江南 荒神社

2)江田島町南部・江南荒神社 
1825年(文政8年)の古地図には、「荒神ヒトノセ」と明記されています。

大鳥居の石柱には文政11年(1828年)、願主富永久雄、高下嘉十と記されていますが、この鳥居は大正初期に、中郷山の神の鷹宮神社から移築したもので、「荒神ヒトノセ」の建立を記したものとしては、
拝殿の棟札にある万延元年(1860年)庄屋久枝元次郎・・・が、もっとも古い記録になります。

また、この拝殿建立の材は、仏ノ塔から切り出されたと言います。


2012-10-29 002 062 
中郷にあった、山の神鷹宮神社から移築された鳥居です。
鷹(宮)神社の元は、古鷹山頂にあったのですが、数度の移転ののち、今は江田島八幡宮境内に「古鷹神社」となって祭られています。


2012-10-29 002 064 
急な石段を登り切った先に、鬱蒼とした木々に囲まれた拝殿が建ちます。

110506 087 
拝殿正面です。

2012-10-29 002 070 
数日後に、お祭りを控えています。

2012-10-29 002 069 
何度かの改修は受けていますが、築152年、鉄アングルの支えが必要になりました。

2012-10-29 002 066 
明治3年6月奉納の「赤穂浪士の吉良邸討ち入り」が復元されています。

110506 084 
ああ、昭和も遠くなりにけり・・・(*^_^*)です。

110506 086 
旅客定員が13名以上で、貨物輸送のできる船舶を貨客船と呼びます。
どこの航路を走っていた船でしょう?
バックに、富士山があるから?・・・
後方には、帆掛け船も走っているし?・・・

2012-10-29 002 071 
登り石段の脇に、大きな石の屋根を乗っけた、お地蔵様・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!