FC2ブログ

1)ノブドウ

ブドウ科ノブドウ属の落葉つる性木本で花期は7~8月

北海道~沖縄の山野に生え、巻きひげをからめて5mばかりに成長、茎は毎年枯れるが、基部は木質化して残ります。
葉っぱは10cmくらいですが、変化があって、3~5裂するものや円形のものなどがあります。
花は3mmくらいの緑白色で、集散花序、実は7mmくらいで、白~赤紫、青色となります。

以下、ウイキペディア検索では「果実は、熟すと光沢のある青色や紫色などに色づく、又は白色をするが食味は不味い。白い実は本来の実であり、青色や紫色の実は虫が寄生している寄生果である。」とありますが、徹底して調べられた結果ではないみたい???で、これからの正確な観察が期待されます。

江田島市内では道路わきや林縁、空き地などの日当たりで普通に見ます。

私が育った石見銀山地域ではメヒカリと呼ばれており、実を食べると夜に目が赤や青に光るから食べるべからず。と、祖母から教えられました・・・(*^。^*)です。

20171005江田島町切串(赤紫色の実)
s-DSCN2212.jpg 

20171005江田島町切串(青色の実)
s-DSCN2119.jpg 

20150823沖美町岡大王(白色の実)
s-2015-08-23 036 

20170923江田島町中央
s-DSCN1263 (2) 

20110713能美町中町(花)
s-110713 023 
スポンサーサイト

11:ブドウ科 目次

1)ノブドウ2)ツタ
s-s-DSCN5968.jpgs-s-DSCN4448 (2)
3)エビヅル4)ヤブガラシ
s-s-DSCN4927.jpgs-s-100723 103
5)アメリカヅタ追1)ブドウ
探索中s-s-2016-07-24 067

追3)ナツツバキ

ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木で花期は6~7月

宮城県以西の本州~四国、九州、沖縄の低山山地に自生し、樹高は10mくらいです。

樹皮に特徴がありツルツルしていてサルスベリの別名もあります。
葉っぱは約10cmの楕円形で、秋に落葉、花は白色の5弁花で花径5cmの一日花です。

江田島市内に自生はありませんが、最近の洋風住宅にはよくマッチした樹形で、幹の色合いや、秋の紅葉、白く清楚な花が好まれ、シンボル樹として玄関近くに植えられることが多くなりました。

20110705江田島市???(栽培)
s-110705 001 

20120530能美町中町(栽培)
s-2012-05-30 002 015 

20100604江田島市???(蕾・栽培)
ナツツバキ100604 006 

追2)チャノキ

ツバキ科ツバキ属の常緑低木で花期は10~11月

中国西南部、ベトナムからインド周辺が原産地で、奈良時代に喫茶の習慣とともに中国経由で移入されました。

樹高は2mくらいで株立ちとなり、葉っぱは7cmくらいの楕円形、薄い革質で縁には波状に細かい鋸歯がつきます。
花は白色、5~7弁花、基部で合着しており、花径は約3cm、下向きに咲きます。

園芸用に改良された品種もあります。

江田島市内においても古くからお寺などで栽培されていたと思われますが、源平の頃、大柿町柿浦の長谷の奥に茶園と名づく茶畠あり・・・と記されており、その後も昭和のころまでは島内各地にいくつもの茶畑がありました。

現在お茶を専門に栽培している農家は見ませんが、むかし段々畑があっただろうと思われる山の斜面や藪の中にチャノキの白い花が輝いて見えることがあります。

20171104江田島町幸ノ浦
s-DSCN5177 (2) 

20131029江田島町鷲部
s-2013-10-29 002 014 

20111130江田島町切串(愛姫?・ツバキとの交配種)
s-111130 006 

追1)サザンカ

ツバキ科ツバキ属の常緑小高木で花期は10~12月

野生種は山口県~四国南部、九州中南部、南西諸島に分布しますが、多年の品種改良により東北地方以南で盛んに栽培されるようになりました。

主な品種系統として、サザンカ系(花期9~11月)、カンツバキ系(花期11~3月)、ハルサザンカ系(花期2~5月)があります。

樹高は5~10m、葉っぱは約5cm、革質で光沢があり長楕円形、縁に細鋸歯があります。
野生種は白色5弁花で、花径は4~7cm、花弁はツバキのように融合することはなく、一枚づつが、ばらばらとなって散ります。

