FC2ブログ

11)ウラジロノキ

バラ科アズキナシ属の落葉高木で花期は5~6月

本州~九州の山地に生え、樹高15m、葉っぱは互生し12cmくらいの広倒卵形となり、葉裏が白いのが特徴で、風の強い日だと数百m先から発見することも可能です。

花は白色の5弁花で花径15mm、十数個が複散房花序となり、秋に1cm強のナシ状果実が赤く熟し甘酸っぱい匂いを発します。

江田島市内では林内や林道脇などに点在しており、稀には岩山などの荒れ地で見ることもあります。

20090205大柿町大原(春先まで残る果実)
s-ウラジロノキCIMG3350 

20180426江田島町津久茂
s-DSCN8044 (2) 

20180426江田島町津久茂
s-DSCN8052.jpg 

20180426江田島町津久茂
s-DSCN8054.jpg 

20180702江田島町津久茂
s-DSCN6108.jpg 

20181019江田島町津久茂
s-IMG_3845.jpg 
スポンサーサイト

10)カマツカ

バラ科カマツカ属の落葉小高木で花期は4~5月

北海道~九州で日当たりのよい山地林縁に生え、樹高は7m、葉っぱは倒卵形で7cm、互生もしくは輪生状につきます。

花は5弁花で白色、花径1cmで十数個が複散房花序となり、秋に1cm弱のナシ状果実が赤く熟します。

江田島市内では林縁や林道脇の日当たり生え、枝分かれして樹高2mくらいが普通ですが時に見上げるような高木となることもあります。

20110430江田島町小用(栽培)
s-110430b 006 

20111116江田島町小用(栽培)
s-111116b 047 

20120501江田島町小用
s-2012-05-01 002 001 

20140501呉市倉橋島火山
s-2014-05-01 002 026 

20181024江田島町古鷹山林道
s-IMG_4387.jpg 

9)ヤマザクラ

バラ科サクラ属の落葉高木で花期は3~4月

百年前の「江田島村植物」ではシロヤマザクラと記されていますが、これはヤマザクラの別名です。

宮城・新潟以南~九州の山地に広く自生し、樹高は25m、幹径60cm、葉っぱは互生し長楕円形で12cm、花は葉っぱの展開と同時に開花、淡紅色の5弁花となり花径は3cm、葉腋に散房状となり2~5個がつきます。

果実は球形8mmの核果で3cmの果柄の先に付き、6月ころ黒紫色に熟します。

江田島市内では海岸近くの岩上から山地の峯まで旺盛に生育し、3月末には山の斜面が淡紅色に染まることもあります。

20190326能美町中町
s-IMG_2708.jpg 

20190326能美町中町
s-IMG_2766.jpg 

2018329大柿町大原
s-DSCN4210.jpg 

20180329大柿町飛渡瀬
s-DSCN4003.jpg 

20180325江田島町小用
s-DSCN3416.jpg 

20160322江田島町小用
s-2016-03-22 015 (1280x944) 

20130321江田島町中央
s-2013-03-21 002 015 (800x598) 

8)ニガイチゴ

バラ科キイチゴ属の落葉低木で花期は4~5月

百年前の「江田島村植物」ではケヤマイチゴと記されていますが、ケヤマイチゴと同名の植物がありません。
当地に分布する植物でもっともそれに近いものとしてニガイチゴに訂正させていただきました。


東北~九州の山野林縁に生育、枝分かれして樹高は1m、葉っぱは互生し5cmの広卵形で多くは3裂します。

花は白色の5弁花で径25mm、果実はキイチゴの形で径10mm、甘くて食べられますが多少苦味があります。

江田島市内では日当たりの良い林道脇や林縁で普通に見ます。

20120528江田島町古鷹山林道
s-2012-05-28 003 083 

20130611江田島町幸ノ浦
s-2013-06-11 002 007 

20130611江田島町幸ノ浦
s-2013-06-11 002 011 

20140607江田島町大須
s-2014-06-07 003 127 (1024x769) 

20110417江田島町小用
s-110417b 070 

20090412江田島町小用
s-CIMG3967.jpg 
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!