花崗斑岩・花崗閃緑班岩

形成年代(1億年~6500万年前ですが、呉花崗岩の間入形成直後に地殻変動に伴う亀裂を伝って貫入)

分布  (島内各所で見られ、何本もの花崗斑岩が岩脈となって南北に走りますが、仏ノ塔付近の岩脈は島内最大規模)

岩相  (班晶として、カリ長石・石英・黒雲母・斜長石があり、石基は、石英・斜長石・カリ長石・黒雲母・鉄鉱物・緑れん石)

 

班昌のカリ長石は最大10cmもあり、石英などにも大きな自形結晶が見られます。

また、しばしば10cm前後の細粒石英閃緑岩を捕獲しています。

観察適地は、江田島町南部の秀崎や、沖美町北部海岸や南部の大矢鼻にあります。

花崗斑岩・鷲部CIMG7609 
カリ長石の班昌が目立つ花崗斑岩(江田島町鷲部海岸)

花崗斑岩・大矢鼻CIMG8476 
細粒石英閃緑岩を捕獲した花崗斑岩(沖美町大矢鼻)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!