鷲部 説教所(教円寺)・薬師堂・毘沙門堂

2)江田島町南部・鷲部説教所・毘沙門・薬師 
江田島湾と、背後の山々に挟まれ、南北に長い海岸線に並ぶ狭小な鷲部の街並みですが、その北よりの部分に僅かな緩傾斜地を利用して、鷲部説教所が建ちます。

2012-12-20 002 056 
広島市寺町の「光円寺」より仏像を譲り受け、天保8年(1837年)に説教所を開きました。
そのごの遷移もありましたが、現堂宇は明治14年に「光円寺」本堂を移築したものです。

2012-09-18 002 035 
簡素な造りですが、お堂の正面には立派な彫り物もあり、ずっしりとした安定感のある本堂です。

2012-09-18 002 037 (800x600) 
昭和56年、従来の瓦葺を、銅板に葺き替えた際に見つかった棟札には、

明治14年巳雚旧9月15日
棟梁当村 岩本権八
小工当村 山本亀助
小工切串 小松徳平

と、記されてありました。

巳雚の意味がわからないのですが・・・
この年、明治14年の干支は辛巳で、辛はつらい、苦しい、むごい、などを連想しますので、同じカンの音をとって、雚とし、歓、よろこぶ、に替えたのでは?・・・(*^_^*)です。

2012-09-18 002 038 
葺き替えで降ろした鬼瓦には、現代的なセンスの花が彫り込まれています。
江戸時代の作だと思いますが、はて?何の花でしょう。


2012-12-20 002 058 
境内から路地を挟んだ向かいに、小堂が2つ並びます。

名や由来書きが見当たらないのですが、古地図を見れば江戸中期、この付近に薬師と、毘沙門が祭られていたようです。
おそらく、近年になって此方の方へ移築されたのだろうと思います。

2012-12-20 002 053 
野菜畑の向こうに見える円教寺本堂です。
今は、中央地区にある教法寺の鷲部説教所として、信者を集めています。


2012-12-29 003 009 (800x600) 
説教所に通じる路地、大きく張り出したロウバイの枝に、黄色く透き通った蝋細工のような花弁が輝きます。
スポンサーサイト

鷲部 畠神山荒神堂

2)江田島町南部・鷲部荒神社 
鷲部の地名は、全国広しと言えども当地だけのようです。
残念ながら、鷲部の地名由来は不明ですが、貞和2年(1346年)から河野水軍の流れをくむ、久枝氏が居住した亀山城を、元亀元年(1570年)に土居氏に譲り渡したのち、「芸藩通志(1825年)」に「鷲部城江田島にあり、鷲部は城主の氏なりや、今所伝なし」とあります。

それまでは鷲部の地名は見当たりませんので、土居氏の御先祖名あるいは屋号???で、あったかも・・・(^_^;)です。

2012-12-20 002 035 
鷲部地区の鎮守、鷲部荒神堂です。
狭小な土地にあるため、長い石段や鳥居はありませんが、落ち葉も、枯草もきれいに掃き清められ、大切に管理されています。


2012-12-20 002 041 
宝永7年(1710年)の古書に「一小堂あり」と記され、長く荒神堂として祀れらていましたが、明治43年江田島八幡神社に合祀されました。
のち、昭和11年11月8日、再びもとの位置に大堂を再建し、現在に至ります。
 

2012-12-20 002 042 
中央の顎には、「畠神山荒神堂」とあります。

2012-12-20 002 045 
昭和11年奉納の「楠木正成・桜井の別れ」画を修復してあります。

2012-12-20 002 043 
会館落成記念となっていますが???
昭和25年の奉納です。

110927b 115 
奉納額には、

日清戦役

明治27年5月 東学党徒蜂起

明治27年8月1日 宣戦布告

 

戦場大略

韓国 京城・・・

清国 九連城・・・

 

明治28年4月17日 日清講和条約調印

出征軍人 歩兵・・・

従軍者 ・・・

日清講和条約結成凱旋

と、あります。

ちなみに、東学党徒蜂起とは、

甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)のことで、1894年(甲午)に朝鮮で起きた農民の内乱です。

関与者に東学の信者がいたことから「東学党の乱」とも呼ばれます。

 

この戦争の処理を巡って、日本と清国の対立が激化し、日清戦争(明治277月から283月)に発展することとなりました。

 

