FC2ブログ

追9)ツクシイバラ

バラ科バラ属のつる性落葉低木で花期は5~6月

中国地方中西部~四国・九州の野原、道端、河川敷などに生育、母種のノイバラより全体にやや大きく、葉っぱは互生し、奇数羽状複葉で小葉は5~7枚、花は5弁花で淡紅色、径3~4cmとやや大きく、十数個が円錐花序につきます。

果実は萼筒が肥大した偽果で、径8mmの卵球形、秋には赤く熟します。

江田島市内では荒れ地や道路脇などで稀に淡紅色の花をみますが、ノイバラとの違いがはっきりしません。
よって、確定ではありませんが、ピンク色のイバラをツクシイバラとして掲載しました・・・m(__)mです。

20170518江田島町秋月
s-DSCN8768.jpg 

20170508能美町中町
s-DSCN7507.jpg 

20170504江田島町津久茂
s-DSCN6989 (2) 

20140514江田島町津久茂
s-2014-05-14 002 106 (1024x769) (2) 

20150513能美町鹿川
s-2015-05-13 014 (1024x766) 

20150513能美町鹿川
s-2015-05-13 010 (1024x768) 
スポンサーサイト



追8)スモモ

バラ科サクラ属の落葉小高木で花期は3~4月

東アジアが原産地で古い時代に移入され、和歌にも詠まれていますが、近年の多くの品種は海外で品種改良がされ、再び日本国内に移入されたものが大半となります。

樹高は4mくらい、葉っぱは長楕円形で10cm、花は白色の5弁花で径15mm、果実は品種にもよりますが4cmの球形で梅雨明けのころ赤紫色~黄色に熟します。

鑑賞用とされることは少なく、一般には果樹として栽培されます。

江田島市内は小規模な試験栽培や、家庭用果樹として庭先での栽培はありますが、商用栽培には至らなかった様子です。

20140324江田島町幸ノ浦
s-2014-03-24 002 005 

20190325江田島町切串
s-IMG_2687.jpg 

20180328能美町中町
s-DSCN3825.jpg 

20180329大柿町飛渡瀬
s-DSCN4026.jpg 

20180614大柿町大原
s-DSCN4283.jpg 

20100712江田島町中央
s-100712 133 

追7)シャリンバイ

バラ科シャリンバイ属の常緑低木で花期は5~6月

東北地方南部~沖縄の海岸や近くの山地に生え、樹高は5m、葉っぱは互生し輪生、長さ8cmの長楕円形となり、厚く革質で光沢があります。

花は白色~淡紅色の5弁花で花径15mm、枝先に数個が集まり円錐花序となり、果実は球状で径1cmのナシ状果、秋に黒紫色に熟します。

江田島市内であきらかな自生種は確認していませんが、街路樹や公園樹として利用されており、園芸用に改良された品種もあります。

20180503江田島町小用(植栽)
s-DSCN9367.jpg 

20180501江田島町小用(植栽)
s-DSCN8916.jpg 

20080523江田島町古鷹山登山道(植栽)
s-シャリンバイCIMG0374 

20140430能美町高田(園芸種・ヒメシャリンバイ)
s-2014-04-30 002 059 

20051114江田島町古鷹山登山道(植栽)
s-シャリンバイ2 
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!