玖珂層群 層状チャート

江田島地図2分割北(津久茂西) 

この付近を観察すれば、江田島の数億年の歴史がすべて記録され残っています。

なを、当地域を解説したより正確な資料として、
広島県立教育センター作成の

「花崗岩とルーフペンダントの泥岩・チャートの地層-江田島市津久茂」
が、あります。

CIMG8021 

海岸に突き出た小山は1億7千万年から1億4千万年前にイザナギプレートから海溝に落ち込んだ海洋底です。

CIMG8022 
(画像の左右2m)
海溝にスベリ落ちた衝撃で複雑に変形しています。
白っぽく見える部分は、放散虫、黒っぽい部分は主に火山噴火の灰が降り積もったものです。

CIMG8025 
(画像の左右7cm)
一般に放散虫が海底に1cm降り積もるのに数千年かかりますので、平和な?海が数万年続いた後に大規模火山の噴火があり、また数万年の穏やかな気候の後に大噴火で舞い上がった火山灰が海洋底に降り積もる、と、飽きることの無い繰り返しが永遠に続くのが、本来の地球のあり方なのかも・・・(^_^;)です。

CIMG4193 
(画像の左右40cm)
この層状チャートは先の画像にくらべ、、火山灰の部分がとても薄くなっています。
つまりは、火山が活発に活動している大陸周辺部から離れた場所で、火山灰が飛んでこない大洋の真ん中あたり、たとえばサイパン?グアム?のあたりで放散虫だけが降り積もった?・・・(^_^;)とか。

CIMG4195
(画像の左右40cm)
この薄っぺらなチャートができた頃は、数百年ごとのとても短いサイクルで火山が爆発していたとか、あるいは陸に近い場所で堆積したため、毎年雨季の時期に大陸からの泥水が降り積もったのではとか、色々イマジン・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!