FC2ブログ

6)センニンソウ

キンポウゲ科センニンソウ属の常緑つる性半低木で花期は8~9月

北海道南部~九州の山野や道端などに生え、茎は円柱形で肋があり木々に絡まって成長します。

葉っぱは奇数羽状複葉、質はやや厚く暗緑色で7cmくらい、花は数個が集まって円錐花序となり白色4弁の花びらに見えるのは萼片で径3~4cmに開きます。

萼片の上では放射状に多数の雄しべが開き、雌しべは中央で8本くらいが集まった柱頭となります。
果実は長さ8mmくらいの餃子形で数個が集まり頂部に羽毛が生じます。

江田島市内では林縁や野原、農道脇などで雑木に絡まっているのを普通に見ます。

20120822江田島町小用
s-2012-08-22 002 015 

20120901江田島町小用
s-2012-09-01 002 009 

29130917江田島町秋月
s-2013-09-17 002 064 

20160910江田島町小用
s-2016-09-10 046 

20110817江田島町切串
s-110817 059 

20190903大柿町飛渡瀬
s-20190903 (257) 

20170830江田島町秋月(仙人不法侵入? ・・・ (^_^;) です。)
s-DSCN8246.jpg 
スポンサーサイト



5)ボタンヅル

キンポウゲ科センニンソウ属の落葉つる性半低木で花期は8~9月

本州~九州の山地林縁や原野に普通に生え、つるを木々に絡ませ成長します。

茎は稜角があり葉っぱは1回3出複葉で10cmくらい、花は十数個が集まって上向きの円錐集散花序となります。

花火状に開き径2cmとなりますが白い花びらに見えるのは4枚のガク片で、多数の雄しべが放射状に開き中央の一本だけが雌しべです。
成熟した雌しべは数個に分れ、それぞれの先端に綿毛が生じます。

江田島市内では林道や農道脇で雑木に絡まっているのを普通にみます。

20180913江田島町津久茂
s-DSCN0330.jpg 

20180830大柿町大君
s-DSCN9858_20191128091654aef.jpg 

20190919能美町高田
s-20190914 (71) 

20100913沖美町三吉
s-100913 061 

20100729沖美町三吉(蕾)
s-100729 076 

20121001江田島町宮ノ原(果実)
s-2012-10-01 002 029 

20121127大柿町飛渡瀬(綿毛)
s-2012-11-27 002 038 

4)タガラシ

キンポウゲ科キンポウゲ属の越年草で花期は4~5月

北海道~九州の田んぼや用水路にふつうで、草丈30~60cm、根出葉は腎形~掌状で3~5裂し、裂片はさらに浅裂して7cmくらい、茎葉は互生し2~3深裂します。

花は中央の集合果が大きく盛り上がり、周りに黄色で小さな花弁が5枚、花径は10mmくらいとなります。
集合果は多数のそう果からなり楕円状に盛り上がって10mmていどとなります。

江田島市内では田んぼや水路廻りで普通にみます。

20190327大柿町飛渡瀬
s-IMG_2925.jpg 

20190327大柿町飛渡瀬
s-IMG_2904 (2) 

20180329大柿町飛渡瀬
s-DSCN4011.jpg 

20180329大柿町飛渡瀬
s-DSCN3960.jpg 

20180329大柿町飛渡瀬
s-DSCN3943.jpg 

20110423大柿町飛渡瀬
s-110423b 065 

3)キツネノボタン

キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で花期は4~7月

北海道~九州の田んぼ廻りや湿地でふつうに見ます。
草丈は15~80cmでよく分枝し、根出葉は長柄があり3出複葉で10cmくらい、茎葉は短柄の3出複葉で7cmくらいとなります。

花は黄色く光沢のある5弁花で花径15mmくらいで目立ちます。
集合果はトゲ状のそう果が球状に集まり、径10mmくらいとなります。

江田島市内では湿気た農道脇や田んぼの廻りで普通に見ます。
ウマノアシガタによく似ていますが、より湿地を好み、花は小さくやや貧弱で中央の集合果が目立ちます。

八重咲きのものをヤエキツネノボタンというそうですがまだ見たことがありません・・・(^_^;)です。

20190327大柿町飛渡瀬
s-IMG_2917.jpg 

20180419江田島町江南
s-DSCN7023.jpg 

20180419江田島町江南
s-DSCN7010.jpg 

20180314江田島町津久茂
s-DSCN2177 (2) 

20110423江田島町小用
s-110423b 055 

20140427江田島町津久茂
s-2014-04-27 002 072 

2)キンポウゲ

キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で花期は4~6月

現在、キンポウゲ(金鳳花)はウマノアシガタと同種異名であるとされますが、百年前の「江田島村植物」では別記されています。

ウマノアシガタが八重咲に変異したものをキンポウゲと呼び、古くは別種?とされ別名で金鳳花と呼ばれていたようです。

一重で5弁のウマノアシガタも十分綺麗な花ですが、金鳳花(キンポウゲ)の呼び名はやはり八重咲きのウマノアシガタだけに冠すべきだと思います・・・(*^。^*)です。

江田島市内でも稀に6弁や8弁花を見ますが、明らかな八重(10弁花)を見たのは一度だけです。

20180403江田島町鷲部
s-DSCN5041.jpg 

20180403江田島町鷲部
s-DSCN5044.jpg 

20180403江田島町鷲部(ガク部)
s-DSCN5043.jpg 

20100421江田島町鷲部(5~7弁花)
s-100421 074 

20110415能美町高田(6弁花)
s-110415b 128 

1)ウマノアシガタ(キンポウゲ)

キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で花期は4~6月

北海道~沖縄のやや湿気た日当たりの良い野原や、田んぼの土手などに普通に見ます。

草丈は30~70cm、根ぎわから出ている葉っぱの形が馬の足形に似ているとされウマノアシガタとされましたが、実際は馬よりも鳥の足型に似ており、鳥→馬と誤字があったのでは?ともいわれています・・・(^_^;)です。

茎葉は3深裂で7cmくらい、花は黄色で光沢がある5弁花で花径は2~3cmくらいあり目立ちます。
集合果はトゲ状のそう果が球状に集まり径2cmくらいとなります。

江田島市内ではやや湿気た農道脇や田畑の廻りで普通に見ます。

一般には別名をキンポウゲとも呼びますが、百年前の「江田島村植物」ではウマノアシガタと別記されています。

20160430大柿町飛渡瀬
s-2016-04-30 054 

20160430大柿町飛渡瀬
s-2016-04-30 081 

20160430大柿町飛渡瀬
s-2016-04-30 105 

20180403江田島町中央
s-DSCN4928_20191124160158005.jpg 

20180416大柿町大原
s-DSCN6595.jpg 

20170517江田島町鷲部
s-DSCN8582.jpg 

28:キンポウゲ(ウマノアシガタ)科

百年前の「江田島村植物」ではウマノアシガタ科と記されていますが、現在ではキンポウゲ科が一般的です。

1)ウマノアシガタ(キンポウゲ)2)キンポウゲ
s-DSCN8331 (3)s-DSCN5040.jpg
3)キツネノボタン4)タガラシ
s-110423b 029s-2016-04-30 095
5)ボタンヅル6)センニンソウ
s-2014-08-23 011s-DSCN8936.jpg
追1)ヒメウズ追2)シュウメイギク
s-DSCN3603 (2)s-DSCN2024.jpg

追2)ゴヨウアケビ

アケビ科アケビ属の落葉つる性木本で花期は4~5月

本州~九州の山地林縁に自生し、アケビとミツバアケビの自然雑種とされます。
花の色はミツバアケビに酷似した濃紫色で、葉っぱはアケビと同じく5葉となります。
花のない時期だと判別はとても難しくなります。

江田島市内では江田島町江南で一度だけ見ました・・・(*^。^*)です。

20180414江田島町江南
s-DSCN6282_2019110715182099a.jpg 

20180414江田島町江南
s-DSCN6275.jpg 

追1)ムベ

アケビ科アケビ属の常緑つる性木本で花期は4~5月

関東南部以南~沖縄の海岸に近い林内林縁に生え、10m以上の蔓を絡ませて成長、葉っぱは互生し掌状複葉で光沢があり、小葉は5~7枚、10cmくらいの楕円形となります。

雌雄同株で総状花序を付けますが、花自体に花弁はなく、淡黄色~淡赤色の萼片6枚が花びら状に開きます。

果実はジャガイモ状8cm程度で、秋に紫色~褐色に熟し果肉は甘く食べられます。
江田島市内では林道脇や林縁にごく普通にみます。

ちなみに、ムベは古来より無病長寿の果物とされており、それを賞味した天智天皇が「むべなるかな(もっともだな)」と言ったことで、以来ムベと呼ばれるようになったとか。

20120423沖美町三吉
s-2012-04-23 002 032 

20150423能美町高田
s-2015-04-23 092 

20190419江田島町大須
s-IMG_4340.jpg 

20190416能美町中町
s-IMG_4031.jpg 

20111112江田島町津久茂
s-111112b 099 

20191115江田島町大須
s-20191115 (51)

20161104江田島町小用(栽培)
s-DSCN7618.jpg 

2)ミツバアケビ

アケビ科アケビ属の落葉つる性木本で花期は4~5月

北海道~九州の山野、林縁にふつうで、10m近い蔓を木々に絡ませて成長、葉っぱは3出複葉、5cmくらいの小葉3枚は楕円形となります。

花序は散房状で房下の方に数個の雄花があり、基部には萼片3枚を花びら状に開き径2cmくらいとなる濃紫色の雌花1~2個をつけますが、雌花のない雄花だけの花序も多くあります。

秋には楕円形で握りこぶしくらいの果実がなり、果肉が甘くなりますので果物として店頭に並ぶこともあります。

アケビとの違いは小葉が3枚で、花が濃い紫色となることです。
さらに個体や生育環境にもよりますが、ミツバアケビの果実表面はアケビよりもきれいな紫色となります。

江田島市内では農道や林道脇、林縁で普通にみます。

20180412江田島町小用
s-DSCN7468.jpg 

20110415江田島町鷲部
s-110415b 051 

20130409江田島町小用
s-2013-04-09 002 009 

20131026江田島町切串
s-2013-10-26 002 054 

20181006江田島町小用
s-IMG_1897.jpg 
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!