FC2ブログ

カヤツリグサ 穂(カヤツリグサ科)

カヤツリグサ100708 022
100708
畑の周りや農道の路肩、公園や手入れの悪い庭にも繁殖します。
よく似たコゴメカヤツリよりもやや乾燥した土地を好みます。
スポンサーサイト



カモガヤ 穂(イネ科)

カモガヤCIMG1180
5月
オーチャードグラスとも呼ばれ、ヨーロッパから牧草として明治初期に導入されました。
5月の連休明けの頃から花が咲き初め、花粉症の原因にもなるそうです。
道端や畑の周辺でみます。

ガマ 穂(ガマ科)

ガマCIMG3227
11月
ホットドッグのように見える茶色い部分が、雌しべが成熟した種で、今まさにほぐれ綿毛となって風に乗り飛んでいく寸前です。
雄しべのあった部分はその上に突き出した、竹串のような部分です。

ガマ 穂(ガマ科)

ガマ100620 038
100620
ガマの穂の上半分の茶色の部分が雄しべ、下半分の薄緑色の部分が雌しべです。
分かりにくいのですが、今花が咲いていて、雄しべから花粉が飛び出している状態です。

カタバミ 花(カタバミ科)

カタバミ(アカ)100727 104
100727
葉っぱの赤い品種なのか、ふつうのカタバミが生理的に赤葉になっているのか良く分かりません。
とりあえず、「アカカタバミ」としてみます。

カタバミ 花(カタバミ科)

カタバミ100507 100
100507
畑や人家の周りによく見ます。
庭の草取りをしながら、これだけ繁殖力が旺盛な植物なら、数年で全地球の表面を覆うのでは、と思います。
が、実際はそうならないのが実に不思議ですし、林道や山道の散策ではまず見ません。
きっと人の体臭が好きな植物なんでしょう。

カゼクサ 穂(イネ科)

カゼクサ100701 010
100701
農道脇や、わりと手入れされた草地などでみます。
名前がピッタリと当てはまる雑草で、シャッターを切る間もずーっと風にゆらいでいました。

カキラン 花(ラン科)

カキランGCIMG1074
6月
日当たりが良く、山水が滲み出ている林道の法面に3本だけを見ました。
翌年には大雨で法面が崩れ落ちた跡だけがのこっていました。

カキドオシ 花(シソ科)

カキドオシCIMG0923
4月
畑の周りや人家の近くなど、身近な場所でみます。
確認してはいませんが、「垣通し」とは、つる状の茎が垣根をつき通してどんどん伸びる様をいいます。

ガガイモ 花(ガガイモ科)

ガガイモ090820 023
090820
畑の周辺や農道脇などで普通にみます。
中ほどに見える小さな蕾と葉っぱはヘクソカズラです。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!