ウグイスカグラ 花(スイカズラ科)

ウグイスカグラ110415 018
110415
タネから育てたウグイスカグラです。
4~5年で花を咲かせますが、思った以上に大きく成長しますので、剪定に苦労します・・・(^_^;)です。
スポンサーサイト

イロハモミジ 蕾(カエデ科)

イロハモミジ・蕾110415b 048
110415
林道脇で見ましたので、自然発生樹だと思われます。
そういえば、我家のイロハモミジも公園で拾ったタネから育てたものでした・・・(^_^;)です。

オウゴンタマイブキ 葉枝(ヒノキ科)

イブキ・オウゴンタマイブキ・フイリ110409b 007
110409
園芸改良種で、枝の先端の葉が黄金色になります。
キンイブキ、またはオウゴンタマイブキと呼ばれ、生垣などに利用されます。

アラカシ 花(ブナ科)

アラカシ・花110415b 047
110415
穂状に垂れ下がっているのは雄花です。
雌花は画像では見えませんが、その年の秋にはドングリに成長します。
沢山は見ませんが、林道、農道脇に点在しています。

アケビ 花(アケビ科)

アケビ110415b 042
110415
林道脇などの雑木に絡まって成長します。
左中央の大きな花が雌花です。

アキニレ 黄金葉(ニレ科)

アキニレ・オウゴン110409b 081
110409
アキニレの園芸改良種で、芽だし時期の葉っぱが黄色く輝きます。
民家の庭に植栽品です。

シダレザクラ 花(バラ科)

サクラ・エダダレ110405b 031
110405
民家の庭先に植栽です。
弱いシダレ系の性質をもったザクラです。

コバノミツバツツジ 蕾(ツツジ科)

コバノミツバツツジ110404 030
110404
島内の野生ツツジにはゲンカイツツジ、コバノミツバツツジ、ヒメヤマツツジ、ヤマツツジがあります。
その年の気温によりばらつきはありますが、ゲンカイツツジは3月下旬、コバノミツバツツジは4月上旬、ヒメヤマツツジは4月中旬、ヤマツツジは4月下旬の頃から咲き始めます。

クロマツ 実(マツ科)

クロマツ110404 034
110404
最近ご教示を受けたのですが、右下の枝先に見える新芽が白っぽいものがクロマツで、赤っぽいのはアカマツだそうです。
この新芽は、ぐんぐん成長して先端には雌花が顔を出し、新芽の下の方には雄花が膨らみます。
昨年春に受精した雌花は画像では見えませんが、枝先でマメ粒大に育っています。
まだ開いていないマツカサは2年前に受精したもので、今年の秋には傘が開き種を飛ばします。
開いているマツカサは3年前に受精し、昨年秋に種を散布し終わったものです。

キヅタ 実(ウコギ科)

キヅタ110405b 067
110405
島内は生育環境がよろしいのでしょう。落葉樹の大木に巻きついて、ガンガン上へと成長します。
画像のキヅタは、民家の車庫の屋根を完全に覆っていました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!