大君 天狗岩・羅漢岩・丈ノ内・追の浦

5)大柿町南部 天狗岩・羅漢岩・丈ノ内・追の浦 
大君町の南には、風雨に削られたむき出しの花崗岩からなる岩山が続きます。
緑に覆われた山々は、それはそれ、大いなる安らぎを感じますが、雨にあらわれ一糸まとわぬ岩肌もこれはこれ、大自然の壮大さを直に実感、感嘆することができます。

111001b 055 
天狗岩と呼ばれる花崗岩岩体株の頂部です。
この頂部付近は浸食に強い石英質が豊富に含まれていたため、風化から取り残されました。

地元古老の話では、小学校の遠足といえば必ずこの天狗岩までのぼり、付近に散らばる水晶をポケットに一杯に詰め込んで帰ったもんだ・・・と。

CIMG3106.jpg 
天狗岩から見る早瀬水道と、唯一江田島市から市外へと繋がる早瀬大橋です。 
この、早瀬大橋のおかげで、天狗様のように空が飛べない我々でも簡単に本土に渡ることができます。

120220 019 
陀峯山山系から伸びる尾根のひとつですが、風化に強い部分が脈状に残り、さらに複雑な風化システムにより奇岩となって続く様が、聖人修行僧が何人も並んでいるかのように見えるため、羅漢岩と呼ばれます。

2012-11-22 002 009 
私には風雪に耐える、十三羅漢像に見えますが???

花崗岩方丈節理の進行過程とも・・・

100320 019 
最上部に位置する羅漢さんの頂部に登らせて頂きました・・・m(__)mです。

 CIMG0122.jpg 
丈ノ内展望台の最先端にある、方丈節理岩の上で・・・

02110016.jpg 
展望台眼下十数メートル下に・・・人の頭がい骨のような丸い岩が今にも転がり落ちそうです。

左下の砂浜は花崗岩が風化し白砂となったもので、江田島市営の長浜海水浴場です。

100129 012 
丈ノ内展望台(標高約220m)のある花崗岩ブロックを下の、追の浦から見上げています。

展望台岩株の右端、今にも転がり落ちそうなのが、頭がい骨状の丸い大岩です。
計測したことはありませんが、直径が10mくらい・・・(^_^;)です。

2014-03-25 002 003 (1024x768) 
丈ノ内展望台から、追の浦渓谷をのぞき見・・・(*^_^*)です。

2012-12-02 002 026 
隠地林道から見る、左に丈ノ内展望台、右が秋色に染まった追の浦渓谷です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!