柿浦 鳶ヶ鼻

4)能美町・沖美町南部 鳶ヶ鼻 
柿浦港を台風の風波から守る、絶好の位置に突き出した岬を鳶ヶ鼻(とびがはな)と呼びます。

2014-06-16 002 (116) 
柿浦港防波堤灯台(白)の向こう、満潮時には陸から離れて小島に見えるのが鳶ヶ鼻の先端、さらに沖(左)の方に暗礁(浅瀬)を示す、緑の灯標が小さく見えます。

緑の灯標は港の入口や航路を示すもので、大柿港に入港する船舶はこの灯台を左に見ながら進みます。
この緑の灯台と鳶ヶ鼻の間には浅瀬(障害)があることを知らせます。

当然ですが、出航船は緑の灯台を右に見て沖の早瀬水道へと進みます。

2014-06-03 002 002 
柿浦港防波堤に建つ、この大きな灯台は

柿浦港沖中防波堤西灯台
かきうらこうおきなかぼうはていにしとうだい)

位置  
北緯341046秒 東経1322829

初点灯   1983年(昭和58年)120

塗色        白色

構造        塔形 コンクリート造

灯質        単閃緑光 毎3秒に1閃光

光度        120カンデラ

光達距離 5.5海里 約10.2km

高さ        平均水面上から灯火まで12.74m

地上から頂部まで9.48m

上記はすべて・・・
HP:呉市要約筆記サークル「灯だい」

灯台フォトギャラリーからのコピペ・・・m(__)mです。

2012-11-09 002 038 
南側から見た鳶ヶ鼻先端です。
左側向こうに、江南地区の燃料タンク群が、さらに遠くには呉市街や近郊が霞んで見えます。

2012-11-09 002 039 
満潮時には黒く見える部分がすべて海中に没します。

鳶ヶ鼻地質図 地質調査総合センター 
上記画像は「産業技術総合研究所 地質調査総合センター」20万分の1 地質図のコピペ・・・(^_^;)です。

江田島市内にみる岬や鼻と呼ばれる、海に突き出した部分の多くが、周りの花崗岩よりも風化に強い花崗斑岩(後期白亜紀の珪長質火山岩類貫入岩)と呼ばれるものです。
江田島・能美島の母体である、呉花崗岩が地下数千メートル(10km?)で自然冷却し、固まる寸前あるいは直後の地殻変動で無数のひび割れが生じその割れ目を押し広げて溶岩が流れ込み(貫入)、急冷したものが花崗斑岩と呼ばれるものです。
花崗岩に比べ、より急速に冷却したため、一部の例外を除き結晶粒子が細かく、風化に耐性があります。
 
ちなみに花崗岩も地表まで吹き出せば火山噴火と呼ばれ、溶岩や火砕流となりますが、地下10km位の位置に留まり、200万年から300万年をかけてゆっくりと周りの岩石と同じ温度に冷やされ、さらに8千万年を要して隆起し、上層の10kmにおよぶ堆積岩等が風化消滅して、花崗岩本体の最上部が現れているのが今の江田島市です。

詳しくは http://wakiwakidonn.blog97.fc2.com/blog-category-11.html へ・・・(*^。^*)です。

花崗岩岩体の最上部には、花崗岩が結晶する際に取り残された、一部の元素(物質)のみが濃縮された晶洞(ガマ)とよばれるものができやすく、その晶洞内には数百万年かかってゆっくり作られた水晶や、長石の素晴らしい結晶が作られています。

参考として http://wakiwakidonn.blog97.fc2.com/blog-entry-3173.html ・・・(*^。^*)です。

CIMG8498 (1024x765) 
潮が引けば鳶ヶ鼻先端まで歩いていけます。

2014-04-10 002 054 (1024x768) 
鳶ヶ鼻で、鳶(トビ)を見つけることはできませんでしたが、近くの浜辺にカワウを発見。

2014-04-10 002 053 (1024x769) 
1970年代には、国内生息数3000羽以下にまで激減しましたが、現在は少し増えすぎたようで害鳥として嫌われ始めているとか・・・(^_^;)です。

2014-04-10 002 135 
柿浦地区には特筆される山は見えませんが、能美島志に柿浦山(御堂山)との記載があります。
柿浦山がいずれなのか不明ですが、小高い丘の上から見た鳶ヶ鼻です。

柿浦港防波堤の先に鳶ヶ鼻、その先に引島があり、早瀬水道の向こうが倉橋島となります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!