広島県内で最も低い山

茶臼山 

江田島市大柿町には、県内でもっとも低い山があります。

茶臼山と呼ばれ、海面に浮かぶ黒雲母花崗岩の島なのですが、干潮時には陸と繋がりますので、島とは呼ばずに山として国土地理院の地図に記載されています。

標高は11.0メートルです。

 

近年の地図改正により、生口島の城山という岩山が、標高11.0mに改められ、新たにライバルとなりましたが、古くからの知名度や景観はダントツ茶臼山の方にあります。

2012-06-19 001 002 (800x600) 
(島の左右やく50m)
この日の満潮は午前8時32分で潮位297cm、画像の撮影時刻は9時26分で、歩いて渡るのは無理ですが、干潮は14時57分、潮位46cmで、12時過ぎにはスニーカーでも濡れることなく、歩いて渡れました。

茶臼山のピーク(11,0m)は左の岩山で、中央部から稜線づたいに登ることができます。
海抜0mから山の頂きまで、わずか10秒で登ることができるのは、世界広しといえども?たぶん?・・・ヽ(^o^)丿です。

右の岩山には、10mくらいのピークが2つありますが、登り口は急こう配ですし、稜線は狭く、馬の背状ですので滑落事故を起こさないように十分注意して登ってください。

ちなみに、日本では、東京湾の平均海水面を海抜0mとしていますので、広島湾だとたぶん、潮位150cmくらいが海抜0m???(^_^;)です。
この日の干潮面は46cmですので、高低差では12mを登ったことになります。

2012-06-19 001 007 (800x584) 
(標高11.0m)
10秒で駆け登った、茶臼山山頂から見た南方向の景観です。
松の枝はありますが、360度のパノラマです。
 
0001521[1] 
(標高やく10mの右の茶臼山)
右にある岩山の、馬の背よりも危なっかしい稜線を、びびりながら1歩1歩とカニ歩きする姿を、知人のカメラにパシャリ、撮られていました・・・(~_~;)です。
撮影時刻は12時40分、急速に潮が引いていきます。


2012-06-19 001 003 (800x597) 
(画像の左右4m)
花崗岩の特徴的な風化現象、方状節理がもろ見え・・・(*^。^*)です。

2012-06-19 001 006 (800x601) 
(画像の左右1m)
風波の浸食による奇怪な造形美も、まじかに観察できます。

茶臼山1981 
(1981年撮影)
アーカイブ画像、昭和56年10月15日、撮影高度1700mです。
茶臼山は画像左の中央部です。
当時、周りには田んぼや畑があって、堤防脇のミカン畑入口には「立ち入りを禁ず」って書かれたベニアの板が風に揺られていました・・・(*^_^*)です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!