秋月 秋月港

2)江田島町南部・秋月港 
秋月の地名由来ともなった良港で、秋になれば近隣の船々が北風を避けて舫うため、秋に船が付く、から秋付、そして秋月と呼びます。 
 
陸上交通の発達する前は、能美島の大君や大柿から広島宇品へ向かう中継港として賑わい、当時の秋月区民は呉市の川原石港や、広島宇品港へと買い物に出るのが普通でした。

また、日用品や、食品、衣料なども、番船(廻船)で市場から直接、秋月の商店に仕入れていました。

2012-09-09 002 147 
平成の始めまでは、良港として残っていたのですが、今は船よりもダントツ利用価値の高い、車の駐車場として埋め立てられ、かっての面影はまったくありません。

2012-09-09 002 153 
北にある新港(昭和初期の開港?)です。
すぐ隣が、米陸軍弾薬庫(旧海軍火薬庫)で、その関連施設として整備されたものが民間利用に変わりました。

花崗岩の石で造られた、船を舫う係船柱(ビット)が数本残っています。


2012-09-09 002 148 
長大なコンクリートの防波堤で囲まれた現在の秋月港です。
 
中央のスマートな船が、秋月港と呉港を約13分で結ぶ高速連絡船で、有限会社バンカー・サプライによって、平日11便が運航されます。
左の黒い船は小型タグボートで、主にカキ筏をひっぱて、定所に移動するのがお仕事です。

2012-10-19 002 070 
プレハブの待合所に張られた、未解決事件の手配書です。

2012-11-14 002 045 (800x596)
湾の中央に、秋月港桟橋に付けようと、減速を始めた高速連絡船で、右手前の駐車場となっている部分が旧秋月港です。

海の向こうは、倉橋島音戸町で、右に見える小さな島が1億1万円で落札された、三ツ小島の北側小島です。

2012-09-09 002 149 
整備された良港に安心して憩う、小型タグボート・・・(*^。^*)です。

2012-10-19 002 068 
??? クジラを釣り上げるための、釣針でないのはわかりますが、はて???・・・(^_^;)です。

2012-09-09 002 150 
沖を走る船や、給油設備のない小さな港に停泊する船に、給油をして回る小型給油船です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!