FC2ブログ

ハマナデシコ 花(ナデシコ科)

ハマナデシコA
7月
海岸の岩の割れ目に落ち葉が溜まったような、ちょっとした場所からも花を咲かせます。
太陽の強い日差しがあれば、わずかな水分と養分だけで十分に育つようです。
園芸用に改良された品種もあります。
スポンサーサイト



ハマダイコン 花(アブラナ科)

ハマダイコンCIMG0608
5月
海岸の砂浜や、小川の中洲などに見ます。
ハマダイコンの種を畑に蒔いたらどんな大根に育つのだろうかと、1度試したことがあります。
その時は日照りが続き、とうとう芽が出ませんでしたが・・・一体どうなるでしょうね。

ハマスゲ 花穂(カヤツリグサ科)

ハマスゲ100702 015
100702
日ざしの強い乾いた砂浜にも見ますが、我家の畑を占拠する最強の雑草です。
香附子(こうぶし)と呼ばれ薬用にも利用されるとか。いわれてみれば雑草として、畑から抜き取るとき、微妙に甘ったるいような香りがしました。

ハマエンドウ 花(マメ科)

ハマエンドウ100426 007
100426
海岸の砂浜やその近辺の日当たりで見ます。
野生とは思えぬほど綺麗な花ですし、実も食べれるといいますがが、プランターなどで栽培されているところを見たことがありません。

ハマウド 蕾(セリ科)

ハマウド100526 126
100526
海岸近くの日当たりが良く、肥沃な場所に見ます。
最大2m近い大きさに育ちます。

ハハコグサ 花(キク科)

ハハコグサ100507 041
100507
田んぼのあぜ道、農道脇などで見ます。
春の七草、芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・ 菘(すずな )・蘿蔔(すずしろ)の「御形」がハハコグサのことです。

ハナニガナ 花(キク科)

ハナニガナ100526 053
100526
ニガナに良く似ていますが、大きく育ち花弁(舌状花)の数が普通で8~11個と多いです。
農道脇などで見ます。

ハゼラン 花(スベリヒユ科)

ハゼラン100716 005
100716
南米が原産で明治期、観賞用に移入されました。
人家のまわりや農道脇に育ち、花は午後から咲き始めます。

ハスノハカズラ 実(ツヅラフジ科)

ハスノハカズラB
9月
放置された畑の隅で見ました。
アオツヅラフジの実は黒紫色になります。

ハスノハカズラ 葉(ツヅラフジ科)

ハスノハカズラ100708 176
100708
農道脇や、農地の近辺でみます。
同じツヅラフジ科でもアオツヅラフジは江田島町でよく見ますし、ハスノハカズラは大柿、沖美、能美町でよく見ます。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!