大君 いいとこ撮り 路地裏 6/6

2012-11-09 002 031 
元大君市営桟橋の近くに「平塩記念郷土館」の表札を掲げた門柱があります。

ここは、平塩五郎氏(明治39年1月~昭和55年10月)の生家です。
広島県議会議員、同議長を歴任、江能上水道の設置や早瀬大橋架橋に貢献されました。

2012-11-09 002 033 
現在、諸事情により一般の入館はできないようですが、お庭の手入れは行き届いています。

2014-03-27 002 226 
ピンク色に塗られた元大君郵便局です。
ユウホウ紡績工場の西門前に残ります。

2014-06-03 002 052 
「大昭汽船株式会社」と大書された御門の前に、「宇品へ七里 呉へ三里」と刻まれた石柱が建ちます。

大昭汽船株式会社は、平安丸やこがね丸を所有し、大君、柿浦と呉を結ぶ定期航路を運営していましたが利用客の激減により2009年4月、航路が廃止されました。

2014-06-03 002 057 
海岸近くの廃材?置き場に、「蒲刈港田戸防波堤灯台 初点 昭和46年12月 改築昭和61年12月」と名板の入った、灯台台座が保管されていました。

2014-06-03 002 062 
たぶん、灯台用の巨大ガラスレンズ?

2014-06-03 002 069 
大きなお船の錨(アンカー)も・・・

ちなみに、船の錨には多種あって、これは「無かん錨(ストックレスアンカー)」または「引き込み錨」と呼ばれるものです。
錨としての把持力は「有かん錨(ストックアンカー)」に劣りますが、船体への巻揚げや格納作業が容易で、見た目もスマートなことから、明治以降の大型、中型船ではごく一般的な錨となりました。

軍艦などの前部(よく見える位置)に格納されているのも、この「無かん錨」です。

古くは軍艦でも多用され、デザイン画などでよく見る、ぞくに「海軍錨」とも呼ばれる把持力の強い「有かん錨」やその改良型は、予備あるいは副錨として軍艦の後部などあまり人目に付かない位置に格納されています。

さらに、現代の潜水艦では船底海面下の見えない位置で錨を揚げ降ろしするため、より確実に作業ができるよう、引っ掛かりの少ない、キノコ型の「マッシュルームアンカー」を使用します。

2014-06-03 002 072 
旧道脇に大きな舵輪の飾られたお屋敷があります。
船会社の社長さん?、会長さん?のお家、かも・・・(*^。^*)です。

2014-08-17 026 
「大君 浜井病院」 内科、外科、消化器科、胃腸科、リハビリテーション科、放射線科をもちます。

2014-08-17 059 
お家の裏に、陶器のユタンポが・・・

2014-10-09 049 
旧大君小学校グラウンドで、・・・運動会のおしらせです。

「大君まちづくり協議会」 まぁ~だ まだ 元 気 でぇ~~~す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!