FC2ブログ

能美町の畑鉱山

江田島地図2分割北(畑鉱山) 

古老の話では、「大正の頃かのぉ~、試し掘りでチョロッと掘っただけじゃ~・・・」だ、そうです。
「わしらがこまい頃は、あがいの方でつばえたこともあったがのぉ~、いま~いけんじゃろぉて、のぉ~」だ、そうです。

CIMG2158

能美町 畑地区の入口です。 
「これのずう~っと奥のなぁ~、窪んなったとこじゃったかのぉ~」 だ、そうです。

畑鉱石(新) 
(地質標本登録データベースより)
筑波の標本倉庫に眠る、畑鉱山産の黄銅鉱・磁硫鉄鉱・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト



玖珂層群の転石

江田島地図2分割北(宇根山登山道) 

江田島市でもっとも高い山が野登呂山(又の名を宇根山542.0m)です。
この山は呉花崗岩の上に乗っかった、玖珂層群で出来ており、その登山道入口に玖珂層群堆積岩の珪質部と泥質部が互層する、層状チャートの大岩が転石となって有ります。

CIMG4325 
(画像の左右50cm)
直径2mくらいの大岩ですが、熱による再編でグラニュー化が進み、泥質部はホルンフェルス化しています。

CIMG4322 
(画像の左右110cm)
この付近のミカン畑は玖珂層群の転石を利用して、石垣が積まれています。
中央の白いのは石英質です。

CIMG4324

今までのナツミカンから、新品種のミカン苗に植え替えられたようですが、これからの管理は大変・・・ m(__)m です。

CIMG8210 
(画像の左右30cm)
層状チャートの転石も、立派に石垣の材料となります。

大矢鼻の閃緑班岩

江田島地図2分割南(大矢鼻) 

大矢鼻の先端へと伸びる、花崗斑岩岩脈の西側を平行して、脈幅2m、長さ30mで海中に没する露頭が確認できます。

CIMG8447 

陸側から海中へと続く閃緑班岩の様子です。

CIMG8446
(画像の左右2m)
右上の白い岩は音戸花崗閃緑岩で、ナイフで切ったようにスッパリと割れています。

CIMG8451 
(画像の左右50cm)
左が閃緑班岩、右が音戸花崗閃緑岩で、境界面は直線です。

CIMG8453 
(画像の左右80cm)
新鮮な閃緑班岩の表面は、スベスベした深緑色なのですが、風化が進み砂岩か、泥のようにも見えます。

CIMG8455 
(画像の左右25cm)
閃緑班岩と呼ばれるのは、閃緑岩に班として長石や、輝石、石英粒などが入っているのが見えるからなのですが、この場合小さすぎて、班というより粒と言ったほうが・・・(^_^;)です。

閃緑班岩の石基は、珪長質鉱物、輝石類、燐灰石、鉄鉱物や角閃石などの微小結晶できています。
班晶は、斜長石、斜方輝石、単斜輝石などの1mm前後が普通で石英粒を含むこともあります。

その閃緑班岩中に石英塊が捕獲されていました。
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!