この札には「日清講和条約結成凱旋」となっていますので、皆さん無事に凱旋されたようです。


110927b 116 
もう一度、二拝二拍手一拝・・・(*^。^*)です。

2012-12-20 002 047 
境内から見る江田島湾です。
湾の先、右にこんもり見えるのが津久茂山(御鉢山)で、眼下には鷲部の家並みが広がります。

江南 いいとこ撮り 2/2

2)江田島町南部・江南地区 
以下、「日本の島へ行こう」からのコピペ ・・・ m(__)m です。

中世の頃までは江田島と能美島の間には船が通れるほどの瀬戸が存在していました。
その頃は堀越ノ瀬戸と呼ばれていたようですが、潮に運ばれて土砂が堆積し、江戸時代の頃には干潮時に歩いて渡れるほどの浅瀬が広がっていたといいます。
その浅瀬も次第に埋め立てられ現在では完全に陸続きになっていますが、今も残る飛渡瀬(ひとのせ)という地名は、その浅瀬を石伝いに飛んで渡れたことから付いた地名だと言われています。
また能美島も東能美島と西能美島と別々の島があったようにも思われますが、これは検地などで能美島を東と西に分けて呼んだ地名の名残りのようです。
完全に陸続きになった一つの島に3つの島名があることに対して奇異感はありますが、住んでいる人達にとっては一つの名前に統一する必然性が無かったのかもしれません。
しかし、近年江田島市の要請があり、平成20年2月15日に行なわれた海上保安庁海洋情報部及び国土地理院の協議により、西能美島と東能美島に分けた表記を“能美島”に統一することが決定されました。


2012-10-29 002 029 
江南地区の高台から見た、隣接する大柿町飛渡瀬の妙覚寺です。

・・・柿くへば鐘が鳴るなり妙覚寺・・・
行政上は江田島町と大柿町に分かれますが、江南も飛渡瀬も同じ絆の妙覚寺門徒です。

2012-12-01 002 027 (800x599) 
戦国の世なら、出城か、見張り所として使えそうな、こんもりとした丘の上に、輪塔が二基、外海の先をにらんでいました。

2012-10-29 002 041 
外海側にある調整池です。
左の白い建物に大型排水ポンプが設置され、調整池に溜まった水を外海へと汲み出します。

江田島湾側の内海にも、同じような調整池と大型ポンプが稼働しています。
ポンプを作るよりも、山を削って土を盛った方が、一石二鳥?って、素人考え・・・(^_^;)です。


2012-12-01 002 006 
荒神社を見上げる位置に、江田島市 子育て支援センターがあります。
昭和44年9月1日に廃校となった江南小学校の跡地に、平成11年11月29日、江南ふれあいセンターとして建設されました。

のち、平成20年5月から、子育て支援センター「にこにこハウス」と改名され、江田島市及び近郊の子育て支援事業を幅広く展開しています。
 

CIMG3026.jpg 
農道のはずれの、雑木の中に突然の現金自動預け払い機(ATM)です。
電線も繋がっていませんし、しばらく人が利用した形跡がありません。

たぶん、山のタヌキさんと、キツネさん専用の「木の葉っぱ」銀行、・・・夜になればぼんやり明かりが点いて、バサバサと枯れ葉を数える音が・・・(*^。^*)です。 
 
2012-10-29 002 017 (800x601) 
数年前までは、田んぼだっただろう、そのあぜ道に、白ギツネのしっぽ?
チカラシバの穂先に朝露が光っていました・・・(*^_^*)です。

江南 いいとこ撮り 1/2

2)江田島町南部・江南地区  
土を盛られた道路以外は、すべてレンコン畑だった超湿地帯が、今の車社会となって、一躍江田島市の最重要商業地帯となりました。

2012-12-01 002 025 
この地にかぎった事ではありませんが、好んで平地に人が住み始めたのは、わりと近年になってから、水道パイプが埋められ、自動車が必要不可欠になってからです。

2012-12-01 002 026 (800x600) 
古代?どうしても平地に住む場合は、高床式に家を持ち上げていましたし・・・

2012-10-29 002 007 
高台に住むのは、古人の大きな知恵の一つだったのかも・・・

2012-12-01 002 013 (800x581) 
ジメジメした平地で、クーラーのない夏なんて考えられないし・・・
風とおしの良い高台の方が、ずっと健康的だし・・・
おいしい飲み水が湧き出るのは、やっぱ山から・・・
それに、燃料のマキだって山に近い方が・・・

