石灰岩採掘跡地

江田島地図2分割北(三高ダム) 
この地では昭和30年代まで、ダイナマイトを使用した露天掘りで石灰岩を採掘していました。

CIMG8509 
石灰採掘現場と焼成窯は三高ダムの西岸、画像中央部付近の谷に有ったと聞きましたが、草木鬱蒼とし近づくことはできませんでした。

生石灰焼成釜 
(地質調査所資料「地質ニュース1999」より)
採掘される石灰岩は玖珂層群に取り込まれた、南の島のサンゴが変成したもので、品質は極優良品だったと言います。

近年になり大改修された三高ダムの周回道路を一周し、当時の石灰岩の欠けらとかが落ちていないか探してみましたが、優良品だったせいかすべてが搬出されてしまったようです。

120212 001 
(画像の左右30cm)
画像の石灰岩は、愛媛県の大三島産ですが、江田島の石灰岩とほぼ同じような地質条件で作り出されたもので、熱による変成作用を受けて大理石化された高純度の優良石灰岩です。

画像の石灰岩は長い年月、小川の中に転石となっていましたので、水によって侵食され幾筋もの水流跡が刻まれています。

三高水源地(矢印) 
(地質調査所資料「厳島地域の地質1999」より)
蛇足になりますが、この三高ダムの堤防上を江田島大断層が並行して記されています。

北東から南西へと走るこの断層は、おもいっきり過去の断層であって、現在は活動が止まっているようですが、あまり気持ちの良いものでは・・・(^_^;)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!