FC2ブログ

追1)ヒガンバナ

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で花期は9月

中国が原産地で有史前に帰化、北海道~沖縄の人家に近い田畑の縁や堤防などに群生します。

葉っぱは30~40cm幅7mmくらいで線形、深緑色で光沢があり、花の終わったあとの晩秋に現れて束生し、翌年の3~4月に枯れます。

花茎は葉っぱの無い9月頃に30~60cmに伸びて直立、数個の花が散形花序につきます。

花被片は6枚、朱赤色で狭倒披針形となり40mmくらい、強く反り返ります。

葯は長楕円形で暗赤色、花糸は花冠の外に突出し赤色で上方に曲がり8cmくらいとなり、花柱は赤色で雄しべよりも長くなります。

国内のヒガンバナは3倍体で種子はできませんので、繁殖には球根を人為的に移植しますが、中国には2倍体のコヒガンバナがあり、そのコヒガンバナとショウキズイセンとの雑種シロバナヒガンバナなどもあります。

江田島市内では米作の衰退とともにヒガンバナの生育地は極端に少なくなってきましたが、お彼岸の頃には農道脇や人家廻りなどに真っ赤に咲くヒガンバナを見ます。

また、植木鉢や庭先などにシロバナヒガンバナやショウキズイセンも見ます。

島内でコヒカンバナは未確認ですが、ヒガンバナより1ヶ月くらい早く開花し5mmくらいの丸い種を数個付けるそうです。

20130924江田島町鷲部
s-2013-09-24 002 053 

20140925大柿町深江
s-2014-09-25 137 

20140928江田島町切串
s-2014-09-28 077 

20060927大柿町大原
s-ヒガンバナB 

20170924大柿町飛渡瀬
s-DSCN1498.jpg 

20110924江田島町小用
s-110924b 036 

20180221能美町中町(葉っぱ)
s-DSCN0796.jpg 

20110923大柿町飛渡瀬(シロバナヒガンバナ)
s-110923b 018 

20110923大柿町飛渡瀬(シロバナヒガンバナ)
s-110923b 004 

20161007江田島町小用(ショウキズイセン)
s-2016-10-07 123 (2) 
スポンサーサイト



1)ノビル

ヒガンバナ科ネギ属の多年草で花期は5~6月

北海道~沖縄の畑や道ばた、土手などに生え、葉っぱは25~30cmで幅5mmくらい、断面は三日月状となります。

地下の鱗茎は1~2cmの球形となり早春の山菜として利用されます。

花茎は40~80cm近くとなり、先端に淡紅紫色で径4mmの花多数が散形花序につきます。

花茎に花がなく、ムカゴだけのものもあり、そのまま芽をだすこともあります。

ムカゴや鱗茎の分球により繁殖しますが、人為的環境に大きく適応しており、人間の手が加わらなくなると自然に消滅してしまうとされます。

江田島市内ではやや湿気た農道脇や人家廻りに群生して生育しています。

花茎にムカゴの付いたのはよく見ますが、花だけの花序は稀です。

20110602江田島町鷲部
s-110602 100 

20180604大柿町柿浦
s-DSCN3081 (2) 

20180603大柿町飛渡瀬
s-DSCN2807.jpg 

20180609能美町中町
s-DSCN3545.jpg 

20180514江田島町津久茂
s-DSCN0237 (2) 

20180322江田島町切串
s-DSCN2778.jpg 

20170127江田島町切串(イノシシが掘り起こしたノビルです)
s-DSCN0772 (3) 

