FC2ブログ

ウツボグサ 花(シソ科)

ウツボグサ090617 007
090617
農道の路肩、少し湿り気のある陽だまりに花をつけていました。
白い花はドクダミで共に薬用効果のある植物です。
スポンサーサイト



ウシハコベ 花(ナデシコ科)

ウシハコベCIMG4051
4月
畑の周りや農道の路肩で良く見る雑草ですが、ナデシコ科とは想像できませんでした。
良く似たハコベとの違いは、ハコベの雌しべは3つに分かれているが、ウシハコベは5つに分かれています。

ウサギアオイ 花(アオイ科)

ウサギアオイ100509 069
100509
ヨーロッパが原産の帰化植物です。
確認はしていませんが、ウサギアオイの葉っぱは時々刻々と葉の角度を変え、太陽を追尾するといいます。
そういわれ画像を良く見れば、葉っぱが一斉に此方を向いているようにもみえます。
荒地に1株だけをみました。

ウキクサ 葉(ウキクサ科)

ウキクサ100729 030
100729
農業用の小さなため池でみました。
夏には大繁殖をしますが、秋になると越冬芽をつくり水底に沈んで冬を越すそうです。

ウォーターマッシュルーム 葉(セリ科)

ウォーターマッシュルームCIMG7402
6月
底に土砂の溜まった用水路でみました。
金魚と一緒に水槽に入っていたのが流れ出たのでしょうか?
1ヵ月後に尋ねたら、綺麗にドブ掃除がされた後で、ウォーターマッシュルームもいっしょに無くなっていました。
ヨーロッパが原産地です。

イリマ 花(アオイ科)

イリマ(アオイ科)CIMG8414
8月
海岸近くの土砂で埋まった道路側溝で花をつけていました。
ハワイではイリマの花を5,6百個もつないでレイフラワーを作るそうです。
そう聞いてじっくり見れば、たしかに気品の有る綺麗な花です。
花の大きさは3cm弱です。

イヌホオズキ 花(ナス科)

イヌホオズキ100729 126
100729
アメリカイヌホオズキとの相違点を探すのはとても難しいといわれます。
私は葉っぱの形と直感で判断しましたが、果実を詳しく観察すれば、正確な同定も可能だと聞きました
畑の縁や農道脇、荒地などでみます。

イヌビユ 穂(ヒユ科)

イヌビユ100708 026
100708
少し手入れを怠ると、すぐに芽を出し大きく育つ畑の雑草です。
若葉は山菜として利用できるそうですが、発芽から約1ヶ月で15000個の種を結実するといいます。
種の有効な利用法も教えてほしいものです。

イヌビエ 穂(イネ科)

イヌビエ100801 065
100801
田んぼの雑草として嫌われていましたが、最近は除草薬が進歩したせいなのでしょうか?、田んぼの中から穂を出しているのは見なくなりました。
農道脇や、土手、休耕田などで見ます。

イヌタデ 花(タデ科)

イヌタデCIMG9018
9月
7月頃から花をつけ始めます。
路傍、田畑の周りに群生し、どこでも目に付きますが、水分が豊富な場所を好むようです。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!