江田島市内に野生種は無くすべてが栽培品です。
林道脇や展望場所などにもよく植栽されており、種を蒔けば簡単に発芽しますが、野生っぽく林内で生育するのは、未だ見たことがありません。

20141124大柿町大原(サザンカ原種?)
s-2014-11-24 082 

20130207江田島町中央
s-2013-02-07 002 009 (800x590) 

20161219江田島町小用(笑顔?)
s-DSCN9311.jpg 

20151218江田島町小用(笑顔?の枝変り)
s-2015-12-18 066 (1280x897) 

20151026江田島町小用(朝倉?)
s-2015-10-26 031 

20141217江田島町小用
s-2014-12-17 045 (1024x768) 

4)ヒサカキ

ツバキ科ヒサカキ属の常緑小高木で花期は3~4月
注)ヒサカキは旧ツバキ科からモッコク科(もしくはサカキ科)ヒサカキ属へと移行しました。

青森県を除く本州~沖縄の日当たりの良い低山地、原野、海岸に普通で、樹高は最大だと10mとなります。
葉っぱは5cmの楕円形で厚い皮質、縁には浅い鋸歯があります。
花には独特な臭気があり花径3~5mmくらい、雌雄異株で雌花は雄花よりも小さく、花弁は5枚、色は緑白色~うすい赤茶色と変化があります。

サカキの少ない地域では同じように神事に重用されます。

江田島市内では海岸の岩場から岩山の頂まで、どこにでも生育しています。
過酷な環境では樹高も1m未満で横に広がりますが、条件の良い林内では10m近い高木に育ちます。

201140309江田島町小用
s-2014-03-09 002 015 (1024x768) 

20180318江田島町切串
s-DSCN2611.jpg 

20180322江田島町切串
s-DSCN2776.jpg 

20180325江田島町小用
s-DSCN3463.jpg 

20180327江田島町切串
s-DSCN3724_20181120113233b5a.jpg 

20171027江田島町小用
s-DSCN4308.jpg 

3)サカキ

ツバキ科(モッコク科)サカキ属の常緑小高木で花期は6~7月
注)サカキは旧ツバキ科からモッコク科(もしくはサカキ科)サカキ属へと移行しました。

関東以南から四国九州の低山山地に生育し樹高は十数メートル、葉っぱは厚みのある革質で鋸歯はなく楕円形です。
花は白色で5弁花、花径は1cm強で下向きに咲きます。
本来は日当たりを好むといわれますが、競争に敗れ?木々の隙間や枝下でひっそりと育つ姿を良く目にします。

神事に使われる玉串はサカキ(榊)の小枝を束ねて作られており、神社の境内、鎮守の森にはサカキが多くみられます。

江田島市内でも鎮守の森には必ずサカキを見ますし、多少湿り気のあるような林内なら、まばらに点在し自生しています。

20140620江田島町津久茂(植栽)
s-2014-06-20 102 

20180605江田島町津久茂(植栽)
s-DSCN3182.jpg 

20171124能美町中町
s-DSCN6594.jpg 

20181116江田島町津久茂(植栽)
s-IMG_5570.jpg 

2a)ツバキ(園芸種)

ツバキ科ツバキ属の常緑低~小高木で花期は12~5月

ツバキ属はアジア東部と南東部に約百種が分布しており、国内におけるツバキ科ツバキ属ツバキ節には、本州・四国・九州に生育するヤブツバキと本州日本海側の山地に生育するユキツバキがあり、さらに雑種としてユキバタツバキ・変種として南方系のリンゴツバキとホウザンツバキがあります。

園芸種と呼ばれる、およそ二千ともされる品種はヤブツバキとユキツバキの自然交配種ユキバタツバキからの選抜、あるいは中国原産種などとの人工交配を重ねて作り出されており、近年では欧米などからの改良品種も移入されています。