4H:ヒガンバナ科

百年前に記された「江田島村の植物」ではユリ科として22種の植物が掲載されていますが、近年の分類により、ユリ科・イヌサフラン科・キジカクシ科・キンコウカ科・サルトリイバラ科・シュロソウ科・ススキノキ科・ヒガンバナ科に細分類されました。
1)ノビル追1)ヒガンバナ
s-110602 103s-2015-09-20 098
追2)アサツキ追3)アマリリス
s-100522b 072s-100522b 054
追4)クンシラン追5)サフランモドキ
s-2013-05-09 002 023s-DSCN6474.jpg
追6)ニホンズイセン追7)セイヨウズイセン
s-DSCN0365.jpgs-100409 024
追8)タマスダレ追9)タマネギ
s-20190904 (1)s-100504 045
追10)ニラ追11)ニンニク
s-20190914 (9)s-110626 012
追12)ネギ追13)ハナニラ
s-100507 105 (2)s-110323b 060
追14)ハマユウ追15)ラッキョウ
s-110823 052s-IMG_5030.jpg

追2)アロエ

ススキノキ科アロエ属の多年草で花期は12~2月

南アフリカ~アラビア半島、マダガスカル島に生育、低木および高木となる多肉植物で300種以上が知られています。

日本には鎌倉時代に伝来、一部品種は太平洋側の海岸で野生化もあるとされます。

国内ではキダチアロエの他にアロエベラも多く栽培されており、観賞用のほかに薬用や食用としての利用もあります。

葉っぱは一般的に肉厚で先が尖り、葉縁にトゲがあってロゼット状に広がります。

花は朱色~黄色の6弁、花被は管状で花茎の先に総状花序、または円錐花序となります。

暖地では種子もできますが、普通は葉っぱを挿し木とすれば容易に活着します。

江田島市内では、民家の庭先などで観賞、民間薬用として栽培されています。

20100214江田島町津久茂
s-100214A 005 

20100225江田島町秋月
s-100225 031 

20070107江田島町小用
s-CIMG4717.jpg 

20180510江田島町秋月
s-DSCN9652.jpg 

20181219大柿町柿浦
s-IMG_6438.jpg 

追1)ユウスゲ

ススキノキ科ワスレグサ属の多年草で花期は7~8月

本州~九州の山地草原や林縁などに生育、葉っぱは単葉で、長さ40~50cm幅5~15mmの線形です。

花茎100~150cmの先に集散花序を出し、黄色い6弁花が上向きにつきます。

花被片は7cmくらいで花に芳香があり、夕方から咲き出し翌朝にしぼむ1日花ですが、花序が分枝して次々に開花します。

果実は広楕円形2cmの蒴果で先端がへこみ、種子は長さ卵形5mmで黒色です。

江田島市内では深江地区の親休鼻や沖野島の海岸で見ます。

20140712大柿町深江沖野島
s-2014-07-12 013 

20150615大柿町深江沖野島
s-2015-06-15 122 

20150615大柿町深江沖野島
s-2015-06-15 133 

20150702大柿町深江親休鼻
s-2015-07-02 070 

20150702大柿町深江親休鼻
s-2015-07-02 212 

20150702大柿町深江親休鼻
s-2015-07-02 218 (2) 