2012-12-01 002 024 
今は取り壊され、更地となった屋敷の周りを、赤いレンガの塀が囲みます。

イギリス人建築家John DIACK(ジョン・ダイアック)の手により、明治26年(1893)に海軍兵学校生徒館として、通称「赤レンガ」が建築された影響からか、島内には赤レンガを使った古い築物を多く目にします。

兵学校生徒館に使われた赤レンガは、イギリスから船で運ばれてきたと言われていますが、当時、すでに近隣(安芸津町)にレンガを作る工場があったとも言われています。
また、創業時期ははっきりしませんが、江田島市の能美町や沖美町にもレンガ工場が作られたと言います。

江南 内海

4)能美町・沖美町南部・内海 
江田島湾の最奥部を内海と呼びます。

古くは、呉湾側の外海とつながり、小舟の行き来もあったと言いますが、やがて潮流の影響や、河川の堆積土、干拓事業などで閉じられ、江田島湾の海水は津久茂の瀬戸を通って広島湾とだけ通じることとなりました。


2012-12-09 002 025 
巾着袋となった、江田島湾の最奥にありながらも、最大4m近い潮の満ち干がありますので、毎日2回は酸素濃度が高くて、栄養塩類が豊富な海水に入れ替わっています。
また、湾の最奥は外敵の侵入も少なく、花崗岩が風化した良質な砂があって、その下に隠れ住む小さな生物たちの楽園となっています。

その、絶好の環境を利用し、アサリや、エビが養殖され、春の大潮のころには、アサリ堀りに訪れる人々が干潟にあふれて、大混雑です。
 

100314 004 (800x600) 
その楽園に住む唯一の大型生物が、古生代からの生きた化石、このカブトガニです。

2012-11-29 002 006 (800x601) 
名前はカブトガニですが、甲殻類ではなく、カニよりもクモやサソリに近いと言われ、すでに絶滅したウミサソリ目と同じ、カブトガニ綱に分類されています。

カブトガニは学術的な面からも貴重であるとして、天然記念物の指定を受けた場所(佐賀県伊万里市、岡山県笠岡市、愛媛県西条市)もありますが、当地では自由に捕獲、観察、研究することができます。

ただし、食用に用いた場合は、絶滅のおそれのある野生動植物の、種の保存に関する法律によって罰せられるそうなので、観察が終わったら責任をもってリリースしてください。

また、江田島市では大柿町深江にある、「さとうみ科学館」で、カブトガニに関するデータ収集や、飼育、標識をつけてリリースする個体追跡、などをおこなっています。

「さとうみ科学館」ウエーブサイト
http://www.urban.ne.jp/home/fukaesho/SSM/

上のカブトガニ画像は「さとうみ科学館」で研究飼育されているものです。

2012-12-09 002 026 (800x594) 
カブトガニの産卵場所とされる砂浜から、数十メートルの場所に「海辺の新鮮市場」があります。

1階では,地元でとれた新鮮な水産物等を直販し,2階では,江田島市の特産物情報・観光情報を展示しています。
また,11時から14時まではセルフサービスの昼定食(お好みの刺身一皿とおかわり自由の魚飯・味噌汁の定食)を味わうことができます。

02050010.jpg 
内海干潟で採れるアサリの模様・・・。
すてきでしょう~~~ (*^。^*)  

100330 157 (800x600) 
干潮時に海岸を散歩すれば、ナマコを拾うこともできます。

画像には写っていませんが、一般には赤ナマコがおいしいと言われます。
下に見えるのが青ナマコで、普通に売られ、値段も赤ナマコにくらべれば、だいぶ安く販売されます。
上の黒いのが黒ナマコで、見た目が悪いので嫌われ、江田島の魚屋さんでは売られていません。
ただ、タワシでこすって黒い粘膜?を削り取れば、普通の青ナマコと同じような色合いになり、食味も青ナマコと見分けるのは難しくなります。

ちなみに、赤も青も黒も同じ種だと言われていますし、私は赤ナマコは青ナマコよりも身が固いように思います。
妻は黒ナマコは一切食べませんが、私はタワシで色を落として食べたことがありますし、食味の違いも気になりませんでした。
ま、味音痴の私の話は無視してください・・・(^_^;)です。

