大須 大須瀬戸

2014-01-27 003 001 (800x710) 
フェリーの船長から頂いた、「廣島彎 1/75000」昭和5年6月7日海軍水路部発行の海図です。
大須瀬戸最狭部の大須椎ノ木鼻から似島外方ノ鼻まで約800m、最大水深42m、潮流は下げ潮流1kt、上げ潮流3/4ktで、海底電線が横切っています。

ちなみに戦後の海図には、大須山(259m)、大原山(343m)と標高が記されていますが、当時(戦前)の海図では広島、呉湾近辺の標高が故意に抹消されています。


2012-08-06 002 033 
瀬戸に向かう大型貨物船、江田島市(能美海上ロッジ・中町・高田)と広島(宇品)を結ぶ高速艇、長く伸ばしたロープの先にカキ筏を結び全力で引っ張る小型タグボートです。

03110020.jpg 
かっては大須港へも立ち寄っていた市営フェリーですが、現時点ではこの航路を走るフェリーは無く、似島の北側を廻り、江田島(三高)と広島(宇品)を結ぶ航路(江田島汽船)に集約されています。

(画像は2003年3月11日のものです。)
 

2013-12-23 004 099 
似島下高山をバックに、マツダの車を運ぶ自動車専用運搬船「第二東洋丸」です。

ちなみに「第二東洋丸」は2008年10月30日、呉市にある「警固屋船渠株式会社」の第二工場で進水、大阪の海運会社「三徳船舶株式会社」が保有管理し、マツダで作った自動車を広島から東京や千葉に運びます。

全長115m幅20mで、載貨重量が3605DWT、 総トン数4898GT:乗用車715台と、 トレーラーシャーシ40台を搭載できます。


110613 196 
艦番号DE-229、 艦名あぶくま、 三井造船玉野事業所において19881231日進水、 19891221日竣工、護衛艦隊第12護衛隊に所属し呉基地に配備されました。

呉港を出港してから約30分後に大須瀬戸を通過します。


2013-12-23 004 104 
呉港に帰投するため、瀬戸へと急ぐ、輸送艦「しもきた」です。

艦番号LST-4002、艦名しもきた、 三井造船玉野事業所において20001129日進水、 2002312日竣工、 第一輸送隊に所属し呉基地に配備されました。


2013-12-23 004 117 
「しもきた」は先日、1月15日午前8時ごろ、阿多田島沖合において、釣り船「とびうお」と衝突した「おおすみ」艦番号401と同型艦で、全長 178.0m、全幅 25.8m、 深さ 17.0m、基準排水量が8,900 tで最大速力は22ktです。

衝突現場は大須瀬戸から西に20分くらいの航路上です。
 

潜水艦(大須瀬戸) 
Google マップで見る大須瀬戸です。
航跡をのこして呉港に向かう潜水艦が写っています。


潜水艦(大須瀬戸)A 
大須瀬戸を行く潜水艦の拡大画像・・・(*^。^*)です。

2012-10-01 002 038 
大須林道からもよく見えます・・・(*^。^*)です。

CIMG4249.jpg 
真下に大須瀬戸を見ながら、ゆうゆう飛行船が往くこともあります・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!