FC2ブログ

石英粒の目立つ花崗閃緑班岩

江田島地図2分割北(美能東方海岸) 

班晶となる石英粒が大きく発達した、花崗閃緑班岩の岩脈です。

CIMG8233 
(画像の左右120cm)
左側の赤っぽい部分が呉花崗岩で、黄色っぽい部分が花崗閃緑班岩です。

CIMG8235 
(画像の左右20cm)
花崗閃緑斑岩の班晶となる、石英の発達が特に目立つ岩盤です。
部分的には結晶面の見える石英粒もありますが、残念なことに高温石英にまで発展した石英粒は見当たりません。
もう少し深部の風化が進めば、あるいは高温石英の、すばらしい結晶を見ることができるかも・・・(*^。^*)です。

CIMG8237 
(画像の左右20cm)
この部分では風化し、白くなったカリ長石の班晶も見ることが出来ます。
江田島の近辺で、高温石英の結晶が採取できる場所は、呉市広町にあります?ありました?・・・(^_^;)です。
また、四国では薄紫色の高温石英が採取されたこともあります。


スポンサーサイト



花崗閃緑班岩のタマネギ状風化

江田島地図2分割北(美能東方海岸) 

名づけて、「石生み」の岩壁です。
立派なお子様を沢山授かりたい方は、ぜひ参拝においで下さい・・・(^_^;)です。

CIMG8242 

花崗閃緑班岩岩脈の一端が、タマネギ状に激しく風化し、丸くなった石たちが今にも生れ落ちてきそうな雰囲気です。

CIMG8240 
(画像の左右2m)
花崗閃緑班岩に、方形にひび割れが入り、ひび割れた角のほうから風化が進んで、中心部のコアーが丸く残ったものです。

CIMG8241 
(画像の左右30cm)
近づいてみますと、間違いなく花崗閃緑班岩です。

呉花崗岩と花崗閃緑班岩

江田島地図2分割北(美能東方海岸) 

この付近の海岸には、呉花崗岩を南北に割って花崗閃緑班岩や、珪長岩の岩脈が走っています。

CIMG8253 

半分から左が花崗閃緑班岩の岩脈で、右側が粗粒黒雲母花崗岩(呉花崗岩)です。

CIMG8257 
(画像の左右20cm)
花崗閃緑班岩の岩脈に黒っぽい石英閃緑岩が捕獲されています。

CIMG8256 
(画像の左右15cm)
膨張率の違いなのか?、石英閃緑岩を包む花崗閃緑班岩には放射状に無数の亀裂がはいっています。
深成岩は一般に色が黒くなるほど、石英(珪酸分)が少なくなり、 酸性岩から中性岩 塩基性岩へと変わります。
色白?の花崗岩は酸性岩で、花崗岩<花崗閃緑班岩<石英閃緑岩<閃緑岩と色が濃くなり塩基性が増します。

岩石分類図 
(申し訳ないことに、出典が不明・・・m(__)mです。)
先人が考案された、とても判りやすい、火成岩岩石の分類表です。

呉花崗岩と石英

江田島地図2分割北(がんね) 

この付近の呉花崗岩には珪石質に富む洞や脈が目立ちます。

CIMG6226 
(画像の左右120cm)
大きな珪石の岩塊を包有した、粗粒黒雲母花崗岩です。

CIMG6228 
(画像の左右150cm)
珪長石の小さな岩脈ですが、この付近の脈は珪石質が特に多いようです。

呉花崗岩とペグマタイト

江田島地図2分割北(美能南方海岸) 

呉花崗岩の岩体には小さなペグマタイトをよく見ます。

CIMG8309 
(画像の左右2m)
海岸に突き出した、花崗岩の突端に石英塊とカリ長石がぎっしりと詰まったペグマタイトです。
CIMG8313 
(画像の左右20cm)
このペグマタイト(晶洞)内には、きれいに結晶した水晶と、風化した黒雲母と、ぼろぼろと崩れるカリ長石塊があります。

呉花崗岩のシュリーレン

江田島地図2分割北(美能南方海岸) 

この付近の海岸岩壁では、墨を流したようなシュリーレンが見られます。

CIMG8351 
(画像の左右150cm)
母岩は粗粒の黒雲母花崗岩です。
シリューレンは花崗岩マグマが流動していた痕跡で、黒っぽい部分は、黒雲母や角閃石が濃集したものです。

CIMG8350 
(上の拡大画像左右50cm)
上の画像の右上部を拡大したものです。
普通、シュリーレンとペグマタイトは平行することが多いのですが、ときにシュリーレンを断ち切って成長するペグマタイトも有ると聞きます。

CIMG8346 
(画像の左右110cm)
この流れが止まったのは8000~8600万年前のこと・・・(*^。^*)です。
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!