12260002.jpg 
防波堤や、近くの岩場には、足の踏み場もないくらいカキが育っています。

むか~し、貧乏していたころは、ガスバーナーと、ポンズをもって海岸のカキを食べ歩きしたこともあります。
今も貧乏ですが、寒さが身にこたえる年となり、風邪でもひいたら薬代の方が・・・(^_^;)です。

江南 秀崎

4)能美町・沖美町南部・秀崎 
芸藩通志(1825年)にも、ヒデ崎山として記載があるのですが、付近に秀でるほどの景色は見えません・・・(^_^;)です。 

2012-12-01 002 014 (800x591)  
秀崎の突端まで歩いて行けるのは、干潮時の数時間のみで、いつまでも景色に見とれていると、帰りは沖を泳いで渡ることになります。

左に見える崖の先が秀崎で、右の入り江を外海と呼び、大型作業船の停泊地となっています。 


110626 056 
秀崎先端部から見た、早瀬方向です。

最狭部に早瀬大橋(全長623.5m、1973年完成)が見え、その先には倉橋島の名山、火山(中国地方百選、標高408m)も遠望できます。


110626 033 
残念ながら、この付近は廃船の捨て場となり、岩場にはカキ筏の残骸が打ち上げられ、おびただしい量の、白い発砲スチロールが海岸の木々の根元を埋めています。

ま、これはこれで一つの風景、幻日の切り取り、諸行無常を感じる場として最適かも・・・(^_^;)です。

2012-12-01 002 016 (800x594) 
どうです?
けっこう、見れる風景になるでしょう・・・(*^。^*)です。


2012-12-01 002 030 
いらか越しに見る、秀崎と外海、停泊する作業船の向こうは早瀬、倉橋島です。

2012-11-09 002 027 
秀崎の先端部を、真南の大君桟橋から見ました。
大きなタンクが並ぶ左が秀崎で、その背後に青く霞む三角のピークが古鷹山、やや右にもっとも高く見える山が、仏ノ塔です。

江南 県道44号線

2)江田島町南部・県道44号 
江田島町と大柿町を結ぶ、ほぼ直線の道路が開通したのは東京オリンピックが開催された、1964年の2月16日 (昭和39年)です。

余談になりますが、この前年の11月1日に、それまで江田島町飛渡瀬と呼ばれていた地名が、江田島町江南と改められ、大柿町飛渡瀬とはっきり区別されることとなりました。

江田島町と大柿町の境界は、この道路だと思っていたのですが、実際には少し複雑で、おそらくは飛渡瀬の呼び名にもなった、古い時代の水路(海岸線)?が、今のムラ境だと思われます。


江南・県道 
1962年5月16日に撮影された、航空写真(国土地理院)に、建設中の道路が写っていました。
現在の、「ゆめタウン江田島イズミ」あたりまで道路が広くなっています。


2012-12-09 002 030 
江田島湾の最奥、鷲部地区の「江田島自動車学校」前から、ほぼ直線に南下する県道44号線です。

が、この44号線、もとは36号線と呼ばれていたようで?しかも国道487号線の開通により前後をもぎ取られ、現在の総延長は、起点江田島町中央、終点大柿町大君の10.1kmとなってしまいました。

2012-12-01 002 015 (800x583) 
江田島湾の東側(内海)を走っていた県道44号線は、江田島市を二分し、大柿町外海湾の西側を通過します。 

2012-12-01 002 008 (800x610) 
江南の古名である飛渡瀬とは、江田島町(江田島)と大柿町(東能美島)との間を、潮の満ち干に合わせて流れる水路があり、人が飛び越えて渡れるほどの狭い瀬であることから、飛渡瀬と名付けられました。

いつ頃まで、船が通過できるだけの水深があったかは不明ですが、おそらく江戸時代には満潮時、小舟が竹竿を押して通過できていたのだろうと想像します。

その後、航路としての必要性を失い、干拓に主眼が移されて、満潮時でも渡れるだけの土が盛られました。

話の出所は記憶にありませんが、江田島町本浦に海軍兵学校が出来たのち、学生の訓練の一環として江田島を短艇(カッター)で一周する競技が行われたました。
普通は江田島、能美島を含めて廻るのですが、あるチームはこの飛渡瀬に短艇を乗り上げ、陸上を担いで横断し、他のチームを圧倒、江田島を最速で廻ることができたとか・・・(*^。^*)です。

