中央 県道44号線 2/2

2A)江田島町南部・県道44(鷲部・中央) 
平地の少ない島では、どこも最低限の道路幅しか確保されないのですが、江田島町は海軍兵学校があったせいか、他所に比べれば広めの道路が整備されています。 

2013-01-25 002 075 (800x597) 
平成22年1月1日、旧江田島中学校の跡地に新校舎を建設し、今までの江田島小、鷲部小、江南小、秋月小に加え、小用小、宮ノ原小、津久茂小学校がこの地で同窓となりました。 

2013-02-07 002 078  
高台から見た江田島小学校です。
県道44号線の海側、江田島湾の潮風が吹き抜ける、まばゆいばかりのモダンな新校舎です。

2013-02-07 002 052 
そのまま県道を北上すると、江田島八幡神社前のバス停です。
石段の下には、元治元年(1864年)農作物の害虫除け祈願成就に奉して出雲神社が建立されました。


2013-02-07 002 051 
建立時には浜から海へと向かった参道も、今は黒いアスファルト道路で遮断されます。
たとえ神様といえども、白線を引いた横断歩道を渡らないと、えらい目に遭います・・・(^_^;)です。 

2013-01-25 002 085 (800x600)  
中央地区と、旧 海軍兵学校用地(現 国有無番地)を分けるのは神田川と、鉄筋コンクリートのぶ厚い壁です。
塀の内側には、松や桜、カイズカイブキなどが整然と並びます。
島内の史跡では、そのほとんどが松くい虫の被害で倒れたのですが、戦前?に植えられた松の木が、きれいに手入れされて今に残っているのには感心します。

余談になりますが、かっては塀の上にとぐろを巻いて有刺鉄線が張られていましたが、今はレーザー光線???・・・(*^_^*)かな?。

術科学校正門 
塀の向こう、国有無番地に通ずる、海上自衛隊第一術科学校の正門です。
ただし、海軍でいう表門(正門)とは江田島湾に浮かぶ桟橋であって、陸上に通ずる此方の門は裏門と呼ぶのだそうです。

私のカメラよりもきれいに撮れている、Google マップからの画像です。
 

2013-01-06 002 020 
県道44号線に続く路地裏です。
かっては、ネオンサインに彩られたスタンドバーやパチンコ店、映画館?もあったようですが・・・
「止まれ」って書かれても、このままじゃ・・・(^_^;)です。

2013-01-06 002 014  
 江田島銘醸の酒蔵です。
お酒は古鷹山の軟水を利用し、手間ひまかけた「麹ぶた製法」で作られます。

以下、PR文書のコピペ・・・(*^。^*)です。 

明治40年(1907年)創業の江田島銘醸は、旧海軍兵学校で知られる江田島の蔵元で、戦前は「ホマレ」という銘柄で呼ばれ、「海軍御用酒」として兵学校関係者に親しまれてきました。

看板商品の「同期の桜 純米吟醸 純米原酒」をはじめとする「同期の桜」シリーズや、「古鷹」リーズなど、ネーミングやデザインは江田島ならではです。

社長の住岡氏が杜氏として酒造りに打ち込み、米の旨味がしっかりと出た、酒が主役になるような味を追及します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!