大附地区の花崗閃緑斑岩

大附 

この付近の音戸花崗閃緑岩は風化され、岩体として視認することはできませんが、のちに貫入した花崗閃緑斑岩の岩脈が、北に突き出す岬となって残っています。

CIMG7833 
(画像の左右30cm)
風波にうたれ、ぼこぼこのニキビ面になっていますが、ごく一般的な花崗閃緑斑岩の岩相です。
白いのが風化したカリ長石、灰色の粒が石英で、小さな角閃石も残っています。

CIMG7836 
(画像の左右8m)
今はこの前を舗装された道路に囲まれていますが、一昔前までは荒波が打ち寄せる岬の端部だったところに、方形に風化された花崗閃緑斑岩の岩脈が小山となって残っています。

CIMG7835 
(画像の左右3m)
北風から大附の集落を守ってくれる、花崗閃緑斑岩の岩脈は、当然のごとくにありがたがれ、そして、丁重に祭られます。
自然に生きるものは自然が守ってくれます・・・(*^_^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!