今も彼方此方に湿地が残り、冬枯れたヨシが北風になびきます。
 

グーグル・江南 藤三前 
グーグル地図、ストリートビュー画像、「藤三江田島」店前の直線道路です。

開通後、何度かの拡張工事もあったようですが、当時、こんな広い幅の道路なんて必要ないよって、雑言にめげず、りっぱな道路を作ったおかげで、今は島内最大のメインストリートとなっています。
 

2012-10-29 002 033 
江南側から見た、江南および飛渡瀬地区です。

2012-10-29 002 025 
島内最大のスーパー(イズミ)や家電量販店(エディオン)、藤三、ナフコ、ウォンツなど、大型店はすべて、この直線道路に並びます。 

2012-12-26 002 001 (800x490) 
江田島町史よりの拝借画像・・・m(__)mです。
撮影時期は昭和38年ごろ、場所は江南1丁目の平田ガソリンスタンド店付近です。

江南 大判神社

2)江田島町南部・江南大判神社 
江田島町史を見ても、江南地区の神社としては、先に記載した江南荒神社一社のみで、大判神社についてはまったく知りませんでした・・・m(__)mです。

江南・大判神社 
たまたま、グーグル地図を検索していましたら、突然「大判神社」の名が出てきて、びっくり仰天です。
しかも、荒神社が表示される拡大図の前に、縮小図の段階から大きく出ますので、・・・えっ、そんな大きな神社が江南にあったっけ?って、・・・さっそく、山道を分け入ることにしました。


2012-12-09 002 008 (800x590) 
大体の見当で登り始めたのですが、道を整備する人もあって、普通のスニーカーを履いたまま迷うことなもく、丘の上に鎮座する、大判神社にたどり着くことができました。

2012-12-09 002 009 (800x589) 
丘の上の、巨大なムクノキの下、花崗岩を刻んだ、りっぱな作りの祠です。

2012-12-09 002 012  
奉納石柱の裏面には「1964年 オリンピック記念」とあります。

そのころには、この丘の周りは、すべて芋畑に覆われ、お百姓さんが何人も出て、土を耕していたことでしょう。

そして、ずう~っと、ずう~っと前から、この丘の上には、雨風に打たれ屋根も朽ちた、小さな祠があったんでしょう。

秋の収穫のお昼時、たまたま丘の上に、おむすびとお茶を持って集まったご近所さんが、数家族・・・。
その場で、「この祠、わしらで作り変えるだべ」、「んだ、んだ、むかし、むか~しのご先祖様が祭った祠だで」、「爺さんの話じゃ大判神社だっちゅうて、むか~しから、ここらの守り神じゃげながぁ」、「んだ、んだ、東京の方じゃ、来年オリンピックちゅう祭があるげなで、わしらもなんぞ、のぉ~」

で、東京オリンピックが開かれたその年、丘の上のムクノキの下に、ぴっかぴかの祠が現れました。

2012-12-09 002 018 (800x599) 
奉納石柱の裏面を写して後ろを振り返ると、冬の澄んだ日差しが、祠の屋根をぴっかぴかに照らしていました。

2012-12-09 002 015 
耕す人のいなくなった、丘の周りの段々畑。
頂上から、四方に枝をはり出したムクノキの下で、大判神社はこの先も、ずうっと、ずうっと・・・(*^_^*)です。

ちなみに、大判神社と呼ばれているのは、全国でも江田島町江南の大判神社1社だけのようです。
もしかしたら?黄幡神(おうはんじん、おうばんしん)の間違いかも・・・(*^_^*)です。


2012-12-09 002 013 
大判神社から、さらに山奥へと続く道?。
いったい、誰がこの道を狩り払ってるんだろう?。
この先に、農地なんて無理だろうに。
しばらく、道をたどると、なんと中国電力を記した杭を発見。
そうかぁ~、この先には高圧送電線の鉄塔があるんだ。
 

江南 仏ノ塔

2)江田島町南部・秋月林道・鷲部林道・仏ノ塔  
江南地区の北東部に、仏ノ塔と呼ばれる、標高が205.1mの山があります。

100312 113 (800x600) 
早春、仏ノ塔山頂の、三角点標柱で休む、ヒオドシチョウです。

余談になりますが、ヒオドシチョウの前方に、黄色くて丸い1円玉のようなものが見えます。
これは、インテリジェント基準点とよばれるものです。

以下、国土地理院HPからのコピペ・・・(^_^;)です。

インテリジェント基準点は、測量作業及び基準点維持管理の効率化を目的に測量の基準点へICタグを設置したものです。
ICタグには、場所情報コード(ucode)、緯度・経度・標高が記録されていることから、位置情報がその場で即座に利用できるばかりでなく、ICタグに対応した測量機器の開発により、簡便な位置決定作業が可能となります。
また、ICタグリーダ・ライタを使用することにより、基準点の現況調査作業の省力化を図ることができます。インテリジェント基準点のようにICタグ等を利用した位置情報サービスは測量作業にとどまらず、さまざまな分野での応用が期待されます。


