宮ノ原 農道

1)江田島町北部・宮ノ原 農道 
宮ノ原地区の農地は古鷹山系の南西面に広がります。
晴天が続けば10日で干上がる谷川が数本あり、ひとたび大雨が降れば花崗岩の岩山を流れ下る水流は怒涛となって谷を削ります。

長年にわたり浸食された谷は深く、農地を囲むような環状農道の取り付ができません。
そのため、昔からある川に沿った狭小な道が自然発生的に農道となって使用されています。 

2012-11-19 002 034 
農道脇に、色づき始めたデコポン?・・・(*^^*)です。

 

みかんの分類は交雑種もあり複雑怪奇なのですが・・・

ミカン属には、


オレンジ類として、ネーブルオレンジ・福原オレンジ・ベルガモットなど

 

グレープフルーツ類として、グレ-プフルーツなど

 

香酸柑橘類として、カボス・三宝柑・スダチ・ダイダイ・ユズ・レモンなど

 

雑柑類として、夏ミカン・ハサック・日向夏など

 

タンゴール類として、デコポン・イヨカン・せとか・タンカンなど

 

タンゼロ類として、スイートスプリング・タンジェロなど

 

ブンタン類として、晩白柚・ブンタンなど

 

ミカン類として、温州ミカン・紀州ミカン・タチバナ・ポンカンなど、が有り


他にカラタチ属キンカンが有ります。

 

・・・以上、ウィキペディアからのコピペ・・・m(__)mです。

蛇足になりますが、
我が家の庭でも、イヨカンの種から育てた新品種?を育成中・・・(^_^;)です。


2013-08-26 002 039 
水流で削り取られた谷沿いの急斜面に、石垣を組んで作られたミカン畑(山)です。

2012-12-11 002 057 
人の昇り降りも危険な急斜面へは、ケーブルリフトを使って、収穫したミカンや肥料を運びます。

2012-11-19 002 035 
谷沿いの急斜面よりは、まだましな畑ですが、花崗岩が風化した真砂土は少しの雨でも崩れ落ちます。

2012-12-11 002 039 
斜面の緩い畑は、モノレール式の農業資材運搬機が使われます。
島内では、通称「ちぐさ鉄道」ともよばれる、愛媛県の「ちぐさ技研工業KK」が開発したものが多く使われています。

ちなみに、昭和53年の江田島町内でのモノレール設置は39ヶ所、総延長5.742mと記録されています。
収穫量は、ミカン5.060t、ナツミカン111t、ハッサク64t、ネーブル254tでした。
 

2012-12-11 002 029 
宮ノ原大原地区のミカン畑です。
最盛期の昭和40年代には、すべての山々が蜜柑一色でした。

2013-08-26 002 040 
農道の終点で、肥料小屋代わりに使われていた、マツダの「B360」ビーバンです。

2013-02-25 002 039 
ご先祖様が、丹精込めた段々畑・・・(*^_^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!