柿浦 町景色 3/3

2014-04-10 002 157 
戦前とか、昭和初期とかの古い建物ばかりを紹介しましたが、古くて現代生活にマッチしない家々は次々と取り壊され、住宅展示場とかで見るパナホームとか積水、住友林業仕様の家々に建替えられています。

が、便利主義の今ご時世にあっても、ご当地様式を引き継ぐお屋敷も何軒かは残っています。
昔からのご当地様式を熟知した大工さんや左官さん、屋根屋さんや石工さんの腕前が随所に光る傑作の一軒です。

2012-10-10 003 016 
街から少し山手に入った位置に、おっとビックリの登り窯です。
今しばらくは使われていないようですが・・・

柿浦地区に窯元があるって話は聞いたことがなかったのですが、これだけの立派な登り窯は趣味の範囲を超えています。

まもなく、個展即売会が盛大に開かれることを期待しています・・・(*^。^*)です。

2014-06-03 002 029 
路地横に特異な形の倉庫?が建ちます。

屋根に換気専用の小屋根が載り、倉庫の床よりも一段高い位置にある路地から、さらに1mばかりの隙間を作って三つの木戸が??? ・・・(^_^;)です。

2014-06-03 002 026 
納屋の庇の下は、長物の格納場所です。

手作りの木製ラックには杉の支柱や水道パイプ、木の枝を利用して作ったアングルに竹で作った梯子がひっかけてあります。

2014-04-10 002 024 (1024x768) 
ヤギとプリマスロックとウコッケイと・・・

ヤギやヒツジやニワトリ、昭和の40年頃まではほとんどの農家の庭先で、普通に見ることができたのですが・・・

2014-06-16 002 (70) 
ガレージの入口になんと、牛乳の運搬容器(牛乳輸送缶)・・・

昔は当地にも乳牛の飼育小屋があったんでしょうね。
ちなみに、20L用ステンレス輸送缶、19,000円で今も販売されています。

2014-07-19 042 
なつかしついでに・・・
ヒューズ付歯型スイッチです。

子供の頃、玄関の上に取り付けられていて、しょっちゅうヒューズが飛んでいました。
始めは親父の仕事でしたが、そのうちに私が任されるようになりました。

まだ、背が低いので踏台に載ってヒューズを交換するんですが、不安定な姿勢ですので2,3回は感電したり、踏台から落ちたりしました。
そうそう、その当時の懐中電灯は今の筒型じゃなく、キュービック型で上に取っ手が付いてましたっけ・・・(^_^;)です。

ちなみに、磁器製歯型スイッチはヒューズ別売の550円で販売されています。 
お子様やお孫様の教育用に、玄関上に取り付けられることをおすすめします・・・(*^。^*)です。

2014-07-19 051 
高台にあるお屋敷の法面から、今を盛りのオニユリが・・・

2014-07-19 015 
掲示板に張られた「新宮八幡宮例祭」女神輿担ぎ手大募集の張り紙です。

新宮八幡宮は柿浦地区から峠を越えた、西隣の大原にあり大柿町民の氏神として祭られています。
祭神は仲哀天皇、神功皇后、応神天皇の三神で、承平二年(932年)の創建とされます。

2014-07-19 056 
高齢化率37.5%(H24/3/31)の江田島市にあって、一躍老人介護の先鋒となるべく発展中の大谷リハビリテーション病院です。

以下、医療法人大谷会 大谷リハビリテーション病院 の紹介文からコピペ・・・(^_^;)です。

当院は、昭和18年の発足以来、江田島島内の皆様はもとより近隣の島々の皆様にご愛顧いただいてまいりました。「安心して喜ばれる地域医療」の病院理念の下、地域医療の中核を担うべく、職員一丸となって日々研鑽を重ねております。

平成15年4月には、病院を法人化するとともに、“大谷リハビリテーション病院”と名称を変更し、運動とリハビリテーションを中心としたチーム医療体制づくりに取り組み、地域の中核となって医療の提供を推し進めているところでございます。

リハビリテーションのスタッフは、現在では、理学療法士(PT)26名、作業療法士(OT)13名、言語聴覚士(ST)2名と、充実した体制となり、これからも、日進月歩する医療とともに、弛まず職員の教育研修を推し進め、地域の皆様のニーズに対応しながら、常に信頼・安心される病院であるよう努力し続ける所存でございます。

以下省略・・・ (平成24年1月)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!