飛渡瀬 妙覚寺

4)能美町・沖美町南部 妙覚寺 
飛渡瀬地区の中心部、旧道から少し西に登った高台に浄土真宗「妙覚寺」が建ちます。

2014-03-13 001 025 
古い時代に積まれた石垣の上、どっしりと建つ山門がむかえます。

ちなみに、お寺の門を山門または三門とよびますが、山はお寺の山号たとえば「寂静山妙覚寺」にある寂静山から、三は悟りを得る為に通る三解脱門(一切を空と観ずる空解脱、一切に差別相のないことを観ずる無相解脱、さらに願求の念を捨てる無願解脱の三三昧)の教えからお寺の入り口にも解脱の門であるとし三門と・・・(*^_^*)です。

2014-03-13 001 020 
開基は室町のころに建立されたと云われる極楽寺(真言宗)でしたが、のちの慶長元年(1596年)浄土真宗に帰依し「寂静山見寿院妙覚寺」の寺号公称を許されたと云われます。

 

極楽山(現竈神社)から当地に伽藍を移した時期は不明ですが、正徳四年(1714)の火災により、木仏ご本尊さまを残すのみで全てを消失、宝暦五年(1755)五月十二日、現在の妙覚寺本堂の棟上に至ったと云われます。
のち、昭和59年の大修復を終え、平成13年には江戸時代の石組を残したままの鐘楼が新築されました。

2014-03-13 001 017 
再建当時に植えられたと思われる大イチョウが、妙覚寺伽藍を見下ろします。

2014-03-13 001 021 
寂静山(じゃくじょうざん)の山号が寺額(扁額)として掲げられています。

2014-04-02 002 004 
昭和59年の大改修で彫られたと思われる木鼻とよばれる部分で、正面を向くのは獅子、左を向いて彫られているのは獏であろうと思われます。

ちなみに、象と獏の彫はよく似ていますが、獏の耳は立ち、象は耳を垂らして彫ると云います。

2014-04-02 002 007 
本堂の軒丸瓦には蟹(カニ)?と彫られているようですが???
蟹が泡を吹いて、火難を防ぐ???

2014-04-02 002 002 
平成13年に作られた鐘楼と、その脇には枝垂桜が植えられています。

2014-03-13 001 023 
落ち着きと、風格のある山門です。
 
ちなみに山門の軒丸瓦は極楽寺と同じ三つ巴の火難除けと、桃をイメージする宝珠が乗っていますので、大正のころの修復?ではないかと想像します。

2012-11-27 002 056 
境内を眼下する大イチョウ、その右には大正11年、宝珠を乗せたお経堂(経蔵)が建ちます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!