小用 古鷹林道(小用側)

1)江田島町北部(林道・登山道)  
林道散策だけですと、どちらの登山口に向かって歩いても、3時間あれば余裕でたどり着けます。
平日ですと、途中まったく人を見ないこともありますが、気候の良い時期には、歩行者2人、車2台くらいと出会いますので、道の中央は避けて歩いて下さい・・・(*^。^*)です。


111213b 070 
案内板のとおりです。
エニシダや、メラノキシロンアカシアは、治山のためヘリコプターから撒かれたもので、大島桜、八重桜、ソメイヨシノ、ヒロシマエバヤマザクラ、シャリンバイ、ツバキ、ヤマモモ、マテバシイ、ウバメガシ、エゴノキ、ツツジ類、サツキ類、他、多種類の樹木が植林されています。

2012-06-17 003 012 (800x601) 
林道入り口付近、元は畑があった荒地に、アジサイが1本残っていました。

110702 144 
乾燥の激しい東斜面の林道ですが、わずかな水分を見つけて、ネジバナが咲いていました。
蜜を求めて訪れたのは、ヤマトシジミです。


CIMG0572 
林道の上に枝を伸ばした、ヤマザクラです。
山火事の炎の下で、土をかぶっていた種が芽生えました。

120223 015 
谷筋で、霧雨に濡れるシリブカガシの樹林です。
まだ若木ですが、根元から束になって立ち上がります。

111214 007 
シリブカガシの樹林を過ぎると、眼下に視界が開けます。

120313 007 
白い航跡を残して、左へ進む船は潜水艦、中央のもっとも高いピークが呉市の休山(497m)です。

CIMG0572 
秋、林道脇から張出した、ヤマグリの枝が風にあおられて、ポットンコロコロ、クリの実を落とします。
この時期、地元の登山者は皆ヘルメットを被り、手袋をして、火箸と高枝剪定ばさみを持って歩きます。
豊作の年には、大きな段ボール箱を背負って登ってくる人も・・・(*^。^*)です。


111018b 051 
・・・って、上の画像は、やらせ画像・・・(^_^;)です。
もちろん、説明文も大嘘・・・m(__)mです。

でも、タイミングが良ければ、ポケットに一杯の、クリの実を拾うことは簡単です。
イノシシさんも、クリの実は大好きですので、取り合いで喧嘩しないでくださいね・・・(*^_^*)です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!