プロローグ

「地質調査所」発行の資料を多用しています。     

江田島5万分の1岩石名ー(800) 

日本列島の地質はイザナギ、イザナミ神話の「アメノヌボコを降ろして混沌をかき混ぜると、矛の先から滴る潮からオノゴロジマができた・・・」とあるように、ごっちゃ混ぜの複雑な地層が組み合わさって出来ています。

 

原形は3億年以前にユーラシア大陸の東岸にあり、海洋プレートから順次押し寄せてくる付加体をくっつけていました。

最も古いとされている付加体は、3億5千万年前の隠岐帯や飛騨帯で、その後に秋吉帯や三郡帯が3億から2億年前に付加されました。

今も江田島島内の野登呂山や津久茂に残る領家変成岩類の玖珂層群は1億7600万年~1億4600万年前に付加形成されました。

 

また、1億2千万年から6千万年前にかけて、大陸東岸の広い範囲で火山活動が活発な時期があり、江田島近辺では、呉市の灰ヶ峰付近やその東方に多量の火山岩が噴出しています。

 

同時期には、島内でもっとも古い深成岩の音戸花崗閃緑岩(後から貫入した呉花崗岩に呑み込まれた捕獲岩です。)や江田島花崗閃緑岩が、玖珂層群の下に貫入固結し、直後に呉花崗岩が島内のほぼ全域に貫入しました。

また、その後の地殻変動で、花崗斑岩、珪長岩、閃緑班岩が、上層の呉花崗岩や、玖珂層群に岩脈となって貫入しました。

 

6500万年前には恐竜の絶滅があり、4500万年前にはインド大陸がユーラシア大陸に衝突しています。

日本海が形成されるのは2400万年から1500万年前で、この時に、日本列島の原形がユーラシア大陸から切り離されました。

1400万年前には瀬戸内海の広い地域、小豆島や山口県の周防大島などでも、活発な火山活動がありましたが、江田島の近辺には及ばなかったようです。

 

丹沢山地や伊豆半島が本州に衝突したのは、1500万から500万年前で、江田島近辺の海底からも化石となって発見されるナウマンゾウが生息していたのは25万年から2万年前です。

その後、陸続きだった宗谷海峡が海水面下に没し、日本列島がほぼ現在の姿となったのは、13,000年から12,000年前だと言われます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!