マサキ・キンマサキ 花(ニシキギ科)

マサキ・キンマサキ110626 009
110626
日本にも自生するマサキの園芸種でキンマサキと呼ばれます。
民家の生垣などに利用されます。
スポンサーサイト

ホウライチク 葉(イネ科)

ホウライチク110626 029
110626
ジャワ近辺が原産地で、火縄銃の火縄用として日本に渡来しました。
株立状で樹高3m以上に育ちます。
園芸用改良種にホウオウチク(鳳凰竹)やスホウチク(蘇枋竹)があります。

ハゼノキ 実(ウルシ科)

ハゼノキ・実110626 038
110626
今まで、何処にでも見る樹だったので、外来樹とは知りませんでした。
原産地は東南アジア近辺ですが、別名をリュウキュウハゼとも呼ばれ、果実から木蝋を採取するため、江戸期に琉球から持ち込まれました。
島内では海岸だけでなく、岩山の尾根などにも見ますので、鳥による播種があるものと思います。
ちなみに、雌雄異株です。
また、ホルトノキと同じように、新緑の季節に紅葉する葉っぱを時々見ます。

ロドレイア・レッドファンネル 花(マンサク科)

ロドレイア・レッドファンネル110409b 085
110409
最近になって初めて見た樹です。
中国南部からベトナム、ビルマあたりが原産のロドレイアを、園芸用に改良選抜したものです。

レッドロビン 花(バラ科)

レッドロビン110506 028
110506
ベニカナメモチとも呼ばれアメリカで作り出された園芸樹です。
カナメモチとオオカナメモチの交雑種で、赤い新芽が好まれ生垣などに多用されます。

ユスラウメ 実(バラ科)

ユスラウメ110608b 062
110608
完熟した実はジューシーで美味しいのですが、最近の子供は取って食べたりはしません。

ユスラウメ 花(バラ科)

ユスラウメ110405b 011
110405
中国、朝鮮半島が原産地で、古くに移入されました。
花も実も楽しめ、強剪定にも耐える育てやすい樹です。

ヤマモモ 雄花(ヤマモモ科)

ヤマモモ・雄花110417b 046
110417
島内では山野に普通に自生します。
我家の庭にヤマモモの樹を植えたさい、実を付けるための雄木を心配しましたが、付近の山から沢山の花粉が風で運ばれ、むしろ生り過ぎを心配するはめになりました・・・(^_^;)です。

ヤマボウシ 花(ミズキ科)

ヤマボウシ110521 024
110521
本土の山野には普通に自生します。
実はクリィーミーで甘く、食べられますが2、3個食べれば十分・・・(^_^;)です。
公園の隅に植栽されたヤマボウシです。

ヤマフジ 花(マメ科)

ヤマフジ・園芸種110419b 048
110419
公園に植栽品です。
巻き方向は確認しませんでしたが、花序が短いので、ヤマフジの園芸改良種だろうと思います。
野生種は島内にも普通に見ます。
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!