100312 109 (800x600) 
頂上にある三角点を挟んで、南北に、直径が7~8mくらいの丸い穴が2つあり、内部には石垣を積んだ形跡があります。 

100312 110 (800x600) 
これらは防空砲台と呼ばれるもので、第二次大戦中に呉地区に飛来する、米軍航空機を撃破するために、昭和19年末ごろから、急遽築かれたものです。

98式10cm連装高角砲を、2基を据え付ける予定でしたが、敗戦時までに完成したかは不明です。
 
100312 106 (800x600) 
南側の尾根には、自然石を利用した、お地蔵様も祭られています。

この付近で、敵グラマン戦闘機を見たという話の又聞きですが、米軍パイロットの技量はとても優秀で、超低空を木立の枝をかすめて飛び交い、操縦席に座る、その顔つきまでもが、いまだはっきりと、脳裏に焼き付いているとか・・・(^_^;)です。


110104B 001 
頂上付近の樹木は鬱蒼とし、視界は悪いのですが、木々の隙間ごしに、三ツ小島の白い岩塩の山が間近に見え、その先には倉橋島が、さらには遠く四国連山がかすみます。  

江南 伊藤忠エネクス株式会社

2)江田島町南部・伊藤忠 
海上自衛隊の、エルキャック整備基地の南に隣接して、伊藤忠エネクスの江田島油槽基地があります。

2012-10-19 002 023 
この先に正門がありますが、踏切の遮断機のような横棒で、通せんぼされています。

守衛さんにお聞きするまでもなく、一般人は立ち入り禁止だと判断して、引き返しましが、看板には環境に優しいって書いてありますので、たぶん人にも?・・・(^_^;)です。

2012-12-01 002 005 
エルキャックの整備基地越しに、見える巨大なタンクです。

タンクは8基あり、4基が石油製品で、残る4基に苛性ソーダが入り、全タンク容量は144千キロリットルだそうで、近年の大型タンカー(20万トン)だと、7隻分?です。


110626 050 
油槽基地の南、秀崎側から見た、タンカーの接岸ふ頭です。

ちなみに、2011年3月11日14時46分に発生した、東日本大震災の救援物資として、中国政府から支援を受けたガソリン1万トンは、こちらのタンクで受け入れました。


 以下、日本国外務省のプレスリリース・・・(*^_^*)です。

 

中国からの緊急支援物資(ガソリン及びディーゼル油)の受入れ 
                      
平成2341

 

 1. 今般の東北地方太平洋沖地震を受けて、中国からの緊急支援物資として、ガソリン1万トン及びディーゼル油1万トンを受け入れることになりました(参考1)。ガソリン等を乗せた船舶は、2日及び3日、それぞれ広島県江田島市及び愛媛県今治市に到着予定です(参考2)。

 
2.
中国からのガソリン及びディーゼル油は、広島県及び愛媛県のタンクで受け入れた後、石油連盟各社の流通ルートを通じて、被災地に届けられる予定です。


3.
我が国政府として,中国政府の協力に深く感謝します。

 

 (参考1)今回のガソリン等は、中国政府が既に提供した3000万元分の緊急支援物資とは別に提供されるものです。

 

(参考2)荷揚地と予定スケジュール

   2日(土曜日)広島県江田島市油槽基地(ガソリン1万トン)

   3日(日曜日)愛媛県今治市波方ターミナル(ディーゼル油1万トン)
 

・小方・燃料タンクB 
1948年1月7日の米軍撮影の航空写真です。

戦災を免れた無障のタンクもあり、大きく焼損した形跡が見られませんので、呉地区大空襲の前にはすべての燃料を抜かれ、水タンクとなっていたのかも?・・・(^_^;)です。

今、画像に残る、戦前のタンクはすべて撤去され、画像右上のほうから、全農グリーンリソース(株)・古澤鋼材(株)・海上自衛隊エアクッション艇整備科・伊藤忠エネクス(株)の所有地となっています。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!