小古江 天日神社 1/2

5)大柿町南部 天日神社 
天日神社は小古江地区の集落を見下ろす尾根の中腹に、木立に囲まれてひっそりとたたずみます。

祭神は、天ノオシホミミノ命、国常の命、天一神と云い、祭礼は旧9月15日です。

ある夜のこと、当地江頭家主の夢枕に、槍を持った白髪老人が立ち、「我は天ノオシホミミノ命なるぞ、この地に永久に祀り給え」と告げ、江頭家の守護神とされました。
のち、地域の氏神となり盛んなるときは、峰ヶ迫と余防の若衆がはやし太鼓で、多いに張り争ったとか・・・

2015-03-31 059 
周囲の木々が大きく育ち、遠望はききませんんが、木立をぬう春風が遠く大原湾の潮の香を届けます。

2014-11-04 076 
大原湾へと長く伸びる山の尾根を削って作った境内に、いかにも村の鎮守様という雰囲気を濃縮して建ちます。

2014-08-27 049 
拝殿正面の白壁に「天日神社」と墨書した扁額(へんがく)が掲げられています。

2014-08-27 074 
柱と頭貫の上にがっしりと組み合わせた斗栱(ときょう)が乗り、その複雑な力配分により重い庇を軽々と支えます。

2014-08-27 061 
拝殿の屋根は複雑怪奇な木組みをもって器用に支えられています。

2014-08-27 073 
幣殿から注連縄(しめなわ)の向こうに本殿を拝みます。

2014-08-27 076 
本殿の前から幣殿、拝殿を見ます。

2014-08-27 038 
拝殿の鬼瓦です。
見えない部分があるのですが、「﨑」?と書かれているような???

2014-08-27 041 
本殿を横から見ます。
小さいながら回廊や朱塗りの手摺が付いた凝った造りになっています。


2014-08-27 044 
頭貫や虹梁、海老虹梁に丁寧な彫が入っています。

2014-08-27 043 
本殿の千木は外削ぎですので、祭神の天ノオシホミミノ命(正勝吾勝勝速日天忍穂耳命)は男の神様であることになります。

2014-11-04 079 
本殿の屋根には千木と共に鰹木も3本乗ります。
奇数の場合はこれも男神を示すものだといわれます。
スポンサーサイト

深江 深江村絵図 (芸藩通志1825年)

深江村古地図複製(大柿町誌)  
この深江村絵図は、大柿町誌(平成6年)に掲載の芸藩通志(文政8年)1825年の絵図をコピペしたものです。

不明瞭な図や文字を適宜改変してありますので、改悪となった部分も多くあります。
正確を期する場合は、大柿町誌をご覧ください・・・m(__)mです。

これを見ますと、島戸新開や釣付(附)新開は、とうに完成されていたようです。
沖ノ山(沖野島)の生けすや、チウシ?付近の定置網?、カメガシラの防波堤、田中川の堤門、田中池など必要十分な大工事が、江戸時代にはすでに出来ていたとはおどろきです。

また、カメガハシ、カメガシラ、キトウなど亀に由来する地名が多いのは当時ウミガメが多く生息し、村民に馴れ親しまれていたのでは?、もしかして??食べられていた???・・・(*^。^*)です。

2015-07-19 099 (1024x769) 
画像はベニイトトンボの雄です。

近年になって、珍しい種類のトンボだとされる、このベニイトトンボが江田島市内の各所で再発見されています。

十年ばかり前に江田島町切串、長谷川上流にあった山田を整備し、ビオトープがつくられましたが、ベニイトトンボの最初の目撃情報がこのビオトープであったため、このベニイトトンボは水草などに付着して島外から移入されたのだろうと云われてきました。

その後、ベニイトトンボの行動半径からは少し無理があるんじゃ?、って場所から見つかり、今年になって2,3の地元の方から「うぅ~~ん、断定は出来ないけど、子供の頃に見たことがあるよ」って・・・(◎_◎;)です。

今まで、水の乏しい江田島にいるトンボは、シオカラとオニヤンマくらいだろうと思って見向きもしなかったのですが、古沼をじっくり観察するとけっこうな数のトンボが飛び交っています。

深江村絵図にも、釣付新開、田中池、タメヒロ池?、ヲク池??と古い時代に造られた池が今もそのままに残っています。
数日日照りが続けば干上がってしまう小さな小川しかない島では、人々が住み着いて最初にするのは水を溜めることのできる池をつくることです。

江戸時代よりも、もっと古くにつくられただろう池は島内にまだまだ沢山残っています。
それらの古池には、他所では見られない生物が生息していても不思議じゃないのかも・・・(*^。^*)です。