江田島市内では、一時期に比べれば栽培熱も下火となった感はありますが、和風の庭には必ず一本は植栽されています。
うっすらと雪化粧をしたした早朝、赤い花の上にちょこんと雪を被る様はとても風情があります。

20170401江田島町津久茂(秋の山?)
s-DSCN3990 (2)秋の山 

20110327江田島町切串(玉椿?)
s-110327b 001赤玉椿 

20110327江田島町切串(緋縮緬?)
s-110327b 102緋縮緬 

20180329大柿町飛渡瀬(唐糸?)
s-DSCN4054唐糸 

20170330沖美町畑(孔雀椿?)
s-DSCN3914孔雀椿 

20150327江田島町切串(蜀椿?)
s-2015-03-27 029蜀紅 

20180329大柿町飛渡瀬(乙姫?)
s-DSCN4048乙女 

20180318江田島町切串(曙?)
s-DSCN2624曙 

20170324江田島町中央(乙女?)
s-DSCN3544乙姫 

20130324江田島町小用(空蝉?)
s-2013-03-24 001 008 (800x600)空蝉 

20140324江田島町切串(白卜伴?)
s-2014-03-24 002白卜伴 

2)ツバキ(ヤブツバキ)

ツバキ科ツバキ属の常緑高木で花期は2~4月

本州~九州の海岸や低山地に広く生育し樹高は15mくらいです。
葉っぱは約10cmの楕円形で、厚い革質、縁に細かい鋸歯があり、表面には光沢があります。
花には個体差がありますが普通は赤~紅紫色で花弁は5~6枚、花径は約5cm、広めの釣鐘形で、下向きに咲きます。

ヤブツバキは江田島市内の山野には普通で、早咲きは11月頃から、遅咲きは6月頃まで咲いています。
花の大きさや花色は微妙に変化があり、花径が5cm以上の大輪から3cm未満のオチョボ口咲きまで様々です。

大柿町大原には、古来より「つばけ」あるいは「椿原」とも呼ばれ、自生ヤブツバキの繁茂する「椿公園」が有り、江田島町切串にも全国から多くの珍品種を集めた椿園が有りました。
戦中戦後の山野の乱開発や、度重なる森林火災で失われた、椿などを含む照葉樹林群落も、今頃になり少しずつですが復活の兆しが見え始めています。

ちなみに江田島市で栽培が奨励されているオリーブは、ツバキと同じく常緑広葉樹ですが夏期に雨の少ない地域に適す硬葉樹です。
一方のツバキは、夏の長雨にも耐えることのできる照葉樹となります。

オリーブもツバキもともに食用油を搾取することができますが、激しい変動が想定されるこれからの瀬戸内海気候にも適応できるのは、太古からこの地に自生するツバキか?、それとも新規参上のオリーブか? ・・・(^_^;)です。

20150327江田島町切串
s-2015-03-27 047 

20090412江田島町小用
s-CIMG4031.jpg 

20180315江田島町秋月
s-DSCN2360.jpg 

20180329江田島町切串
s-DSCN3980.jpg 

20161219江田島町津久茂
s-DSCN9310.jpg 

20180322江田島町切串(シロバナヤブツバキ・栽培)
s-DSCN2980.jpg 

20070107江田島町小用
s-CIMG4715 (2) 

1)モッコク

ツバキ科(モッコク科)モッコク属の常緑高木で花期は6~7月
注)モッコクは旧ツバキ科からモッコク科(またはサカキ科)モッコク属へと独立移動しました。

関東南部~沖縄の海岸山地に生育し樹高は15mです。
葉っぱは長さ約5cmの狭い楕円形で、厚い革質、表面には光沢があります。
花は白色で花弁が5枚、花径は15mmで下向きにつきます。

江田島市内では旧家の庭などに鑑賞用として多く植えられていましたが、近年の車事情で畑の隅などの邪魔にならない場所に移植されたり、旧邸宅跡地にひっそりと残されていたりします。

20110706江田島町中央(植栽)
s-110706 010 

20170702江田島町切串(植栽)
s-DSCN4973.jpg 

20170702江田島町切串(植栽)
s-DSCN4979.jpg 
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!