大矢鼻の花崗斑岩・花崗閃緑班岩

江田島地図2分割南(大矢鼻) 

大矢鼻には、音戸花崗閃緑岩を割って、花崗斑岩・花崗閃緑班岩と閃緑班岩の岩脈が東西方向に平行して走っています。

CIMG8462 

手前の黒い岩脈が閃緑班岩で松の木を乗せ、沖に伸びる岩脈が花崗斑岩・花崗閃緑班岩
です。

CIMG8484 

この花崗斑岩岩脈と呼ばれるものは実にややっこしくって、見れば見るほどわからなくなります。
それでなくても似たような名前の岩石名ばかりなのに、大矢鼻で見ることの出来る100mばかりの露頭でも、部位によって花崗斑岩に見える部位、花崗閃緑班岩に見える部位、珪長岩に見える部位と、数メートル単位で変化しています。

画像の手前、岩の角が丸くなっているのは、花崗斑岩に近い岩相で、先の方に見える角ばった割れ方をしている部位は珪長岩に近い岩相をしています。

CIMG8471 
(画像の左右60cm)
さらにはこの部位、黒い岩と褐色の岩、実は両方とも花崗閃緑班岩です。
黒い方の岩石は斑岩の石基部分に含まれる有色鉱物(閃緑岩・黒雲母)の割合が極端に多く、また、風化によっても色が変わりにくい性質を持っているのだと思います。

CIMG8429 
(画像の左右30cm)
実は、右に見える褐色の花崗閃緑班岩の、新鮮な岩肌は上の画像なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!