ベニイトトンボ発見場所(20150825) 
星印は今までにベニイトトンボの生息が確認された場所です。

2015-07-31 177 (1024x769) 
ベニイトトンボと同じ仲間のキイトトンボです。
色は違うけどそっくり、とくに雌同士はよく似ています。

2015-08-04 255 (1024x768) 
アジアイトトンボ?それともアオモンイトトンボ?? ・・・

2015-08-03 083 (1024x767) 
アジアイトトンボ?? ・・・かも。

2015-08-02 134 (1024x767) 
ショウジョウトンボ?みたい ・・・(^_^;)です。

2015-08-18 148 (1024x770) 
ギンヤンマ?って、こんなにきれいでしたっけ・・・

2015-07-31 351 (1024x770)
大きな川なんてないんですが、瑠璃色の鳥、カワセミもよく見ます。
3羽いたから、たぶんひな鳥が孵ったばかり? ・・・かな。

深江19470313(昭22) 
ご参考までに・・・
昭和22年、1947年3月13日の深江、大原地区です。
当時は山の頂まで段々畑が続き、少しでも水流があれば田んぼが作られていました。
トンボには住みづらい小さなため池も含めれば、数百?くらいはあったかも? ・・・(*^_^*)です。

深江 いいとこ撮り 5/5

2014-09-25 044 
深江地区の路地裏散策は、家々が密集している分、面白さも濃縮されます。

近年になって道幅も広く拡充された、県道300号線に面するお家の壁に船の備品が展示してあります。
上の白壁には、和船で使用する櫓(ろ)が掛けられています。

櫓(ろ)は中国あるいはインド、東南アジアが発祥とされ、小型船の人力推進装置としては大変なすぐれものです。
八ノ字運動をする櫓板に発生する揚力を、推進力に替える働きはプロペラと同じ原理です。

画像左、4つの浮き輪の間あるのは、櫂(かい)です。
低速で移動する場合、櫓(ろ)と同じく揚力を利用して進むこともできますが、普通は水を掻いて推力とします。
原理としては外輪船(水車)と同じです。

中央は舵輪です。
近年の船は油圧を利用しますので、車と同じような小さな舵輪(ハンドル)ですが、ロープやワイヤー、チェーンを巻き取って直接人力で舵を動かすにはこのような大きな舵輪が必要です。

オレンジの蛍光色で塗られているのは救命浮環です。

赤く塗られたオノは防火斧とよばれ、ふつうに薪割りに使う斧と大差ありませんが、船でお風呂用に薪を割ったりはしません。

緊急時に脱出用ドアーや窓を壊したり、危険なロープや電線を叩き切ったり・・・・と、あと無人島に漂着した場合にも役立つ?かも? ・・・(*^。^*) です。

2014-09-25 046 
お庭の塀に並べられた3匹のカエルさん。
赤い魚網ブイに口と鼻の穴をあけ、目のまわりと、お腹の部分に白いペンキが塗ってあります。
すばらしい、発想力 ・・・(*^。^*)です。

右は船の停泊灯?マスト灯?・・・かな?
時化の海でも遠くまで光がとどくように防水で、レンズ効果のあるカバーガラスで覆われています。

2014-09-25 082 
中央にぶら下がっているのは、号鐘(タイムベル)です。

もとは船内に時を知らせるための鐘ですが、霧が発生した時の警笛(鐘)音や、緊急事態を知らせることにも使えます。

2014-09-25 080 
旧道脇に、昔ふうの板張り小屋がのこります。
場所柄からの想像ですが、イワシ漁の網などを保管する漁師小屋?だったんじゃ?・・・?です。

横の空き地には、ベニタデや黄色いコスモスの間からススキの穂も伸び出し、秋本番を告げようとしています。

2014-09-25 262 
母屋の前には広い庭があり、ガラス戸で囲われた離れ部屋には深い庇で守られた縁側が付きます。

悠久の時をじっくりと味わえそうなすてきなお家ですが、家人が訪れるのは週末のみ?・・・かな?

2014-02-03 002 084 
白壁の蔵の屋根から伸びる一本の万年煙突・・・
まさか、蔵をお風呂に改装???

湯船を少し大きくして、サウナを併設すれば、「湯う游う 蔵温泉」とかって名前でお客さん呼べるんじゃ・・・(*^。^*)です。

2014-10-29 114 
港町とはいっても平地は限られます。
多くの家々の裏には急な崖が立ちはだかり、まさに危険と背中合わせです。

何世代にもわたり築き上げた石垣が青く苔生し、日当たりの良い隙間にはサボテンが育ちます。

2014-10-29 080 
昔見たことのある電力積算計が残っていました。

6478.0KWh 普通電力量計MF-80形 交流単相2線式 1976年製 三菱電機株式会社
外カバーには「有効期限31年8月」????? 日本電気計器検定所のシールも貼られていました。

