タラヨウ 葉(モチノキ科)

タラヨウ 葉(モチノキ科)

葉の裏に文字を書く事ができることから葉書の木と呼ばれ、江田島郵便局のマスコットツリーとして、玄関横に植栽されています。
画像の「タラヨウ」は雑木林内に偶然見つけたものです。
スポンサーサイト

タラノキ 花(ウコギ科)

タラノキ 花(ウコギ科)

林道の法面や荒地で良くみます。
日当たりが悪くなると、自然消滅するようです。

タラノキ 芽(ウコギ科)

タラノキ 芽(ウコギ科)

山菜として超メジャーです。
栽培用の選抜種で、トゲの無いものをメダラと呼びます。

タムシバ 花(モクレン科)

タムシバ 花(モクレン科)

春霞の山野で見る純白の大輪「タムシバ」の花は、妙になまめかしくっていつまでも印象にのこります。

タマミズキ 実(モチノキ科)

タマミズキ 実(モチノキ科)

「タマミズキ」の燃え立つような赤い実は、冬枯れの山に驚きの声をこだまさせます。
画像は2月中旬の撮影です。

タマツゲ 花(モチノキ科)

タマツゲ 花(モチノキ科)

イヌツゲの園芸種で、「タマツゲ」またはマメイヌツゲとよばれます。
葉の縁がスプーン状に巻き込みます。

タブノキ 葉(クスノキ科)

タブノキ 葉(クスノキ科)

林道よりも、一般道路のやや加湿な路肩でみます。
冬芽が大きく目立つので、識別の手がかりとなります。

タケ モウソウチク筍(イネ科)

タケ 筍(イネ科)モウソウチク

「モウソウチク」は中国江南が原産地です。
国内のタケ類では最も大きく旺盛に育ち、他の樹木を駆逐し問題となっています。
タケノコも大きく肉厚でおいしいため、春には大量にスーパーに並びます。
竹材はカキ養殖の筏として多用されます。


タケ メダケ樹形(イネ科)

タケ 竹稈(イネ科)メダケ

生育場所によっては、見上げるほどの大きさに育ちますが「メダケ」はササ類になります。
河原とか、日当たりの良い加湿地によく群落をつくります。
古来より有用材として、植栽され利用されてきましたが今は放置されています。

タケ ホテイチク竹稈(イネ科)

タケ ホテイチク(竹稈)イネ科

元は植栽されたものだと思いますが、荒地や雑木林の縁などで放任されているのを見ます。
中国の長江が原産で、タケノコはアクが無くて美味しいと言われます。
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!