2)ヤブカンゾウ

ススキノキ科ワスレグサ属の多年草で花期は7~8月

北海道~九州の道ばたや川の土手、林のふちなどに生育しており、有史前に中国から帰化したとされます。

葉っぱは単葉で、長さ40~90cm幅2~4cmの線形です。

花茎80~100cmの先に集散花序を出し、橙赤色で八重咲きの花がやや上向きにつき、花被片は先が反り返ります。

雄しべと雌しべが弁化して八重咲となったので結実はしません。

江田島市内では庭先などに栽培もされますが、畑の隅や田んぼの土手などに半野生状態でも生育します。

20100702大柿町大原
s-100702 187 

20160627大柿町柿浦
s-2016-06-27 034 

20180626江田島町中央
s-DSCN5677.jpg 

20200702大柿町深江(雄しべが残ることもあります)
s-IMG_2806.jpg 

20190701大柿町大原
s-IMG_9482.jpg 

20190702江田島町津久茂
s-IMG_9566.jpg 

1)ノカンゾウ

ススキノキ科ワスレグサ属の多年草で花期は6~8月

本州~沖縄の川の土手や野原に生育し、葉っぱは単葉で50~70cm、幅10~15mmの線形です。

花茎60~90cmの先に集散花序を出し、橙赤色の6弁花が10個くらい、上向きにつきます。

花被片の長さは7~8cmで先がやや反り返り、早朝に開いて夕方にはしぼむ1日花です。

果実は蒴果ですが、結実することは稀です。

園芸用に作り出された品種も多く、総称してワスレグサ(デイリリーまたはヘメロカリス)とも呼ばれます。

江田島市内では庭先、屋敷林などに栽培もされますが、多くは畑の隅や田んぼの土手、ヤブなどに半野生状態で生育します。

過去に薬用あるいは食用として栽培されたなごりでは?と想像します。

20100530江田島町鷲部
s-IMG_1474 (2) 

20100530江田島町鷲部
s-IMG_1475.jpg 

20200716江田島町鷲部
s-IMG_3375.jpg 

20150604江田島町中央(栽培)
s-2015-06-04 024 

20110702江田島町小用(栽培)
s-110702 176 

20140714江田島町切串(栽培)
s-2014-07-14 005 

4G:ススキノキ科

百年前に記された「江田島村の植物」ではユリ科として22種の植物が掲載されていますが、近年の分類により、ユリ科・イヌサフラン科・キジカクシ科・キンコウカ科・サルトリイバラ科・シュロソウ科・ススキノキ科・ヒガンバナ科に細分類されました。
1)ノカンゾウ2)ヤブカンゾウ
s-IMG_1473.jpgs-100628 086
追1)ユウスゲ追2)アロエ
s-2015-07-02 218 (2)s-100214A 006

3)ショウジョウバカマ

シュロソウ(メランチウム)科ショウジョウバカマ属の多年草で花期は4~5月

北海道~九州の山地や谷沿などの湿ったところに生え、花茎は10~30cm、花後に伸長して高さ20~60cm近くまで伸びます。

根生葉はロゼット状につき、倒披針形で5~20cm、日陰で花が咲かない場合などには葉先に小苗が発生し栄養生殖も可能です。

花茎頂に数個の花を横向総状につけ、花披片は紅紫色~まれに白色で10~15mm、葯は濃い紅紫色で目立ちます。

さく果は8mmくらいで3稜に深くくびれ、種子は線形で多数個が入ります。

江田島市内ではあまり多くは見ませんが、林道のり面、谷川などの湿気た場所に群生して生育します。

20180325江田島町古鷹林道(蕾)
s-DSCN3482.jpg 

20160409江田島町古鷹林道
s-2016-04-09 018 

20180402江田島町古鷹林道
s-DSCN4755.jpg 

20190417江田島町古鷹林道
s-IMG_4124_20201214101346fb4.jpg 

20190417江田島町古鷹林道(雌しべの柱頭が濃い紫色に変異した株)
s-IMG_4132_2020121410134755c.jpg 

2018421江田島町古鷹林道(花後)
s-DSCN7454.jpg 

2)シライトソウ

シュロソウ(メランチウム)科シライトソウ属の多年草で花期は5~6月

関東以南~九州の山林内に生え、花茎は25~65cmに伸びますが、葉っぱは長楕円形鈍頭で8~14cm、根際でロゼット状に横へ広がり立ち上がることはありません。

花は白色、糸状の不等花被片で、長さは観察不能~9mmくらいの6枚があり、茎の頂部で密集し穂状花序となります。

さく果は長楕円形3~4mmで、種子6個が入ります。

広島大学デジタル博物館資料では、豊栄町後河内、東広島市吉川など内陸部での観察例は多くありますが沿海部の記載はありません。

百年前の「江田島村の植物」には記載されていますので、現在全力で探査中・・・m(__)mです。

探索中の植物ですAAA 
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!