津久茂西海岸の転石

江田島地図2分割北(津久茂西) 

この付近の海岸では、津久茂鉱山から採掘されたと思われる鉱石や、玖珂層群に貫入した江田島花崗閃緑岩によって作られた熱変成岩など、変化に富んだ転石が見られます。

CIMG8078 
(画像の左右15cm)
ずっしりと重い斑銅鉱です。
海岸の波うち際に転石となっていたものですが、おそらく津久茂鉱山から掘り出され、船積される途中で、海中に転がり落ちたものだろうと、・・・。
あるいは、津久茂の瀬戸の海底から、流れの早い海流によって掘り起こされた、海底銅鉱脈の1部かも、と、イマジン・・・(*^。^*)です。

CIMG8091 
(画像の左右7cm)
波に擦れて、角が丸くなってはいますが、方解石の斜方形結晶です。
津久茂鉱山の副産物として、掘り出されたものでは?と思いますが、もともと、玖珂層群は海洋プレートに乗せて運んできた、南海のサンゴを含んでおり、各所で石灰岩目的で採掘されています。
沖美町三高では、昭和40年ごろまでサンゴが熱変成した大理石を採掘していました。

CIMG1849 
(画像の左右15cm)
江田島花崗閃緑岩の高熱で紫色に変質した玖珂層群の泥岩です。

CIMG1908 
(倍率約10倍)
泥岩表面の拡大画像です。
高熱でグラニュー化した、石英、柘榴石、雲母が見えます。

CIMG1958
(倍率約50倍)
この付近で海岸の砂をパンニングすれば、鉄ばん柘榴石を分離することもできます。
ただし、島内には外部から大量に持ち込まれた砂や防波堤コンクリートの骨材などもありますので、起源には十分注意して下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!