FC2ブログ

江田島って・・・どんなとこ?

総  合  検  索  ペ  ー  ジ

  
おもしろ話題と画像の「どんなとこ 掲示版」   

プログ記事への ご指導もの掲示板へご投稿ください。
* これより下の項目は順次増補中です。 *
江 田 島 の 景 色 (地図と概要

江田島町  大柿町  能美町  沖美町

江 田 島 の 植 物 
樹木目次    草花目次
常緑樹 落葉樹 野生草花 園芸草花 作物
樹の花・草の花
花色検索 
赤色っぽい花  
黄色っぽい花  
青色っぽい花  
白色っぽい花  
判りづらい花   
花じゃないかも  
百年前の江田島村植物
(プロローグ)
 シ ダ 類  裸 子 類
 単 子 葉  
双 子 葉
スポンサーサイト

7)シハイスミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は4~5月

原文には「フジスミレ」とありますが、市内には各当する品種が見当たらないため、市内の山地や林内でやや普通に見る「シハイスミレ」について説明します。

中部地方以西~九州の雑木林や林縁などの木陰に生育し、草丈は8cmくらいです。
葉っぱは光沢のある三角状狭卵形で、裏が赤紫色を帯びます。
花は淡紅色~濃紅紫色で花弁は1cmくらい、唇弁には紫色のすじがあります。

江田島市内では林道脇や木漏れ日の当たる林内でやや普通にみます。
葉っぱに、斑入り紋様が入る個体もあります。

20140501大柿町大原
s-2014-05-01 002 016 (1024x767) (2) 

20140501大柿町大原
s-2014-05-01 002 032 (1024x769) 

20150330江田島町小用
s-2015-03-30 020 

20160302沖美町三吉
s-2016-03-02 092 (1280x962) 

20090316大柿町大君(煙水晶の晶洞近く)
s-CIMG3526 (2) 

6)フモトスミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は4~5月

本州~九州の低山、やや乾いた林や日当たりのよい丘陵地に生育、草丈は6cmくらいです。

葉は3cmくらいの長いハート型で亀甲模様のようなふがはいり、裏面は紫色を帯びます。
花色は白で、径は7~10mmくらいです。

全体がシハイスミレに酷似しますが、江田島市内では現在確認されていません。
全力で探索中・・・(^_^;)です。

5)コスミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は3~4月

本州~九州の人家近くや山野に生育、草丈は10cmくらいです。

葉っぱは多く、束生して裏は淡紫色となります。
初期には2~5cmの長卵形ですが夏には大きな三角形となります。
花は青~白~淡紅色まで変化が多く、花弁は15mmくらいで紫色のすじがあります。

江田島市内では農道や林道脇ののり面などのやや日当たりで見ます。

20160330江田島町中央
s-2016-03-30 077 

20160330江田島町中央
s-2016-03-30 091 (1280x959) 

20180326江田島町宮ノ原
s-DSCN3532.jpg 

20170329能美町高田
s-DSCN3843.jpg 

20161007江田島町秋月(夏葉)
s-2016-10-07 244 (1280x959)

4)マルバスミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は4~5月

本州、四国、九州の太平洋側で、日当たりの良いやや湿った林縁や斜面に生育し草丈は10cmくらい、葉っぱは3cmくらいでハート型、裏は淡緑色です。

花は白色で下弁に紅紫色の筋が入いり、希には淡紅紫色の花もあります。。
花の径2㎝前後で全体的に丸みを帯びた感じがします。

江田島市内では現在確認されていません。
全力で探索中・・・(^_^;)です。

3)タチツボスミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は3~5月

百年前に記録された「江田島村植物」にはタチスミレと記載されていますが、ここではタチツボスミレとします。

日本全土の人家付近、道ばたから山地まで、普通に目するスミレで、草丈は当初10cmくらいですが花が終わるころには30cmくらいまで成長します。

多くの花は淡紫色ですが、花が純白のシロバナタチツボスミレや、白花で距の部分だけが薄紫のオトメスミレがあります。
初期はナガバノタチツボスミレに酷似しますが、成長が進んでも葉っぱはハート形のままで、長くはなりません。

