国有無番地(旧海軍兵学校) 訓練・行事 1/2

旧海軍兵学校グーグル地図・構内の樹木 
兵学校移転の当初から、地域住民との交流は深く、学校行事などへの招待や、祭り(運動会?)、花見見学なども許可されていました。

また、兵学校生徒は休日になると付近の農家や商家に上がり込み、入浴や昼寝をし、甘い菓子や採れたての果物を、腹いっぱいごちそうになったとか・・・

2013-03-31 002 139 (800x601) 
体育服装をし2列縦隊で歩いているのは、幹部候補生学校の入校式を控え、事前に構内の施設案内を受けている候補生学校入校予定者です。

桜花舞う休日であっても、桜の花をめでる余裕はとてもとても・・・(^_^;)です。


100405 085 
同じく入校前の構内案内だと思いますが、この日は平日ですので新品の制服を着用しています。
隊列は組んでいますが、足の運びがばらばらです。
このような歩き方は、道足行進とよばれ、構外の人目につかない場所や、あるいは交通量が多く危険な場所で、「みちあ~~し、すすめ」の号令があって初めて可能となります。

今は、入校前ですのでゆるされていますが、入校式が終わった後ですと、突然建物の影から鬼の形相をした教官(分隊付)があらわれて・・・

「ぶんたぁ~~い、止まれ」
きさまらぁ~~、小学生みたいな歩き方をするんじゃ、なぁ~~い。
「せいれ~~つ」
「みぎむけ~~みぎ」
「かけあ~~し、すすめ」
今からグラウンドを3周する。ついてこぉ~~い。
足があってなぁ~~い。
もう一回廻りたいのかぁ~~
「ほちょう~~かぞえ」
「1・2・3・4、1234,1234」
グラウンドを3周し、そのまま駆け足で次の教場まで行くことになります。

ちなみに、普通に兵隊さんが足をそろえて行進しているのを「速足行進」と呼び、歩幅75cm、毎分の歩数(105~)120歩、腕はまっすぐ伸ばして前に45度、後ろには15度まで振り、手は親指を外に出し、中指に添えてかるく握る、などなど・・・、目線の位置まで規定されています。


100405 080 
作業服で整列する、幹部候補生です。
おそらく、行進訓練を徹底教授されている場面・・・(^_^;)です。


CIMG3830.jpg 
まともに歩ける訓練が終了したら、今度は腹這いになって進む訓練です。
今日は晴天で芝生の上ですが、水たまりだろうが、砂利道だろうが容赦なし・・・(^_^;)です。


110722 069 
陸の上での訓練を卒業したら、いよいよ海上自衛隊ならではの、遠泳訓練です。
最終的には、8マイル(13km)を8時間かけて泳ぐことになりますが、それまでの訓練が・・・
ちなみに、お昼は近くの小舟に片手でつかまり、船上から差し出されたおにぎりを、片手でほおばります。

小舟の間に見える小さな黒点の一つ一つが、候補生の頭です。


2013-07-27 001 037 (800x599) 
遠泳訓練も終わり、やっと海上自衛官の体力レベルに達した8月初旬、江田島市の協賛もあって、派手?な夏祭りが開催されます。

肉体的にきつい訓練もほとんど終わり、お盆休みの帰省を控えみんなノリノリ・・・(*^。^*)です。


2013-07-27 001 099 (800x596) 
この後も、きつい訓練は続きますが、ここまで適応できれば後は惰性で・・・(^_^;)です。

CIMG1453 (800x601) 
あまりに物事を真剣に考える人でなければ、春3月、幹部候補生学校でのすべての教育訓練を修了し大講堂での修業式に列席し、表桟橋から数隻の護衛艦に分乗して、実地訓練(内地巡航・遠洋航海)へと、さらに一歩を進めることになります。

画像は、一般幹部候補生の旅立ちではなく、7月1日修業の「幹部予定者課程」修了者の旅立ちです。
3月卒業の一般幹部候補生の場合は、3隻以上の護衛艦が迎えにきます。
 
ちなみに、幹部予定者課程とは、実務部隊において熟練した36歳以上50歳未満の准尉または曹長の中から試験により選考されたもので、候補生学校において12週の教育訓練の後、3等海尉として承認されます。

 

赤レンガでは、4月に入校し3月卒業の「一般幹部候補生」の他に「医科歯科課程」「公募幹部課程」「部内課程」「飛行幹部候補生課程」そして「幹部予定者」課程と、同じ屋根の下に在籍し共に切磋練磨します。

CIMG1459 (800x602) 
たまたま、津久茂の海岸を散歩していましたら、突然沖の方から「お世話になりましたぁ~」「ありがとうございましたぁ~」って、・・・・
びっくりして、顔を沖に向けると、護衛艦「やまゆき」2,900トンが眼前に迫ります。


CIMG1469 (800x590) 
えぇ~~~、私がお世話した人なんて多分いないし、第一いくら視力のよい海上自衛官だって、この距離では私の顔はわからないだろう~。

ふと、堤防の上に目をやると、いつ現れたのか数人の白い制服を着た方々(分隊長や教官?)が自衛艦旗を振っています。

なぁ~~んだ、やっぱし。帽子を振ったのは私にじゃないよなぁ~~

でも、本当は、「ばかやろぉ~、二度とくるかぁ~~~」って叫びたかったんじゃぁ・・・m(__)mです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!