鷲部 鷲部林道

2)江田島町南部・秋月林道・鷲部林道A 
鷲部から、秋月へ抜けるクルマデ峠を経由し、中央地区の小用峠まで続く林道です。

2012-10-31 003 025 
山の稜線よりも、少し下に下がった部分を通りますので、視界はあまりよろしくないのですが、・・・ 。

黄色い花はツワブキ、左の竹林はハチクです。
ハチクとマダケはそっくりで、見分けるのが難しいのですが、タケノコの皮を見れば簡単に識別できます。
ハチクの皮は茶褐色の単色ですが、マダケの皮には黒い雲文(豹文)が目立ちます。

2012-10-31 003 030 
雑木に覆われた林道は、涼しい風が吹き抜けます。

2012-10-31 003 022 
木々の隙間に、波静かな江田島湾が広がります。

対岸の岬は能美町の松ヶ鼻、その向こうには江田島市最高峰の野登呂山(542.0m)です。
この野登呂山頂上には、一等三角点と天測点があります。

一等三角点は、全国で974ヶ所、広島県内では17点がありますが、天測点があるのは、広島県内で江田島市の野登呂山のみで、全国でも48ヶ所しかありません。

2012-11-14 002 021 (800x600) 
紅葉する鷲部林道・・・(*^。^*)です。

当地は、気候温暖、昼夜の気温変化も少ないせいか、きれいな色の紅葉樹にあまり恵まれていません。
ただ、年や場所によっては驚くほど鮮烈な赤い葉っぱ(ハゼノキ・カエデ)や、透き通るような黄色い葉っぱ(コシアブラ・コブシ)を見ます。

画像中の赤い葉っぱは、ハゼノキです。
もとは、南方系(沖縄)の植物ですが、江戸時代に木蝋を採取するために栽培が奨励され、瀬戸の温暖な気候に合って自然繁殖域を広げています。
 

2012-09-30 002 061 
ハリエンジュの小道?・・・(*^_^*)です。

ニセアカシアとも呼ばれる、マメ科の樹木で1873年に北米より渡来し、街路樹、公園樹、砂防・土止めに植栽されます。

子供のころ、学校でニワトリを飼っていて、飼育当番への申し次に、トウモロコシや、米ぬかの他にも、小道に生える緑の葉っぱを採ってきて、包丁で小さく刻んで与えるようにって・・・。

「うっとおしいなぁ~」って、校舎の周りを見回したら、ハリエンジュの枝に小さな緑の葉っぱがいっぱい・・・。
たぶん毒はないだろうって、それに小さな葉っぱだから、包丁で刻まなくっても・・・。

で、エサ箱に投げ込んでいるところを先生に見つかり、「チェッ」また、校長室にでも立たされるれるのかなぁ~って、覚悟をきめたとき、「ほぉ~、おまえ、思ったよりもかしこいなぁ~」って・・・。

他に、先生に褒められた記憶がありません・・・(^_^;)です。

2012-10-31 003 033 
その後、次の飼育当番が回ってくる前に、ニワトリはいなくなったように記憶しますが?、まさかハリエンジュのはっぱ、毒じゃないですよねぇ~。

晩秋、林道脇の土手にフユイチゴが鈴なりです。
人が食べても安全・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!