FC2ブログ

3)ヌルデ

ウルシ科ヌルデ属の落葉小高木で花期は8~9月

北海道~沖縄の低山地に生育、樹高は10m、小葉は10cmくらいで長楕円形、互生して長さ約50cmの奇数羽状複葉となります。
雌雄別株で、白色の小さな花を円錐状に多数つけ、15~30cmの花序となります。

果実は核果で4mmくらいの扁球形、表面に白くリンゴ酸カルシウムが分泌されす。
また、ヌルデの葉にはヌルデシロアブラムシが寄生して、虫こぶがつくられますが、これを五倍子とよび、染料や薬用などに使用されます。

江田島市内では、林道脇や林縁、荒れ地などの日当たりでごく普通にみる樹木です。

20170908江田島町小用(蕾)
s-DSCN9540.jpg 

20180914江田島町幸ノ浦
s-DSCN1642.jpg 

20180910切串(五倍子)
s-DSCN1319.jpg 

20171101江田島町切串(果実とリンゴ酸カルシウム)
s-DSCN4708.jpg 

20170610江田島町小用(葉っぱとナナフシ)
s-DSCN2146.jpg 
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!