中央 いいとこ撮り 2/3

2)江田島町南部・中央地区 
中央地区の北部を小用峠に向かって道なりに・・・(*^。^*) です。

2012-11-19 002 022 (800x600) 
国道487号線、中央地区と宮ノ原地区とを結ぶ「御殿山トンネル」です。 
 
「御殿」は旧兵学校構内の高台に、現在も高松宮記念館として保存されています。

大正9年(1920年)、高松宮宣仁親王が兵学校に在籍中の特別官舎として、総檜造で建築されたもので、その上に続く小山が御殿山と呼ばれ、その御殿山の中腹に戦時中及び戦後にかけて掘られたトンネルを「御殿山トンネル」と命名しました。


2012-12-29 003 018  
画像右上が御殿山山頂で、その中腹に立つ二本の携帯電話中継アンテナの下に、御殿((旧高松宮邸)の屋根が小さく見えます。

2013-01-15 002 091 (800x599) 
御殿山トンネルから国道を外れ、下の路地に入ると、廃家を囲むレンガ塀の隙間でニオイスミレが早春の日差しを独り占め・・・(*^。^*)です。

2013-04-01 002 025 
空き家の目立つ路地の先、今年も五輪塔の肩に桜の花びらが舞い落ちます。

2013-04-01 002 023 
桜が植えられる前は、大松の枝下にあった観音堂・・・

2013-01-15 002 010 
路地を抜け、再び国道に出れば、小用地区に向かう峠道です。
この峠道には、いつの頃からなのか公衆便所が設置され、近隣の住民によりきれいに清掃されています。

排泄物の処理は、古来いろいろな方法が試みられていたようですが、まずは、もよおしたとき、ちょっと人目を避けての垂れ流し、近くに木の葉っぱとかあれば便利かも・・・

 

縄文時代の集落では、川に板を渡しただけの水洗、夏ならお尻を水に浸けても・・・

 

平安のころ、高貴なお方は、下人におまるを用意させ、すべての処理を人任せだったとか、また屋敷内に水路を引いたとか・・・

 

江戸のころ、人糞は金肥と呼ばれ、肥溜めに集められて売買され、最重要の肥料として畑に撒かれたとか、辻便所が整備された町もあったとか・・・

 

明治にいたり、コレラ等の伝染病が流行ったこともあり、大都市では自治体委託業者により収集され、船で積み出して沖合に投棄・・・

 

近年になってやっと下水道が整備され始め、平成23年での普及率は全国で76パーセント、江田島市で53パーセントです。

 

ちなみに、昭和の初期までは島内の各港に、ゴミ揚げ場があって、広島市内の家庭ゴミや糞尿を集め、肥溜めで発酵させて、ミカンやイモ畑の肥料として使用していました。

2013-01-15 002 014 
清掃された公衆便所の脇に 切串道の石碑が立ちます。
古くは、古鷹山を迂回し、切串に向かう山道があったと思われます。

2013-03-21 002 026 (800x601) 
神田川に沿ってその道をたどると、まったく同じ寸法に切りそろえた薪が積み上げてあります。

2013-03-21 002 030 (800x601) 
そこは、真面目で几帳面なお爺さんの野菜畑、いや桃源郷かも・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!