江田島市内では路地や農道脇、林の縁などで普通に見るスミレです。

20160302沖美町高祖
s-2016-03-02 127

20180331能美町中町
s-DSCN4652.jpg 

20180217江田島町中央
s-DSCN0396.jpg 

20110417江田島町小用
s-110417b 040 (2) 

20160402江田島町小用
s-2016-04-02 025 (1280x958) 

20150416江田島町小用(シロバナタチツボスミレ)
s-2015-04-16 020 (1024x768) 

20120406江田島町小用(シロバナタチツボスミレ)
s-CIMG2721 (1024x769) 

20170308江田島町切串(オトメスミレ・栽培?逸脱?)
s-DSCN2679 (2) 

2)ツボスミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は4~5月

北海道~九州の丘陵や山地のやや湿った林内にふつうに見られ、草丈は20cmくらいです。
花は1cm以下と小さく、白色で唇弁に紫色のすじがあります。

ちなみに、葉っぱの形がお坊さんの持つ如意に似ることから、ニョイスミレの別名があります。

江田島市内では谷川沿いの山道や林内など、湿度があって半日陰のところに群生します。

20130508江田島町切串
s-2013-05-08 002 053 

20140501大柿町大君
s-2014-05-01 002 045 (1024x768) 

20140507大柿町大原
s-2014-05-07 002 089 

20170512江田島町切串
s-DSCN7995 (2) 

20170512江田島町切串
s-DSCN8027.jpg 

1)スミレ

スミレ科スミレ属の多年草で花期は3~4月

百年前に記録された「江田島村植物」にはシロバナスミレと記載されていますが、ここではスミレについて説明します。
ちなみに、島内で白花のスミレはまだ見ていませんが、選抜種、改良種として園芸用に純白、白地に紫の筋、赤紫、濃色、八重咲などの品種がつくられています。

スミレは日本全土の人家付近から丘陵まで日当たりのよいところにふつうで、草丈は10cmくらいです。
葉っぱは根元から束生し、ヤナギ葉形で葉先はまるくなります。
花色は濃紫色ですが、白花などもあり花弁は15mmくらいです。

江田島市内ではよくアスファルト道路の割れ目に一列となって咲いているのを見ますが、海岸の岩場や草地にも生育し、日当たりを好みます。

20110404大柿町深江(海岸岩場)
s-110404 018 (2) 

20120410江田島町中央
s-CIMG2872 (800x591) 

20180330江田島町切串
s-DSCN4355.jpg 

20180330江田島町切串
s-DSCN4388.jpg 

20170413能美町中町(草地)
s-DSCN4955.jpg 

9:スミレ科 目次

1)スミレ2)ツボスミレ
s-s-110404 018 (2)s-s-2014-05-01 002 045 (1024x768)
3)タチツボスミレ3a)シロバナタチツボスミレ
s-s-2016-04-02 025 (1280x958)s-s-110404 004
3b)オトメスミレ4)マルバスミレ
s-s-DSCN2679 (2)探索中
5)コスミレ6)フモトスミレ
s-s-DSCN3695.jpg探索中
7)シハイスミレ追1)ナガバノタチツボスミレ
s-s-2014-05-01 002 016 (1024x767) (2)s-s-DSCN6031_2018101919385474d.jpg
追2)アリアケスミレ追3)ニオイスミレ
s-s-2013-04-16 001 009 (800x600)s-s-120308 017

追2)ジンチョウゲ

ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木で花期は2~3月

原産地は中国南部で、渡来時期は不明ですが室町の頃には栽培されていたとされます。

樹高は約1m、花(ガク)は淡紅色でおしべは黄色、強い芳香を放ち、枝の先に小さな花が手毬状につきます。
ラッパ状の花に見える部分、じつは花ではなくて萼(ガク)なのですが、先端が花弁のように4裂し、その径は8mmくらいです。

江田島市内では民家の庭先に植えられ、早春の花と香りを楽しむために栽培されます。

20180322江田島町切串
s-DSCN2967.jpg 

20180322江田島町切串
s-DSCN2965.jpg 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!