2015-02-23 083
深江地区の路地裏に面する崖には、なぜかノシランをよく目にします。

大群落に発展している崖地もありますので、たぶん地元の方々が保護されているのだと思います。
お盆のころ、ツバキの枝下や竹藪の日陰に白い清楚な花を付けます。

深江 いいとこ撮り 4/5

2015-02-23 064 
深江地区の北部大附には現役の長屋門を持つお屋敷があります。

土台となる敷石は花崗岩を整形加工して隙間なく並べ、縦に張り付けた杉の板壁には黒く焼きが入っています。

2015-02-23 062 
観音開きの丈夫そうな門扉にも焼きを入れてありますが、板材は斜めに張られデザイン性も考慮した造りです。

また石段の上には犬除け?の格子柵が取り出せる仕掛けとなっています。

2015-02-23 057 
内部の様子はわかりませんが、納屋や作業場、予備の小部屋として使われているようです。

2015-05-10 032 
海風の強い海岸沿いの建物は庇を短く、二階の高さも低く設計されます。
家族の多かった戦後の一時期、母屋に続く離れの部屋として造られたようですが、今は無人・・・

2015-05-10 064 
玄関の引き戸を開けたら広い土間があり、部屋は田ノ字形に4室、南向きの開放された縁側と、その前に作業場としても使える広く平らな庭があり、多用途(主に農家)に使える標準型設計のお家です。

発祥は江戸時代後期、広まったのは明治に入ってからです。
当時は藁ぶき屋根でしたが、昭和初期のころからは瓦葺が主流となります。

2014-12-22 048 
ペンキで塗られた板材を水平に張り付けた、洋風な感じのする建物です。

2014-09-25 085 
空き家となったお家の庭、昔育てていたルリコウが種を落して広がり、夏草の中に瞬く紅い星を演出します。

2015-05-21 107 
手の込んだ造りの重厚な蔵です。
ご先祖様の集めたお宝が、ぎっしりと詰め込まれてるんでしょう・・・(*^。^*)ね。

2014-12-22 121 
二階の高さを抑えた土壁のお家です。
裏の軒下に、稲はぜに使う丸太や竹材、木製梯子が格納されています。
長い煙突は、灯油式お風呂用ボイラーの排煙口に取り付けられています。

2014-12-22 124 
広い敷地のお屋敷に建てられた、重厚な木製門です。
老巧化が進んでいますが、大きな柱で重い瓦屋根をしっかりと支えています。

年代を感じる軒丸瓦は三つ巴、四隅を飾る留蓋には宝珠が乗っています。

2014-12-22 081 
敷地に合わせて変形屋根と壁をもつお家です。

一部の窓はアルミサッシに替えられていますが、丁寧に塗られた土壁が目に穏やかなぬくもりを届けます。お風呂は薪焚き、煙突に書かれた名は「火口用 特製万年煙突」・・・(*^。^*)です。

深江 いいとこ撮り 3/5

2015-05-10 061 
港町はどこも狭い土地を目いっぱいに家々が立ち並びますが、中でも深江市街の混みようは江田島市内随一でしょう。

近年になって立ち退きや埋め立て、小川の暗渠化などで車の入れる道路が整備されてはきましたが、いまだに自動二輪車さえ入り辛い路地が数多く残ります。

そのことは、いままで大水害や大火などの大きな災害を受けることなく、安全快適な社会が長く続いた証でもあるのですが、それ以上の大変革である車万能の社会が一気に訪れた事の弊害をまともに受けることになりました。
車社会に必要な、平らで幅広い通路と、駐車スペースが確保できない路地奥の多くの家々は廃屋や移転を余儀なくされることになりました。

深江には街の規模の割に多くの商店や事業所が建ち、ある種分業的な微妙なバランスを保って商品をさばき、銭金を回していたのですが、近隣に大型店舗ができたり、遠方まで車で出かけて大量に購入する生活様式へと変わった途端、歯車が掛けた空回りとなり、一時百軒近くもあった商店や事業所が一挙に大激減しました。

車道から一寸の猶予もなく建てられた(道路用地に接収された?)ガラス引き戸の元商店が残ります。
看板が外されていますので、想像になりますが文房具や、アイスキャンデー、ラムネ、三ツ矢サイダーなんかも売ってたんでしょう。
何万回も開け閉めされたガラスの引き戸は硬く閉じられ、白いカーテンが引かれています。

2015-05-10 067 
雨戸が閉じられていますが、その奥にはりっぱな二階桟敷がありそうです。
商品を置くスペースとかは無さそうですので、大宴席が可能な割烹?、小料理屋さん?だったのかも?

