大君 深道山・空山

5)大柿町南部 深道山・空山 
大君町の南西には陀峯山山系の山々が控えますが陀峯山(438m)や高清水山(355.5m)は西隣の大原町に属します。
大柿町史によれば深道山(ふかどうざん)330.5m、空山(そらやま)227.9m、字大君村にありと記され、現在の国土地理院地図とは標高差がありますが、まあそれは・・・(^_^;)です。

ちなみに、陀峯山と書かれ、標高も432.6mで国土地理院の438mとは5m以上の差があります。
まっ、山頂と三角点位置は同じ場所でないことが多いですし、ほか もろもろの理由が?・・・
さらには陀峯山と命名されたのは戦後であって、以前は大原山と呼ばれていたとか・・・(*^。^*)です。

2012-09-12 001 005 
対岸の倉橋島から見た陀峯山山系、左のピークが陀峯山、右のピークが深道山(327m)です。

2014-01-23 002 012 
空山(234m)には未登頂ですが、深道山には数度の登頂経験があります。
ただ、登山道と呼べるものはありませんので、尾根筋や獣道を適当に選んで上を目指します。

隠地林道を登って、追の浦渓谷の看板から尾根伝いに分け入りますと楽に登れますが、南の海岸標高0mからゆっくり登る方が爽快感がありますし、運が良ければ途中、転がり落ちた水晶を拾ったりもできます。

2014-01-23 002 013 
深道山頂上から見た早瀬水道と、水道をまたぎ倉橋島へと伸びる早瀬大橋です。

山頂には戦時中に作られたであろう半円の石組や、ドーナツ状に掘られた塹壕らしき窪地が残ります。
対空用の高射砲陣地か、見張り所のようなものがあったのかも???・・・です。

CIMG9153.jpg 
左上のピークが深道山山頂です。
南の海岸から登るにはまずはこの尾根のいずれかに取り付き、足をすべらさないように一歩ずつ前進します。

111115b 022 
秋風に吹かれ、奇岩の列(羅漢岩)を眺めながら・・・

CIMG4643.jpg 
春は青い海に、ヤマツツジの赤がひときわ輝きを増します。

111122b 004 
眼下には青い空を写し、二重に光る群青の瀬戸が・・・。

CIMG3110.jpg 
深道山をとりまく林道脇に、「呉要塞第三区地帯標」と書かれた標石が立ちます。
当時、この付近一帯は一般人の立ち入りが禁じられていたと云います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!