FC2ブログ

ヤマノイモ 花(ヤマノイモ科)

ヤマイモCIMG2179
8月
ヤマイモとも呼びます。
林道の法面や、木々がまばらな雑木林の少し湿り気があり腐葉土に厚く覆われたところに見ます。
イモをきれいに掘り取るには大変な労力がいりますが、スーパーで普通に買うナガイモとはまったく違う味です。
画像は雄株で花は雄花です。

ヤブラン 花(ユリ科)

ヤブラン100801 094
100801
林道の入り口付近で、葉っぱばかりのヤブランを見ていましたので、「まだ早すぎたかな~」 と、思いながら林道散策をつづけていましたら、薄暗いコナラの株元に今を盛りに咲くヤブラン花を見つけました。
撮影は2010年8月1日ですが、野草の開花日は地域や環境、天候や品種、個々の個体により、かなりのバラツキがあります。
また、ヤブランのように群れて生えている場合は、その付近のほとんどの株が同時に咲き始めるようですし、「同時開花ホルモン」とか「時期はずれ開花ホルモン」とかを発しているんでしょうか???です。
記事によりますと、ヤブランの開花は「8月の終わり頃から10月にかけて」だそうです。

ヤブマメ 花(マメ科)

ヤブマメCIMG2999
9月
林道脇の小雑木に絡まっているのを見ました。
小さな花ですが、秋枯れの始まった雑木林を爽やかな感じにさせます。

ヤブマメ 実(マメ科)

ヤブマメ(実)CIMG3343
10月
農道脇の草地を覆い隠すように生育していました。
地上にも普通に豆が出来ますが、地下にもピーナッツのような豆を作ります。
アイヌの人々は、春先にこの豆を掘り取って、食べていたといいます。

ヤブマオ 花(イラクサ科)

ヤブマオ?
8月
農道脇や雑木林の縁で少し湿気た感じのところに見ます。
古代には衣服の繊維材料として有用されていました。

ヤブヘビイチゴ 花(バラ科)

ヤブヘビイチゴ(花)CIMG4178
4月
農道の脇や、農地のまわりのやや湿った場所で見ます。
黄色い花の時期と、赤い実の時期には目立ちますが、それ以外の時期にはまったく気づきません。

ヤブジラミ 花(セリ科)

ヤブジラミ100628 089
100628
農道脇や農地のまわりで見ます。
成熟した実はズボンの裾にくっきます。

ヤブガラシ 花(ブドウ科)

ヤブカラシ100716 074
100716
どこにでも見ますが、手入れの悪い農地のまわりなどに多いようです。
貧乏生活をしていたころ、若芽は食用になると山菜図鑑に書いてあったのですが、まずくて食べれませんでした。
蝶はルリタテハです。

ヤハズソウ 花(マメ科)

ヤハズソウ100827 125
100827
荒地や農道脇などで見ます。
8月ごろ小さな赤い花をつけ、群生して生えることもあります。

ヤナギノギク 花(キク科)

ヤナギノギク??CIMG3626
10月
林道脇の少し開けた、刈り取った雑草の堆積場のようなところで見ました。
検索しますとヤナギノギクは蛇紋岩地帯に自生するとありますので、あるいは他品種かも・・・(^_^;)です。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!