2015-05-10 070 
軽トラがやっとの路地に酒屋さんがあります。
ごく最近までは営業されていた様子ですが・・・

2015-05-10 074 
大看板に、「たばこ、高級清酒 譽 駒 ホマレコマ販売店、中田酒店」とあります。

2015-05-10 073 
庇を支える分厚い腕木には、鷹を思わせる彫刻が彫られ景気の良かった時代を偲ばせます。
丸いプラスチック看板に、「最高の品質 ダ イ ヤ 焼 酎 」、裏側には、「スーパー 銘 清 酒 初 日 」、ともに共和発酵工業の製品でしたが、平成14年、酒類事業をアサヒビールに譲渡しました。

2015-05-10 108 
軽四輪の通行も無理な細い路地にも商店が軒を連ねます。

こちらのお店もごく最近カーテンを閉めたようです。
内部は見えませんが、表の段ボールに、梅干しとかリョーユーパンの文字が見えますので、生鮮食料品店だったんでしょう。

2015-05-10 109 
軒下に放置された台秤に「さつまいもべにはるか」と書かれた段ボールが乗っています。
とおく、茨木県から運ばれたものです。

かって、当地の畑の半分は甘藷畑だったこともあったのですが・・・

2014-12-22 133 
また別の路地には衣料品店が・・・
2,3年前までシャッターは上げられていたのですが・・・

2015-05-21 074 
かなり以前に閉められたようです。
当時はハイカラだった出窓風ショーウインドウには何が飾られてたんでしょう。

2015-05-10 115 
ま~だ、まだ、車の止めれる道路脇には、元気な商店も残っています。
上河内食料品店さん、がんばってね。

2015-05-10 116 
すぐ、隣に沖井商店さん、目の前の深江漁港とその向こうに大黒神島と夕日が一望に見渡せる二階桟敷は、まだまだ、使えそう・・・(*^。^*)です。

深江 いいとこ撮り 2/5

2015-05-21 083 
旧深江港の南側高台から深江港最奥部を望みます。

小型船の舫う港の奥に煙突が一本垂直に立ちます。

2015-05-10 082 
屋根から飛び出たように見える煙突は、かって深江港の象徴でもあった、お風呂屋さんの煙突です。

2014-10-29 096 
昭和40年代のころまでは、どの地区にも1、2軒のお風呂屋さんがあり、地域住民のすべてが集う社交の場でもありました。

ちなみに、江田島市内にあって各家庭ごとにお風呂がつくられ始めたのは昭和40年5月、広島太田川の水が海底送水管を通って、江田島町小用の前早世浄水場に送られるようになってからです。

それまでは各集落ごとに小川の水を溜めての簡易水道か、海水の混じる井戸水を汲み上げて使うほかに水を都合するすべはありませんでした。
各家庭の風呂桶に水を張るだけの水量をまかなうことは、とても、とても・・・(^_^;)でした。

以下は蛇足になりますが・・・
温泉浴や行水は昔から有ったでしょうが、お風呂の原形は、仏教ともに中国から伝来したサウナ形式(蒸し風呂)のものでした。
当初はお坊さんの身体を浄めるためのもの(儀式)でしたが、施しとしてお寺の浴堂を庶民にも開放、布教の広がりとともに各地に波及しました。

その発展形として考案された(東大寺大勧進職 重源 1121~1206)石風呂が瀬戸内一帯に普及し、一般庶民も気兼ねなく利用できるようになりました。
(瀬戸内には石風呂の地名が数多く残り、竹原市忠海 旅館岩乃屋では今も海岸の洞窟を利用した石風呂サウナを営業中です。)

江戸時代初期には、サウナ形式の大衆浴場「お風呂」のほかに、個人宅においては五右衛門風呂型式の首までお湯につかる「温」「薬湯」も広まりました。

大衆浴場がサウナ(蒸し風呂)形式から、現代のお湯(湯船)形式となったのは明治に入ってからですが、水の乏しい瀬戸内では、昭和初期まで蒸し風呂形式が主流だったようです。

2015-05-10 075 
正面から見るお風呂屋さんです。

湯上り客は二階座敷で、ビール片手に涼んでいったんでしょうね。
ときには、宴席に発展したり・・・(*^。^*)です。

2014-10-29 095 
廃業となってもう数十年は経過したようです。
100kgは測れる台バカリにも、奥の木製ロッカーにも白く埃が積もっていました。

2014-10-29 090 
玄関土間に置かれているのは、ローバーミニ1300?でしょうか。
お風呂屋の御主人、車好きだったんでしょう・・・(*^。^*)ね。

2014-10-29 084 
大きなお風呂やさんだったようですが、賑やかだった往時を残すものはありません。

2014-10-29 086 
男性客と目を合わさないよう、近所の女、子供はこちらの裏口から入っていたのかも???
ガラス戸に子供の喜びそうな切り絵が貼り付けてあります。

2014-10-29 087 
三角窓をもった車(トヨペットコロナ3代目?)です。
風呂焚き用の薪や古材をはこんだんでしょうね。

2014-10-29 088 
空高くそびえる煙突、お日様がぶつかる高さ・・・(^_^;)です。

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!