ヤブツバキ 花(ツバキ科)

ヤブツバキ・シロ111212 007
111212
林道脇に植栽品ですが、ヤブツバキの白花です。
スポンサーサイト

フユイチゴ 実(バラ科)

フユイチゴ111213b 069
111213
山登りの途中の樹下で、おいしくいただきました・・・(*^。^*)です。

ナンテン 実(メギ科)

ナンテン111212 017
111212
鳥が種を運ぶのでしょうか?、山道の少し湿気た場所などに自生を見ます。

ツバキ 花(ツバキ科)

ツバキ・111213b 028
111213
畑の隅に植栽品です。
唐子咲き品種と思われますが、仔細不明・・・(^_^;)です。

ツバキ 花(ツバキ科)

ツバキ111212 009
111212
林道脇に植栽品です。

サネカズラ 実(モクレン科)

サネカズラ111213b 044
111213
近年ではマツブサ科に細分されます。

クロバイ 葉(ハイノキ科)

クロバイ111213b 047
111213
クロガネモチや、ソヨゴにとても良く似ていますが、葉っぱの縁に緩やかなノコギリ状の鋸歯があります。
また細枝はクロキのように角ばっていませんし、樹皮の色も緑ではありません。

カミヤツデ 花(ウコギ科)

カミヤツデ111212b 009
111212
農道脇に自生種です。
茎の髄から通草紙(つうそうし)という紙を作ることから、「紙八手」とよばれます。

ヤブニッケイ 実(クスノキ科)

ヤブニッケイ111111b 011
111111
今年は山の木々に、沢山実がついています・・・(*^。^*)です。

ヤブニッケイ111112b 058
111112
農道脇や明るい林内に点在して見ます。

ヤブツバキ 花(ツバキ科)

ヤブツバキ111113b 009
111113
花の開花時期には個体差があり、遅いものでは3月ごろになって、やっと咲き始めるヤブツバキもあります。

ムベ 実(アケビ科)

ムベ111112b 099
111112
今年は気候が良かったせいか、手の届く低い所にも多く実をつけ、舌がだるくなるまで?食べることができました・・・(*^。^*)です。

ホウオウチク 葉(イネ科)

ホウオウチク111111b 004
111111
民家の庭先に植栽です。

ホウオウチク111111b 005
111111
ここまで大きく育つとは、想像できませんでした。
小さなお家と、同じくらいまで伸びています。

フユイチゴ 実(バラ科)

フユイチゴ111112b 050
111112
樹林下でも、赤い実は遠くから目に付きます。

ヒノキバヤドリギ 葉(ヤドリギ科)

ヒノキバヤドリギ111207 030
111207
鳥の水飲み場に生える、タラヨウの枝に寄生していました。

ナナミノキ 実(モチノキ科)

ナナミ111204b 003
111204
この時期、モチノキ科の赤い実が彼方此方で目につきます。

チャノキ 花(ツバキ科)

チャノキ111130 006
111130
チャノキの園芸種だと思いますが、赤い花にはビックリです。
民家の庭に栽培品です。

タラヨウ 葉(モチノキ科)

タラヨウ111207 035
111207
岩山の渓流に、しっかりと根を張っていました。

タギョウショウ 枝(マツ科)

タギョウショウ111112b 089
111112
タギョウショウといえるかどうか?・・・(^_^;)ですが、画像のように枝別れしたアカマツが、林道脇に7、8本、整然と植えられて?いました。

ソヨゴ 実(モチノキ科)

ソヨゴ111113b 021
111113
ソヨゴの名前は、葉っぱや実が風にそよぐ、ことからですが、材は緻密で堅く、櫛や算盤珠、などの細工物、工具や手斧の柄などに使われるそうです。

センリョウ 実(センリョウ科)

センリョウ111111b 014
111111
畑の隅っこに植栽品です。
ちなみに、マンリョウはヤブコウジ科に属します。

シロダモ 花(クスノキ科)

シロダモ111112b 070
111112
今の時期は、シロダモの花と実が同時に見れます・・・(*^。^*)です。

サネカズラ 実(モクレン科)

サネカズラ111112b 064
111112
別名をビナンカズラともいいますが、これは昔つるから粘液をとって整髪料に使ったためです。

サネカズラ111112b 076
111112
九州の有田から持ち帰った種で、20年間育てていましたが、生育が旺盛で、毎年伸びる枝を切り詰めるのが大変でした。
花もきれいですが、大きな葉っぱにじゃまされて目立ちません・・・(^_^;)です。

サザンカ 花(ツバキ科)

サザンカ唐獅子(カンツバキ系)111025 045
111025
カンツバキ系のサザンカで、品種名「唐獅子」に似ています。

サカキ 実(ツバキ科)

サカキ111116b 050
111116
神社の境内や、林道沿いに点在します。

ギンヨウアカシア 葉(マメ科)

ギンヨウアカシア111107b 034
111107
栽培種が逸脱したものを、林道脇の日当たりで時々見ます。

イッサイユズ 実(ミカン科)

イッサイユズ111111b 019
111111
庭の隅っこなどに、観賞をかねて植えられます。

オオアリドオシ 葉(アカネ科)

アリドオシ111111b 008
111111
アリドウシにくらべ、樹形や葉っぱが大きいのですが、交雑種もあるとか・・・(^_^;)です。
林道脇の樹下にみます。

アカガシ 葉(ブナ科)

アカガシ111112b 057
111112
数は少ないようですが、保水性のある林道脇などに点在します。

ユズリハ 葉(トウダイグサ科)

ユズリハ111101b 058
111101
江田島青年の家の公園樹として数本植えられていました。
葉枝の脇に、黒くて小さな実が付いています。

ヤツデ 花(ウコギ科)

ヤツデ・園芸111105 033
111105
園芸用に改良されたヤツデで、葉っぱに不思議なブツブツ模様?があります。
他にも園芸用に、多くの交配種が作り出されています。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!