小用 中国化薬

1)江田島町北部・中国化薬  
江田島町北東部の海岸に、市内最大企業の「中国化薬」江田島工場があります。
創業は昭和22年ですが、昭和25年4月に、旧海軍工廠火工部第二装てん工場跡地(江田島町小用5丁目)を借り受け、砲弾の解撤作業(分解作業)から事業をはじめました。

危険な火薬類を扱う企業ですが、付近に人家の無い、海沿いの好立地を得て大きく発展し、現在では、各種火薬類、火工兵器の製造販売、処理、および医薬品の研究開発、清涼飲料水販売など多方面で業績をあげています。

また、自社専用フェリー「マイト丸」を所有し、本社のある呉市天応と江田島工場の間を結んで、物資、車両、人員を移送をする自前の航路をもっています。


2012-08-06 002 005 
「中国化薬」江田島工場の正門です。
目的のない、一般人の工場立ち入りは許可できない、と言われました・・・(^_^;)です。


2012-08-06 002 006 
工場を囲う、金網越しに見える内部の諸施設です。
曲がりくねったパイプや、煙突らしいものがありますが、なにがなにやら???(^_^;)です。

2012-09-17 002 002 (800x597) 
画像は、「中国化薬五十年史」(平成13年)よりの、拝借画像・・・m(__)mです。


昭和25年頃の撮影で、一ツ小島?と呼ばれる海岸付近での砲弾解撤作業(分解作業)の様子です。

戦艦大和や武蔵に搭載されていた、46cm砲弾なども多くが当地で分解されました。
長く海中に投棄されていたために、赤錆て固着した信管を取り外す場合など、砲弾に馬乗りとなってタガネを押し当て、ハンマーで力任せに叩いたとか・・・
(_;)です。



2012-09-17 002 003 (598x800) 
同じく、「中国化薬五十年史」から拝借した、砲弾と発射薬の説明図・・・(^_^;)です。

これは当時最先端の、戦艦大和や武蔵が搭載した46cm主砲から発射する砲弾と発射薬です。
主砲の発射手順は、まず砲の裏蓋を開き、砲弾を砲筒の先の方まで押し込み、さらに、その後ろのスペースに330kgもの発射薬を詰め込み、砲の裏蓋を閉めて、電気着火します。
すると、発射薬の爆発圧力で、重さが1,460kgもある砲弾が、射程42,030mの彼方までぶっ飛んでいきます。

スケールは大きいのですが、昔の火縄銃と大差ないような・・・(*^。^*)です。


091024 019 (800x601) 
江田島町にある、海上自衛隊第一術科学校(旧海軍兵学校)に展示されている、戦艦大和の46cm主砲用に作られた、九一式徹甲弾です。
安全のため信管や、炸薬(33,85kg)は取り出してありますが、ほんまもんの砲弾です。

中国化薬では、こういった砲弾からも炸薬を抜き取り、砲弾は鉄くずとして製鉄所へ送り、炸薬は、鉱山用のダイナマイト(コーズマイト)などに加工して販売しています。


2012-09-19 002 002 (800x583) 
お尻を見せる青い船は、中国化薬所有の、専用フェリー「第六マイト丸」です。
本社のある呉市天応と江田島工場を定期的?に往復します。
建造は呉市の神田造船所で、総トン数199トン、竣工したのは2012年です。

右から横切る、今にも沈みそうな灰色の船は、海上自衛隊呉警備隊所属の真水運搬船「YW22」です。

2012-09-19 002 008 (800x603) 
目いっぱいの望遠で、しかも岩陰に隠れて写した、隠し撮り画像?・・・(*^_^*)です。

昔、知人から聞いた話では、中国化薬のマイト船は、ニトログリセリンを燃料にして走るから、いざとなれば煙突から黄色い炎を上げ、ロケットのように進むと・・・。

第六マイト丸は、たぶん一般船と同じ、重油を燃料にして走ると・・・(*^。^*)です。

第五マイト丸 
グーグル画像です。
きれいに整備された、工場敷地と岸壁に横付け中の、先代の「第五マイト丸」が見えます。
先代の第五マイト丸は、暗いグリーンで、いかにもマイト船って感じでしたが、第六は軽快にスカイブルーで・・・(*^。^*)です。

余談になりますが、江田島工場の敷地内には、島では珍しく「水」のつく地名、「水ヶ浦」があります。
古鷹山系の、固い花崗岩の割れ目から、チョロチョロと浸みだす、おいし~い水を使って、各種清涼飲料や、第三類医薬品ドリンクの「ハイクロミン」とかを作っている?の、かも・・・(*^_^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!