大須 いいとこ撮り 2/2

1)江田島町北部・大須地区 
見て廻るだけならとても魅力のある地区ですが、何世代にもわたりこの地で生活をするとなると・・・

2013-12-23 004 014 
三方を岩山で囲まれた小さな入り江に、ぎっしりと家々が立ち並びます。

同じように、平地の少ない秋月地区や津久茂地区では、まだ山の斜面を削って屋敷を作ることができましたが、大須地区の山々は急峻な岩山ばかりで、人の力で削り取るなど到底不可能、墓地となるだけの雛段を作り出すのがやっとのこと・・・(^_^;)です。

2012-10-01 002 105 
現在多くの家々が放置され廃屋が目立ちますが、最盛期の昭和21年には、この大須地区の戸数は132戸、人口が566名、家々を結ぶ路地さえ確保できない密集状態でした。
メイン道路は溝に板を渡した、いわゆるドブ板通り、それさえ確保できず家々の前庭や裏の軒下が公共道路として使われていました。

2013-12-23 004 088 
ドブ板はなくなり、コンクリ-トやグレーチングに変わりましたが、道の広さは変わりません。
居間のガラス戸から30cmもない距離を人々が行き交いますので、プライバシー?とかは・・・
大須地区民の、み~んなが一家族・・・(*^。^*)です。

2013-12-23 004 017 
この大須地区には、他地区では見ることのない、長屋作り?的な建物が数軒あります。
狭い土地ですので、真四角な建物ならわかる気がしますが?・・・。
個人的なイメージですが、北の日本海海岸で見たことがあるような?、ないような??、独特な造り???・・・(^_^;)です。 

2013-12-23 004 074 (800x600) 
納屋として作られたようですが?・・・

2013-12-23 004 076 (800x600) 
もしかしたら?ですが、葉タバコの乾燥用に作られた???・・・

2013-12-23 004 091 
庇の短い白壁作りの民家の壁面です。
景観の良い海に面した側ですので、現代の建物なら大きく解放するのですが、防潮堤の貧弱な当時であれば、北からの潮風を防ぐために???

2013-12-23 004 058 
もちろん、狭い土地には最適と思われる四角い家の方を多く見ますが、他地区に比べ庇が短く詰められて敷地目いっぱいに建っています。

2013-12-23 004 031 
軒下を通る狭い路地にジンギスカン鍋が立て掛けてありました。

聞いた話ですが、かって江田島が蜜柑景気で賑わっていた頃、観光みかん園での食事メニューとして、ジンギスカン料理が定番だったとか?
また、そのような場所でジンギスカン料理の提供を始めたのは、江田島町が発案発祥地だとか?・・・

ジンギスカン鍋、私んチにもありましたが使ったのは1回?くらい・・・(^_^;)です。

ちなみに戦後の一時期、江田島町の緬羊生産は全国でも上位の生産量と品質を誇っていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!