FC2ブログ

イタドリ 白花(タデ科)

イタドリ白花CIMG7445
9月
イタドリが雌雄異株だと最近知りました。
画像の白花は雄花だろうと思いますが未確認です。
島内ではどこにでも普通に見ますし、湿地で日当たりの良い適地では高さ3mの大株に育ちます。
スポンサーサイト



イグサ 穂(イグサ科)

イグサ100620 026
100620
栽培用に品種改良されたものは、畳表やゴザの素材として大量に利用されています。
島内でのイグサ栽培は知りませんが、放置された田んぼや、手入れがなされていない用水路などで自然発生しています。

イガオナモミ 実(キク科)

イガオナモミ100421 037
100421
南北アメリカ、南ヨーロッパが原産で戦後の帰化植物です。
道路脇や荒地に群生しますので「君子危うきに近寄らず」を、実戦するチャンスです。

アレチヌスビトハギ 花(マメ科)

アレチヌスビトハギA
9月
北アメリカ原産の帰化植物です。
きれいな花にはビックリですが、やがて花が落ち実が育って大きくなると、とてもやっかいなことになります。
不思議と人通りの多いハイキング道の脇から枝を出してきます。

アメリカフウロ 花(フウロソウ科)

アメリカフウロCIMG4425
5月
北アメリカが原産の帰化植物です。
農道の路肩や空き地、手入れの悪い庭の隅っこにも、ごく普通に見られます。
小さな畑でしたが、全面を隙間なくアメリカフウロで埋め尽くされているのを見たことがあります。

アメリカイヌホオズキ 花(ナス科)

アメリカイヌホオズキ091028 011
091028
夏に、1度草刈をされた後で芽生えたものと思われます。
北アメリカ原産の帰化植物で、普通は夏場に花をつけ、10月には黒く熟した実をつけています。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!