FC2ブログ

水中に眠る水晶

江田島地図2分割南(長浜) 

戦後の高度成長期、各地で埋め立て用の石材が大量に必要となり、この付近の岩壁や岬には、石材を切り出した跡が沢山あります。

山田洋次監督の映画「故郷」1972年の記憶だと思いますが、ダイナマイトを使って家族で岩壁から岩を切り出し、その石材を小さな木造船に積んで埋立地に運び、船のクレーンにぶら下げた岩の反動を利用し、船を転覆の一歩手前まで傾けて、甲板に積んだ岩石を一気に海中へ落とすという、スリルいっぱいの大胆で繊細な技量にぶったまげました。

ダイナマイトの硝煙が消えた岩盤に、巨大晶洞が現れた瞬間、立ち会いたかったなぁ~・・・(*^。^*)です。

CIMG9237 

長さが3mの晶洞には雨水が溜まり、小石や泥で厚く覆われています。
水や泥をすくい出すのに半日かかりました。

CIMG9245 
(画像の左右60cm)
泥で真っ黒になっていますので、すべてを持ち帰って水洗いをすることにしました。
数ヶ月前に買い換えたばかりの車だったのですが、車の中は数週間、ドブの臭いが取れませんでした・・・(^_^;)です。

CIMG9253 
(画像の左右30cm)
大きな水晶ですが、期待したほどには形の良いものはありませんでした。

CIMG9277 
(画像の左右7cm)
大きくていびつな水晶の一面に指の爪のような小さな水晶がくっついています。

CIMG9281 
(画像の左右10cm)
大きな親亀の背中に乗った、小亀のような可愛らしい水晶です。
このような形をした水晶は、紫色をしていることが多いのですが、残念なことにすべて真っ黒です。
放射線とかを照射すれば、あるいは紫色に変身するかも・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト



岩盤の中に眠る水晶

江田島地図2分割南(陀峯山南東) 
江田島の石に興味を持った初期の頃、この付近の海岸に白い珪石が多いことに気づきました。
その付近に注ぐ谷川を遡ってみると、水晶の欠片や、透明に近い珪石(石英)も散らばっています。
って、ことは、この上流の岩山には水晶があった?、まだあるかも・・・ヽ(〃^-^)/です。

CIMG4647  
(画像の左右50cm)
1週間後、目立つ色の黄色いリュックに、お弁当とお茶、そして万が一の遭難に備えて、飴玉と缶ジュース、携帯電話と呼び笛、20mのロープと体が入るくらいの厚い大きなビニール袋、ティッシュペーパーと新聞紙とレジ袋、を詰め込み、水晶採取用に980円の園芸用ピッケルと、貝むき用のナイフ、新品のズックと皮の手袋をそろえ、デジカメをポケットに入れ、頭にタオルを巻いて、初めての本格的?岩山登りです。

CIMG4644 
(画像の左右15cm)
海岸を散歩中に波で角が丸くなった水晶とか、石切り場の隅に投げ捨てられた水晶を拾ったことはありましたが、水晶採掘を目的に歩くのは初めてです。
しかも初回から、イノシシも避けて通る急斜面の岩山探索です。

CIMG4648 
(画像の左右10cm)
始めに水晶の破片を見つけたのが谷川の下流でしたので、その川に流れ込む水の流れを想像し、谷や窪地を主に見て回っていたのですが、谷を遡るほどに石英質の石ころは見当たらなくなります。
非常食用に持ってきた飴玉も無くなり、歩きにくい谷筋を出て尾根づたいに帰ることにしました。
やっぱり、初心者じゃ駄目なんだ。
「岩山のバカヤロ~~」って声には出しませんが、持っていたピッケルで思いっきり岩盤をぶっ叩きました。
ボコッ・・・えっ、えぇ~~~ 
硬い岩盤にピッケルが跳ね返るのを想像していたのですが、・・・えっ、えぇ~~~
私の頭がスッポリと入りそうな穴が開きました・・・ヽ(〃^-^)/です。

CIMG4650 
(画像の左右150cm)
戻せる砂は元の穴に戻し、周りをきれいに整えて作業終了です。

今、当時を振り返れば何もない普通の岩盤の、その一箇所だけに珪石の白い手が現れ、手招きをして呼んでくれたのだろうと・・・。
 
正真正銘のビギナーズラック・・・幸か不幸か・・・その後、丸々5年間、毎日のように岩山に登り続けることになろうとは・・・(*^。^*)です。

091121 008 
先の岩盤とは別の場所ですが、後日再現画像に協力して頂いた、お友達のS氏です。
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!