.jpg 

1)ノブドウ

ブドウ科ノブドウ属の落葉つる性木本で花期は7~8月

北海道~沖縄の山野に生え、巻きひげをからめて5mばかりに成長、茎は毎年枯れるが、基部は木質化して残ります。
葉っぱは10cmくらいですが、変化があって、3~5裂するものや円形のものなどがあります。
花は3mmくらいの緑白色で、集散花序、実は7mmくらいで、白~赤紫、青色となります。

以下、ウイキペディア検索では「果実は、熟すと光沢のある青色や紫色などに色づく、又は白色をするが食味は不味い。白い実は本来の実であり、青色や紫色の実は虫が寄生している寄生果である。」とありますが、徹底して調べられた結果ではないみたい???で、これからの正確な観察が期待されます。

江田島市内では道路わきや林縁、空き地などの日当たりで普通に見ます。

私が育った石見銀山地域ではメヒカリと呼ばれており、実を食べると夜に目が赤や青に光るから食べるべからず。と、祖母から教えられました・・・(*^。^*)です。

20171005江田島町切串(赤紫色の実)
s-DSCN2212.jpg 

20171005江田島町切串(青色の実)
s-DSCN2119.jpg 

20150823沖美町岡大王(白色の実)
s-2015-08-23 036 

20170923江田島町中央
s-DSCN1263 (2) 

20110713能美町中町(花)
s-110713 023 

11:ブドウ科

1)ノブドウ2)ツタ
s-s-DSCN5968.jpgs-s-DSCN4448 (2)
3)エビヅル4)ヤブガラシ
s-s-DSCN4927.jpgs-s-100723 103
5)アメリカヅタ追1)ブドウ
探索中s-s-2016-07-24 067

追3)ナツツバキ

ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木で花期は6~7月

宮城県以西の本州~四国、九州、沖縄の低山山地に自生し、樹高は10mくらいです。

樹皮に特徴がありツルツルしていてサルスベリの別名もあります。
葉っぱは約10cmの楕円形で、秋に落葉、花は白色の5弁花で花径5cmの一日花です。

江田島市内に自生はありませんが、最近の洋風住宅にはよくマッチした樹形で、幹の色合いや、秋の紅葉、白く清楚な花が好まれ、シンボル樹として玄関近くに植えられることが多くなりました。

20110705江田島市???(栽培)
s-110705 001 

20120530能美町中町(栽培)
s-2012-05-30 002 015 

20100604江田島市???(蕾・栽培)
ナツツバキ100604 006 

追2)チャノキ

ツバキ科ツバキ属の常緑低木で花期は10~11月

中国西南部、ベトナムからインド周辺が原産地で、奈良時代に喫茶の習慣とともに中国経由で移入されました。

樹高は2mくらいで株立ちとなり、葉っぱは7cmくらいの楕円形、薄い革質で縁には波状に細かい鋸歯がつきます。
花は白色、5~7弁花、基部で合着しており、花径は約3cm、下向きに咲きます。

園芸用に改良された品種もあります。

江田島市内においても古くからお寺などで栽培されていたと思われますが、源平の頃、大柿町柿浦の長谷の奥に茶園と名づく茶畠あり・・・と記されており、その後も昭和のころまでは島内各地にいくつもの茶畑がありました。

現在お茶を専門に栽培している農家は見ませんが、むかし段々畑があっただろうと思われる山の斜面や藪の中にチャノキの白い花が輝いて見えることがあります。

20171104江田島町幸ノ浦
s-DSCN5177 (2) 

20131029江田島町鷲部
s-2013-10-29 002 014 

20111130江田島町切串(愛姫?・ツバキとの交配種)
s-111130 006 
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!