中央 矢野玄鎮の五輪塔

2)江田島町南部・矢野氏五輪塔 
中央地区、矢ノ浦の地名は安芸郡矢野(現 広島市安芸区矢野・・・)から移住した武者、矢野玄鎮と呼ばれた弓の名手に由来すると云われます。

 

そもそも、江田島とその対岸に位置する、矢野、坂、吉浦との交流は深く、古く平安期の頃には、安芸国安芸郡11郷で同じ安芸郡内にあり、源順が記した「和名類聚抄」には、安芸(府中)・船木(荘山田)・養隈(矢野)・安満(江田島)・駅屋(仁保?)・宋山(中野)・漢辨(可部)・彌理(三入)・河内(小河内)・田門(三川)・播良(東野?)が読めます。

 

また、明治22年、市町村制施行当時の安芸郡には1町29村が属していました。

海田市町(かいたいちまち)・牛田村(うしたむら)・江田島村(えたじまむら)・大屋村(おおやむら)・奥海田村(おくかいたむら)・蒲刈島村(かまがりじまむら)・上瀬野村(かみせのむら)・熊野村(くまのむら)・倉橋島村(くらはしじまむら)・警固屋村(けごやむら)・坂村(さかむら)・下瀬野村(しもせのむら)・瀬戸島村(せとじまむら)・荘山田村(そうやまだむら)・渡子島村(とのこしまむら)・中野村(なかのむら)・中山村(なかやまむら)・仁保島村(にほしまむら)・温品村(ぬくしなむら)・畑賀村(はたかむら)・府中村(ふちゅうむら)・船越村(ふなこしむら)・戸坂村(へさかむら)・本庄村(ほんじょうむら)・宮原村(みやはらむら)・矢賀村(やがむら)・焼山村(やけやまむら)・矢野村(やのむら)・吉浦村(よしうらむら)・和庄村(わしょうむら)・・・(*^_^*)です。

 

2004年11月、江田島町と佐伯郡大柿・沖美・能美各町が合併して江田島市が成立するまで江田島町は安芸郡に属し、大柿町・沖美町・能美町は佐伯郡に属していました。

 

ちなみに、和名類聚抄(平安中期 931年~938年)記載の佐伯郡には、養我、種箆、緑井、若佐、伊福、桑原、海、替濃、建管、駅家、大町、土茂、の12郷が読めます。


2013-02-07 002 066 
安芸矢野の豪族で弓の名手と云われた矢野玄鎮氏の五輪塔と矢野家ご先祖様のお墓です。

矢野玄鎮氏とその縁者とされる五輪塔はかって、矢之浦鼻と呼ばれる小高い丘の上、老松の下にあったとされますが、昭和15年ごろからの海軍兵学校拡張工事で丘の土石が削り取られ、当地に移転しました。

元は3基の五輪塔だったと云われますが、悠久の時をへて、痩せ細った2基が僅かに原型を保っています。
この五輪塔を建立した時期は不明ですが、矢野氏がこの地に居を構えたのは永正(1504~1520年)の頃、戦国真っ只中の時代です。

今は、墓前に手向けられた蜜柑が、冬の寂光を浴びて黄色く浮き上がります。

2013-02-07 002 064 (800x598)  
五輪塔のある丘から北の方を見れば、青い屋根の八幡神社が、さらにその先には教法寺の伽藍が・・・(*^_^*)です。

2013-02-07 002 060 
削り取られた矢之浦鼻の丘の下、その土石で埋め立てた地に、江田島小学校の新校舎が建ちました。

2013-01-15 002 109 (800x593)  
蜜柑畑のげし(土手)に咲く菜の花が数輪、風に揺れて見送ってくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!