FC2ブログ

江南 内海

4)能美町・沖美町南部・内海 
江田島湾の最奥部を内海(うちうみ)と呼びます。

古くは、呉湾側の外海(そとうみ)とは水路でつながっており、小舟の行き来もあったと言いますが、やがて潮流の影響や、河川の堆積土、干拓事業などで閉じられ、江田島湾の海水は津久茂の瀬戸を通して広島湾とだけ通じます。


2012-12-09 002 025 
巾着袋となった、江田島湾の最奥にありながらも、最大4m近い潮の満ち干がありますので、毎日2回は酸素濃度が高く栄養塩類が豊富な海水と入れ替わっています。
また、湾の最奥は外敵の侵入も少なく、花崗岩が風化した良質な砂があって、その下に隠れ住む小さな生物たちの楽園となっています。

その、絶好の環境を利用し、アサリや、エビが養殖され、春の大潮のころには、アサリ堀りに訪れる人々が干潟にあふれて大混雑します。
 

100314 004 (800x600) 
その楽園に住む唯一の大型生物が、古生代からの生きた化石、このカブトガニです。

2012-11-29 002 006 (800x601) 
名前はカブトガニですが、甲殻類ではなく、カニよりもクモやサソリに近いと言われ、すでに絶滅したウミサソリ目と同じ、カブトガニ綱に分類されています。

カブトガニは学術的な面からも貴重であるとして、天然記念物の指定を受けた場所(佐賀県伊万里市、岡山県笠岡市、愛媛県西条市)もありますが、当地では自由に捕獲、観察、研究することができます。

ただし、食用に用いた場合は、絶滅のおそれのある野生動植物の、種の保存に関する法律によって罰せられるそうなので、観察が終わったら責任をもってリリースしてください。

また、江田島市では大柿町深江にある、「さとうみ科学館」で、カブトガニに関するデータ収集や、飼育、標識をつけてリリースする個体追跡、などをおこなっています。

「さとうみ科学館」ウエーブサイト
http://www.urban.ne.jp/home/fukaesho/SSM/

上のカブトガニ画像は「さとうみ科学館」で研究飼育されているものです。

2012-12-09 002 026 (800x594) 
カブトガニの産卵場所とされる砂浜から、数十メートルの場所に「海辺の新鮮市場」があります。

1階では,地元でとれた新鮮な水産物等を直販し,2階では,江田島市の特産物情報・観光情報を展示しています。
また2階には食堂も併設されており、11時から14時頃まではセルフサービスの昼定食(お好みの刺身一皿とおかわり自由の魚飯・味噌汁の定食)を味わうことができます。

02050010.jpg 
内海干潟で採れるアサリの模様・・・。
すてきでしょう~~~ (*^。^*)  

100330 157 (800x600) 
干潮時に海岸を散歩すれば、ナマコを拾うこともできます。

画像には写っていませんが、一般には赤ナマコがおいしいと言われます。
下に見えるのが青ナマコで、普通に売られ、値段も赤ナマコにくらべれば、だいぶ安く販売されます。
上の黒いのが黒ナマコで、見た目が悪いので嫌われ、江田島の魚屋さんでは売られていません。
ただ、タワシでこすって黒い粘膜?を削り取れば、普通の青ナマコと同じような色合いになり、食味も青ナマコと見分けるのは難しくなります。

ちなみに、赤も青も黒も同じ種だと言われていますし、私は赤ナマコは青ナマコよりも身が固いように思います。
妻は黒ナマコは一切食べませんが、私はタワシで色を落として食べたことがありますし、食味の違いも気になりませんでした。
ま、味音痴の私の話は無視してください・・・(^_^;)です。

12260002.jpg 
防波堤や、近くの岩場には、足の踏み場もないくらいカキが育っています。

むか~し、貧乏していたころは、ガスバーナーと、ポンズをもって海岸のカキを食べ歩きしたこともあります。
今も貧乏ですが、寒さが身にこたえる年となり、風邪でもひいたら薬代の方が・・・(^_^;)です。
スポンサーサイト



江南 秀崎

4)能美町・沖美町南部・秀崎 
芸藩通志(1825年)にも、ヒデ崎山として記載があるのですが、付近に秀でるほどの景色は見えません・・・(^_^;)です。 

2012-12-01 002 014 (800x591)  
秀崎の突端まで歩いて行けるのは、干潮時の数時間のみで、いつまでも景色に見とれていると、帰りは沖を泳いで渡ることになります。

左に見える崖の先が秀崎で、右の入り江を外海と呼び、大型作業船の停泊地となっています。 


110626 056 
秀崎先端部から見た、早瀬方向です。

最狭部に早瀬大橋(全長623.5m、1973年完成)が見え、その先には倉橋島の名山、火山(中国地方百選、標高408m)も遠望できます。


110626 033 
残念ながら、この付近は廃船の捨て場となり、岩場にはカキ筏の残骸が打ち上げられ、おびただしい量の、白い発砲スチロールが海岸の木々の根元を埋めています。

ま、これはこれで一つの風景、幻日の切り取り、諸行無常を感じる場として最適かも・・・(^_^;)です。

2012-12-01 002 016 (800x594) 
どうです?
けっこう、見れる風景になるでしょう・・・(*^。^*)です。


2012-12-01 002 030 
いらか越しに見る、秀崎と外海、停泊する作業船の向こうは早瀬、倉橋島です。

2012-11-09 002 027 
秀崎の先端部を、真南の大君桟橋から見ました。
大きなタンクが並ぶ左が秀崎で、その背後に青く霞む三角のピークが古鷹山、やや右にもっとも高く見える山が、仏ノ塔です。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!