国有無番地(旧海軍兵学校) 第1術科学校学生館

旧海軍兵学校構内図B 
第1術科学校学生館は、平成10年(1998年)から部分ごとに改築工事をはじめ、やく10年を経て現在の鉄筋コンクリート4階建ての建物に完全リニューアルされました。

この学生館とほぼ同じ位置に、同じような外観をもった「海軍兵学校西生徒館」が計画着工されたのは、風雲急を告げる昭和10年9月7日(1935年)のことです。
建設途中、更なる生徒の増員が見込まれ、2階建から3階建てに計画変更をされたりもしながら、昭和13年7月9日に落成式が執り行われました。

ちなみに、昭和13年12月の在校生徒数は1300名を超えたとか・・・(「なにわ会」 HPより引用・・・m(__)mです。) 

2013-03-31 002 123 
赤レンガの前を通って、教育参考館の方へ曲がる途中にある、構内でもっとも大きな建物です。

2013-03-31 002 178 
外観は兵学校当時の西生徒館に似せて作られていますが、内部は超近代的な4階建ての鉄筋コンクリート作りです。
また、外壁の一部には白い花崗岩が貼り付けてあって、兵学校当時と変わらぬ威厳を保っています。

第1術科学校では、赤レンガを卒業し部隊経験を積んだ幹部自衛官や、海曹、海士自衛官に対し、より専門的な術科(
砲術・水雷・船務・統率・艦艇用兵・航空用兵・気象海洋・航海・通信・電子・体育・掃海機雷・運用・応急・潜水・警備・教育技術など)の知識や技術習得のための教育訓練を行っています。

この学生館は彼ら学生の、
教育指導をおこなう教場及び寄宿舎として使われます。 

記:「海上自衛隊第1術科学校」 HPを参考にしています・・・m(__)mです。
 
2013-03-31 002 205 
表桟橋付近から見た、第1術科学校学生館と、幹部候補生学校庁舎(赤レンガ)です。
バックの尖った山が、兵学校発足の当初から学生(生徒)の体力錬成に多用される(古鷹山394m)です。

ちなみに、日露戦争での旅順港閉塞作戦で、「福井丸」を指揮した広瀬武夫少佐は、左足を患いながらも96回、古鷹に登頂したと伝えられます。

2013-03-31 002 218 
桜と・・・(*^。^*)です。

CIMG3836 (800x599)  
学生館の左右に立つ鉄塔は、船のマストをイメージしたもので、学生の旗りゅう信号送受信訓練に使用されます。

だれもが携帯電話を持てる時代になりましたが、海上自衛隊ではまだまだ古い通信技術を教育し、訓練運用をしています。

★ 無線電話・・・無線機やトランシーバーによる会話( チェックメイト・キング2、こちらホワイトルークどうぞ)
★ モールス電信信号・・・電鍵のオン、オフによる電波通信
★ モールス音声信号・・・水中で空気ボンベを叩いたり、船体を叩いて音をだす。
★ モールス光信号・・・灯光器の光を点滅させる通信。
★ 汽笛信号・・・汽笛の長短や回数で船意を知らせる。
★ ラッパ(信号)・・・決められた吹奏音階で即応行動をうながす。
★ 警報(信号)・・・決められた警報音で即応行動をうながす。
★ 号令・・・定められた単語や動詞を発声し即応行動をうながす。(きおぅつけぇ~・かしぃ~らぁ~みぎ・なおれ・せいれぇ~~つ やすめ・みぎむけまっえぇ~~ すすめ、などなど・・・)
★ 手先信号・・・決められた身振り手振りを使う、手話通話の部内発展型
★ 手旗信号・・・赤旗と白旗を使った視覚信号
★ 旗りゅう信号・・・国際信号旗に決められた意味を組み合わせ、マストに掲げる。
★ 形象物(信号)・・・マストや高所に、決められた形象物を掲げ、自船の状況を知らせる。
★ 電話・・・一般的な艦内通信ですが、部外とも繋ぐことができる。
★ インターホーン・・・艦内の主要部を繋ぐ。
★ 無電池電話・・・電話機本体のみで音声振動を電気信号に替え、また音声に戻す、糸電話の糸を電線に替えた発展型
★ 伝声管・・・音声振動をパイプを通して送る。
★ ボディータッチ、アイコンタクト・・・???(*^。^*)です。

その他にも、超音波を使った水中通話、超長波を使った水中通信、極超短波を使う敵味方識別、人工衛星を利用したGPSやデータリンクとかも???

でも、携帯電話が一番便利だったりして・・・(^_^;)です。

2013-03-31 002 230  
・・・(*^_^*)です。

2013-07-01 001 001 (596x800) 
普段は学生館館内への立ち入りはできませんが、この日なら館内のトイレと、そこまでの通路が解放されます。
 
館内のトイレはいつでも新品同様ピッカピッカに磨かれています。
とくに撮影禁止とは書いてなかったと思いますが、あまり不審な行動をすると別の軽犯罪法?に触れるかも・・・(^_^;)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!