FC2ブログ

ヤブマオ 花(イラクサ科)

ヤブマオ?
8月
農道脇や雑木林の縁で少し湿気た感じのところに見ます。
古代には衣服の繊維材料として有用されていました。
スポンサーサイト



ヤブヘビイチゴ 花(バラ科)

ヤブヘビイチゴ(花)CIMG4178
4月
農道の脇や、農地のまわりのやや湿った場所で見ます。
黄色い花の時期と、赤い実の時期には目立ちますが、それ以外の時期にはまったく気づきません。

ヤブジラミ 花(セリ科)

ヤブジラミ100628 089
100628
農道脇や農地のまわりで見ます。
成熟した実はズボンの裾にくっきます。

ヤブガラシ 花(ブドウ科)

ヤブカラシ100716 074
100716
どこにでも見ますが、手入れの悪い農地のまわりなどに多いようです。
貧乏生活をしていたころ、若芽は食用になると山菜図鑑に書いてあったのですが、まずくて食べれませんでした。
蝶はルリタテハです。

ヤハズソウ 花(マメ科)

ヤハズソウ100827 125
100827
荒地や農道脇などで見ます。
8月ごろ小さな赤い花をつけ、群生して生えることもあります。

ヤナギノギク 花(キク科)

ヤナギノギク??CIMG3626
10月
林道脇の少し開けた、刈り取った雑草の堆積場のようなところで見ました。
検索しますとヤナギノギクは蛇紋岩地帯に自生するとありますので、あるいは他品種かも・・・(^_^;)です。

ヤナギタデ 花(タデ科)

ヤナギタデ(ホンタデ)?CIMG3526
9月
小川の岸や用水路脇などで見ます。
アユ料理には「タデ酢」として食用利用され、刺身のつまの芽タデ「ベニタデ」「アオタデ」は改良品種です。
芽タデを商品化したのは広島が最初だそうです。

ヤクシソウ 花(キク科)

ヤクシソウC
9月
日当たりのよい山道や林道法面、ミカン畑の石垣の隙間などで見ます。
見た目は弱々しい花ですが、乾燥にも強いようです。

モウセンゴケ 葉(モウセンゴケ科)

モウセンゴケCIMG0413
5月
林道脇の山水が染み出す花崗岩の岩肌のくぼみで見ました。
食虫植物で、葉にある粘毛から粘液を分泌しています。

モウセンゴケ 花(モウセンゴケ科)

モウセンゴケ090617 013
090617
6月、20cm弱の茎に、小さな白い花をつけます。
中央の花は帯状化して大きく育っています。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!